読書初め♪

f0157724_643223.jpg


日本から荷物が届きました。

石鹸の材料やらおせんべいと共に、本も数冊。

今回買ったのはこの4冊。

一番上のはカバーを外していますが、Vadim Zeland のリアリティ
トランサーフィンです。

今、パーネ・アモーレとリアリティ・トランサーフィンを同時読みして
いるのですが、後者はさておき田丸公美子さんのパーネ・アモーレ
とても面白いです。

これは去年イタ風呂のpapera-papero さんが紹介されていたのを目にしたのがきっかけで買いました。

何年か前にロシア語翻訳家の米原万里さんの著書「不実な美女か、貞淑な醜女か」を買おうと思いつつ買いそびれたままだったので、一緒にアマゾンでお買い上げ♪

いやー、久しぶりにまっとうな日本語を目にしました。

イタリア本は今やブログを書籍化したものが沢山出ています。

どれも楽しくて面白くて読みやすいのですが、やはりブログを
紙の上にのせると物足りない感がどうしてもぬぐえません。

眺め読みではなく、ちゃんと脳みそと意識を伴って読めるレベルの
日本語で書かれた本って、なんと言うんでしょう。

おいしい?

読んでるとzzの言語中枢が 「うほーっ♪」 と久々に美味しい
日本語をむしゃむしゃ食べてる音がしてきそうです。

同じきれいな日本語でも三島由紀夫などは、生きていた時代も見て
いた世界もちがうので(あと性別と政治的な傾き加減も)、
美味しいけど肩がこるんですよね。

まあ、そんなわけでこれからあと何日かは楽しい読書タイムが過ごせそうです。
[PR]
Commented by MIYOSHI. at 2010-01-10 23:38 x
すごいなー(´∀`*)。 読書するんだけど、ムツカシイのとか字が小さすぎるのとか、長すぎるのはどうも読めない。 人の考えだとか知識が分かるから、これは大切よネ。 
Commented by outlawroma at 2010-01-11 02:41
今回買ったのはほとんどエッセイみたいな感じなので、とても読みやすいです。ブログも人の考えとかがわかって楽しいですが、本に比べたら深いことはあまり書いてないから(第一ネット上では誰もそんなこと期待してないし)、読み応えが全く違いますね~。
Commented by papera-papero at 2010-01-14 02:45
遅くなりましたが!今年も宜しくお願いします!

ということで、おー田丸さんの本ゲットじゃないですか!ですよねですよね、この日本語に飢えている状態で読んでしまうと頭がフルに活発になっている様子よーーーく分かります。しかも田丸さんの書く文章って、普段使わないような言葉もあるけれど、でもなぜか頭にすっと入ってきやすいそんな印象です。
それでは、楽しい読書タイムを!
Commented by outlawroma at 2010-01-15 05:56
ありがとう。
ブログでは読めない「文語」チックな話し言葉、とでもいうか
話し言葉と書き言葉の中間くらいな文体が、さらっと読みやすいなぁと思いました。また面白い本があったら紹介してくださいね。
by outlawroma | 2010-01-10 07:03 | 生活 | Comments(4)