バカンス☆2013その4 plitvice

今、ネット環境があまり良くないのですが

それにしたってこのままではバカンスのレポートを終えるまでに、年を越してしまいそうな勢いです。

気を取り直して、続きをアップしてゆきたいと思います。

内陸部に入って着いた場所は、プリトヴィッツエ。イタリア語ではプリットヴィーチェと言います。

滝と湖がある国立公園が有名。

という訳で、ホテルにチェックインした後は日が暮れるまでの2時間余りを利用して、公園の上半分にあたる部分を散策。

f0157724_0504269.jpg

大型バスが二個後ろにくっついた乗り物。でも通る道はギリギリバスが通れる狭さで、ガードレールなんて無い。。ちょっと間違ったら5、6m下に転落です。          

まずは超揺れが激しいバスに乗って上の方まで行き、そこから出発地点まで森の中を歩いて戻ります。

f0157724_052840.jpg

驚いたことに道は全て、木で組まれた遊歩道。大半は水の上を歩きます。

マイナスイオンいっぱいの中を歩いていると、どうやら酸素が濃いのか、全く疲れません。

f0157724_1101054.jpg

道の脇、すぐそこに沢山の淡水魚がいます。誰も危害を与えないことを知っているのか、そばを通っても全く逃げません。

湖の水はとっても澄んでいて、夕方の光を反射していました。

f0157724_1114933.jpg

こういう光景があちこちに見られます。

大きな声でしゃべっている人たちがいるな、と思うとほぼ100%イタリア人で、おかしかったです。

f0157724_1143178.jpg

ちょっと歩いて道が開けると、必ず滝に出くわします。

斜面になった森の中に大きな湖があるのですが、ちょうど日本の段々畑を巨大化したような構造になっていて、滝を介して水が湖から湖に流れ込んでいるのです。

翌朝には別の場所に出発してしまうのが残念なくらい、きれいな場所でした。


ところで、

この夜はかなり大きなホテルに泊まったのですが、夕食をレストランで取ったところ、ものすごくちゃんとしたサービスを受けて、感動。

お肉のタルタルを注文したら、目の前で銀のボールに卵を割ってスプーンでマヨネーズを作るところから始まり、沢山の香味を好みに合わせてブレンドしてくれました。

ちなみにお値段はイタリアで普通のレストランで食べるくらい。

海側よりは内陸部のほうが、ちょっとお値段が安い印象があります。

f0157724_1154470.jpg


さあ、翌朝はチェックアウト前にメインの大滝を見に行きます。

f0157724_1164938.jpg

時間があまりないので、とりあえず滝が見えればいいや、みたいな感じで1時間コースを選択。

上から見た湖の色に、またまた感動。

下の道を歩いてゆくと、大滝の真下まで行くことができます。

f0157724_118299.jpg

クロアチア一大きな滝。

んー、昨日見た小さな滝の方が親しみがあっていいかも。


そうこうしている内に、出発の時間です。

今度は再び海に向かい、そこから橋を渡って島に入ります。

 krk という島に着いたら、さらに島の南の果てまで行き、そこからフェリー。

f0157724_1192932.jpg

フェリーの中は、クロアチア人がほとんどでした。

さあ、今度はzzの旧友が待つ、Mali Lussinjという島で3日間過ごします。
[PR]
by outlawroma | 2013-09-27 03:10 | バカンス | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30