紫色のニンジン

f0157724_6104493.jpg


スーパーで、紫色のニンジンを見つけました。

最初はブっといゴボウ?なんて思って近づいたのですが、よく見ると確かにニンジン。

アントシアニンがいっぱいで、とっても体に良くて、ガンなんかも予防しちゃう的な事が書いてあったので、ついつい購入。

どうやって料理したものかとネットで検索すると、とっても甘いので生で食べると良いらしい。

因みに生食をオススメしているのは日本のサイトで

イタリアのサイトではほとんどがピューレ状のスープか、リゾットにするみたいです。

正直な話、生のニンジンは胃にもたれるのですが、とりあえず一本皮をむいて生かじりしてみました♪

えーとですね

イタリアのニンジンは普通に超甘くて美味しいので、それと比較すると大して変わらないというか

……下手したら甘みが少ないくらいです。

だんだん面倒になったので、三日ほど持て余した挙句に最後はきんぴらにしてしまいました。

出来上がりはこちら

f0157724_663325.jpg


…………

黒の器に入れたが為、もはやどこからニンジンが始まるのかよく分からない。

しかも、むいてる時と切ってる時のアントシアニン流出量がとんでもなくて

そこいら中ムラサキ色の水でビショビショになるというオマケ付き。

もちろん両手指先と爪の中は真っ黒。

でもきっと、ものすごい量のアントシアニンを一気に摂取できちゃうに違いない!

というわけで、てらてらと油で光るホラーなきんぴらを頂いたわけなのですが

肝心のお味はというと

……別に大したこたないっていうか、あんまり味がしなくて何の野菜かよくわかんないっていうか…

すごく興味を抱いてお近づきになったのに全く噛み合わなかった、そんな出会いを私はしばしば経験するのですが

今回はそれを野菜でやってしまった。

そんなことを思った夜ご飯でした。

まだ半分も残ってるのに、どうしよう。。。
[PR]
by outlawroma | 2013-04-10 06:24 | 生活 | Comments(0)