アロマバスのコツ

f0157724_971220.jpg


夏でもお風呂に入るのは気持ちがいいものです。

ヨーロッパでは湯船がないこともざらですが、ある人には是非
アロマバスを試して欲しいです。

お気に入りの精油を数滴、湯船に入れるだけなのですが
ここでちょっと注意

精油はモノにもよりますが、そのまま肌につけるものではないので
少量のオイルに希釈して加えるか、入れた後よーーーーーくお湯を
かき混ぜます。

zzは少量のオイルに希釈して入れると、香りがたたないように
感じるので、そのまま入れてよーーーーーーくかき混ぜていました


んが、

ペパーミントの精油を入れたとき(これ、夏場は最高♪)二度ほど
拡散せずに湯船に浮いていた精油が体について、入っている間中
熱いんだか冷たいんだか分からないくらい、刺激的な思いをしました。

なんせ、洗ったって簡単には取れないのです

一回は両ふくらはぎ、もう一回は背中の腰辺りです

ペパーミントはそのまま食用にも使えるので、まだ良いほうですが
もっと刺激の強いオイルだったら、大変でした。

それ以降、うーんと考えて ある方法を思いつきました

それは角砂糖に精油をしみこませて、お湯をためるときに湯船に
ぽん と入れるやり方です

日本の角砂糖は溶けやすいので、お湯が出ている蛇口の下で
がーっ と溶かしたほうがいいかもしれません

最初は自分でも半信半疑だったのですが、やってみるとなかなか
いい感じです


多分誰もやっていないやり方だと思うので、シェアしてみたいと
思い、記事にあげました
[PR]
Commented by Nですが at 2009-06-20 13:00 x
オリジナル商品として 通販したら いけるかも!
完成品をバチカンの空気に触れさせ
「サンピエトロ洗礼アロマ」とか命名したらどうでしょう
Commented by pink at 2009-06-20 19:49 x
なるほどですね。ミントってそんなに刺激が強いんですね。私はティーツリーやラベンダーを使ってますが、気になったことはないです。でも気をつけよっと☆
Commented by outlawroma at 2009-06-20 20:59
Nさん
いいですね。入っただけで洗礼されちゃうバスシュガー♪
なんて。
名前もそれぞれ、聖人の名前にしたりしてね。
Commented by outlawroma at 2009-06-20 21:03
pinkさま
ティーツリーとラベンダーは例外で、この二つだけはそのままつけても大丈夫といわれていますねぇ。私もティーツリーは時々そのまま使います。でも、他のはぜーーーーーったいそのままつけちゃダメですよ♪
薄めたやつでも家はスモーキーさんがたまになめてきたりするので、ドキドキすることがあります。
Commented by socco-b at 2009-06-23 05:12
なるほど~、角砂糖ですか。塩にしみこませてならやったことがありますが、砂糖とは思いつかなかった!
もうすぐ日本へ帰るので、お風呂で試してみます。
湯船にはいりた~い。。
Commented by outlawroma at 2009-06-23 07:39
塩でもいいと思いますよ♪
私も試してみようと思っていたのですが、まだ角砂糖でしかやった事がないのでこちらをアップしてみました。
日本のお風呂だとくつろげるから、アロマ効果も倍増でしょうねぇ。
by outlawroma | 2009-06-20 09:25 | 生活 | Comments(6)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30