水道の蛇口☆再び

f0157724_4161048.jpg


水道の蛇口
水道の蛇口☆修理完了

再びですよ。

例の蛇口がポタポタ言い始めましたよ。

ひと月ほど無視していたのですが、どんだけ蛇口をぎうぎうと締め付けても全く言う事を聞かなくなったので、とうとう重い腰を上げた次第です。

一回やったし、やれば思い出すもんね。

と思ったのが甘かった。

ZZの脳も一年間でずいぶんと老化したらしく、はて、どこからどうやって外したものか。

しょうがないので過去記事を読んでみたものの、これじゃあよく分からない。

という事で、今回はセルフィッシュに将来の水漏れ時のZZ宛に記事をあげたいと思います。

では


まずは水道の元栓を締める前に、手が汚れた時の為にお鍋一杯分の水を確保するべし。

その後元栓を締め、水が出ない事を確認したら、怪しいと思われる蛇口の水ならブルー、お湯なら赤の色づけがなされている箇所をペンチなどでまわして外す。

するとそこにぽっかり穴があくので、懐中電灯とかiPhoneのレッドライトとかで照らして中を見ると、奥の方に何やらねじが見える。(ちなみにいつも水が滴る蛇口のはマイナスドライバーでないと開かない)

しかるべき形のドライバーでそのねじを緩め、緩みきったあたりで水道の根元の膨らんだ部分をパッパガッロかなんかでつかんで(これはねじ式ではなく無理矢理はめてあるだけなので、適当にまわしながら上に引っ張って)外す。

f0157724_422148.jpg


この辺で中にたまっていた水垢かなんかで手が汚れるので洗う。

すると中にこういうのがある。

f0157724_434638.jpg


これはねじ式な上、とんでもなく硬く締め付けてあるので普通のパッパガッロではなかなか開かない。

かくなる上は、水道屋が使う専用の黒くて高いパッパガッロで容赦なく緩める。

あとは過去記事にある通りの方法で、摩耗したゴムパッキン部分を取り替える。

一見パッキンが一回り小さく見えるが、恐れる事は無い。

真ん中にある出っ張った部分を穴に無理矢理通してはめ込めば、アーラ不思議、一回り大きくなってピッタリサイズになる。

後は逆の経路で元通りに組み立てれば良いだけだ。

水道の元栓を開く前に、全開になっている水道の蛇口を閉める事を忘れないように。

これで今回も後一年は大丈夫だ。

よくやったぞ、ZZ。

いい加減こんな面倒な事は自分でやらないでもすむように、電話したらすっ飛んでくる男を数人適当に確保しておけ。

健闘を祈る

じゃあな

ZZより
[PR]
by outlawroma | 2012-12-22 04:10 | 生活 | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30