moscardini  タコの煮込み

f0157724_23441917.jpg


魚屋さんでよく見かける、小さなタコ♪
でもzzはどうやって料理していいのか分からないでいました。

ちなみにzz的にはこっちの小さなタコは、食感が日本のより頼りないと言うか、ガムで言ったらフーセンガムよりチューインガムって言うか、んー、分かりづらいですかね?

まぁとにかく今回はフランカさんにタコの煮物、モスカルディーニを習いました。

モスカルディーニと言う種類のタコを使います。

イタリア語でタコはポーリポ、今回はモスカルディーニが見つからなかったので小さめの普通のタコ(フランカさんはポリペッティと呼んでました)で作ります。

この場合、モスカルディーニとは呼べないので正確にはpolipetti in umido とでも言えばいいのでしょうかね。

いわゆる煮物系はイタリア語で「何とか(主役の食材) in umido」といいます。

では講師のフランカさんです。
f0157724_22584132.jpg


80歳間近とは思えない、この若々しさ。
シワもほとんど無い彼女は、週に2,3回は6人から10人、時には20人以上の人を夕食に招待するパワフルな女性です。

材料と作り方はこちら

f0157724_2315631.jpg


このくらいの大きさのタマネギを1個、直接分厚い大きな鍋に切って放り込みます。

f0157724_2325021.jpg

f0157724_2345129.jpg

その上から、セロリ、にんじん、バジリコ、イタリアンパセリを刻んでどんどん放り込みます。
分量は見ての通り

ちなみにこの野菜の量に対して、タコさんは1.7kg弱
f0157724_23134068.jpg


まぁ、結構な分量ですな。

野菜を刻んだら、ニンニクと鷹のつめ。
フランカさんはフレッシュなニンニクが出回っている間、たくさん買って冷凍しておくそうです。
f0157724_23151785.jpg

f0157724_23154777.jpg


1.7kgのタコに対して、ニンニクは1個、鷹のつめはちょっと小さかったので二つ入れました。

f0157724_23164266.jpg


そしてトマトです

f0157724_23171218.jpg


この分量の小さめトマトを縦に4つ割りにして、お鍋にどんどん入れてゆきます。

そしてタコ
内臓とくちばしを取ったら、キレイに洗って上から重ねてゆきます。
f0157724_231922100.jpg

フランカさんはハサミで手早くお掃除してました。

f0157724_23201718.jpg


大きなお鍋が満タンになったところで、オリーブ油をまわしかけて蓋をします。

f0157724_2321757.jpg


このまま火にかけて、煮立ったら弱火で気長に煮込みます。
途中で塩味は加減してね。

f0157724_22515172.jpg


5時間近く煮込みます。
前の日に作って、翌日食べるとより美味しいそうです。

出来上がりは例によって食欲にかまけたzzがとり忘れました。

しょうがないのでフランカさん宅の犬、ドゥルーゴの写真でもどうぞ。

f0157724_23371119.jpg


タコの煮込みの味は、
[PR]
Commented by ちびすけ at 2010-10-26 17:11 x
タコサン入れましたね。
Commented by outlawroma at 2010-10-27 03:18
どうしたんですか
パンダさんにしてはちと、キレが悪いですよ?
Commented by MIYOSHI。 at 2010-10-29 02:33 x
こらからは煮込み料理がおいしい季節デス(´∀`*)♪イタリアにいたとき、こんなお料理は食べたことないなあ。おいしそう~。日本は急に寒くなってきました。。。
Commented by outlawroma at 2010-11-02 03:39
MIYOSHI.さん
多分、ローマより南の地方でよく食べる料理なのではないかと思います。
イタリアもぐっと冬らしさが増して来ましたよ♪
by outlawroma | 2010-10-24 23:48 | フランカさんのレシピ | Comments(4)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30