もう一人の従兄弟

クリスマスイブですねぇ。
周囲では一族勢ぞろいでクリスマスのお昼ご飯に挑むとか、プレゼントまだ全部買ってないとか、なにやら大変そうです。

ふと、zzの親族について思い出したことがあるので、自分の覚書としてちょっと書いてみたいと思います。

zzのお母さんにはお兄さんとお姉さん、弟がいて、お兄さんの方はもう亡くなっています。

zzのおじさんに当たる彼には、息子が二人いました。

彼らはzzたちが住んでいる長崎県からは遠く離れた、大阪に住んでいました。

なので余り会う事はなかったのですが、それだけにたまに会った時のことは記憶に残っています。

他の従兄弟達がzzより年上だったり、年下だったりする中で、この大阪にいる二人の兄弟はまぁまぁ同じくらいの年齢だったと覚えています。

彼らのお父さんであるおじさんが亡くなったのは、zzがイタリアで暮らすようになってからです。

お母さんと電話で話している時に「大阪のおじさんが亡くなって、地元でお葬式を挙げたんだけど、奥さんは来ないで息子だけが一人で来たのよ。」といいました。

ん?一人って、どっち?

と何気に聞くと、「どっちってなにが?」

と言う答え。

二人いるじゃん、どっちよ?お兄ちゃんのほう?弟の方?

「何言ってるの、大阪のおじちゃんには息子は一人しかいないでしょ。」

。。。。

zzはよーく考えてみました。

昔、いとこ同士で一緒に遊んだ記憶をたどってみました。

でも確かに、他のいとこと混同してはいないのです。

近所の男の子が一人混ざっていたわけでもありません。

だって、会った時はいつも二人いたんですから。

名前だってはっきり覚えています。

と、ここで母親に名前を言おうとした瞬間、夢から覚めたときのように急に名前が出てこなくなりました。

弟だと思っていた(実際に存在する)方の名前にとても良く似た、なんか漫才の相方みたいな名前だった事までは思い出せるのですが、それ以上が出てきません。

今ものど元まで出掛かっているのですが、やっぱり思い出せません。

でも、彼のほうがお兄ちゃんで、ちょうどzzのお兄ちゃんと同じくらいの年だったような記憶があります。

まぁ、人の記憶なんていい加減なもんだとは思うのですが。

未だにどうしても解せません。


絶対に二人いたんだけどなぁ・・・・
[PR]
Commented by ちびすけ at 2011-01-01 12:25 x
しかたがない。わたしがその従兄弟です。あけおめ。
Commented by outlawroma at 2011-01-01 23:19
ことよろ。
私の家系にパンダの血が混ざっていたとは。。
by outlawroma | 2010-12-24 10:26 | 生活 | Comments(2)