バカンス☆2013 その2

f0157724_17323356.jpg

バーリの中心地、観光客がまばらにいる位でお店も殆ど閉まってた夕方。

さて、クロアチアの古都ドゥブロクニクへはバーリからフェリーで一晩かけて渡ります。

イタリア南部のプーリアにあるバーリ。

朝からローマを出て500kmちょっとの旅の末、夕方到着。


f0157724_17333959.jpg

最初ハトが狙ってる様子から、スナック菓子を餌としてあげてるんだと思った。。

プーリアを代表する料理と言えば、オレッキエッテ。

耳の形をしたパスタです。

これを蕪の芽と一緒に料理したものはzzの大好物。

民家の玄関口に出来立てのオレッキエッテが干してある、プーリアならではの風景です。




f0157724_17342735.jpg

営業時間を大幅に外れる時間帯にもかからず、とっても親切に料理とサービスをしてくれました。感謝!


出発前に腹ごしらえ。

プーリアと言えば、ブラチェリーア。

大抵お肉屋さんとレストランが横並びになってて、まずは自分でお肉を選んで購入したらレストランで待機。

炭火で焼いて出してくれます。

上の写真はアンティパスト。

f0157724_17351216.jpg

確かこれは脾臓をパンチェッタで巻いたもの。

お肉はどれも大変美味しくて、とっても新鮮です。

普通ではなかなか食べられない内蔵部分も色々とあり、歯ごたえの良いホルモン焼きが安価で食べられるのは大変な魅力です。


f0157724_17361565.jpg


さて
そうこうしている間にフェリーの時間です。

出発は夜の10時、乗船は2時間前。

二段ベッドのシンプルな部屋に入ったら、即就寝。

到着は翌朝7時です。

f0157724_1737356.jpg


朝の空気に包まれて、ドゥブロクニクに到着。

早朝とは言え、観光客はzzたち同様にフェリーでやって来るので結構人がいます。


f0157724_17382784.jpg

美しい街並みで大変有名なドゥブロクニクですが、残念な事にたまたま運が悪かったのかあんまり良い印象ではありませんでした。お昼には早々にこの街を後にすることに決めたので、写真はこの二枚のみ。

早速小さな中心地を一周した後は、有名な城壁に登って中心地を外側からぐるりと見て回ります。

所々に戦争でメチャクチャに破壊された部分が残っていて、修復された部分とのギャップにはっとさせられました。


ところで

クロアチアは確か7月からユーロ圏に入ったはず。

んが

ここ、ドゥブロクニクではユーロが使えず、クーナに換金するかカードを使うしかありませんでした。

ちなみにバンコマットでお金を下ろそうとしたら、危うくカードだけ吸い込まれそうになる始末。

現金をエクスチェンジの窓口で換えました。

この先、内陸部では大きなホテル以外ほぼクーナのみ、海岸部ではユーロと半々位使えました。

f0157724_17392930.jpg


さあ、気を取り直して北へ向かって出発です。

向かう先はトロジール。

恐ろしく青い海が続く海岸線は、今までどこでも見たことがないくらい綺麗で飽きることがありませんでした。
[PR]
by outlawroma | 2013-09-12 01:59 | バカンス | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30