ドラッグ世界一選手権と日本と中国

今日、友人のマウリツィオと一緒にご飯を食べてた時に。。。

あれ、なんかこれだけだと二人でご飯食べてたみたいだな...

えっと

ご飯は夕ご飯で、そこにはzzとzzの彼氏、その母、マウリツィオの彼女のジェシカも居たんだけど。

とにかく夕食の席で南米の、そしてドラッグの話題が出たのね。ちなみにマウリツィオの彼女ジェシカはコロンビア人で、弁護士さん。

そしたら南米って言っても、中には沢山の(似たり寄ったりだけど)国があるからジェシカにしてみれば、ひとくくりに 「 ドラッグ→南米 」 ってされるのはたまったもんじゃない訳。

それってまぁ 丁度、私ら日本人がイタリアで 「アジア系→中国人」 って思われて、中国の悪口を言いたくてしょうがないアホな人に「このチネーゼが」 とかいきなり道端で言われて、「はぁ?」って腹立つのと同じような感覚みたいなんだよね。

そんなわけで、最初はコロンビアでは誰もドラッグなんかやらないし、私は一度だってマリファナも吸ったことないし、だからペルーとかボリビアとかと一緒にしないでよ!

って言ってたんだけど、それがその内にエキサイトしてきていつの間にか

ちょっと、コロンビアはマリファナ栽培してないですって? コロンビアの大麻は最高級なんだから!

コカイン? ペルー? はぁ? コロンビアのコカインは世界一純粋で質がいいって、常識じゃん?

と、えらい変な方向に話がそれて、結局いつも通りハイハイって聞いてるのに疲れた男たちの 「南米女は競争心がつえーから困る」 で終わっちゃったんだけど。

今日は周りに他の弁護士とかが居なかったから、ジェシカもちょっと気を抜いてエキサイトしちゃったんだよね、きっと。

で、何が言いたいかって言うと

ふとそこで、ああこれを例に出せばいつもの面倒くさい誤解を手短にかわせるかなとか思っちゃったのね。

それっていうのは

イタリアでは結構な数の人が

アジア→ 中国とか韓国とか日本とかその辺の似たり寄ったりな国

で、あんまり知識のない人はそこに、フィリピンとかベトナムとかも多分同じような感じ。

って思ってる訳よ。

で、初対面の時とかに私たちがやんわりと

 「中国と日本と韓国は違う国だから、お互いに話してる言葉とかも全くわからないし、ブルース・リーはカッコいいけど日本人じゃないよ? 犬は普通日本では食べないし、キムチは韓国の食べ物だし...」

と彼らの間違った認識をいつか何処かで同じ恥をかかないように、教えてあげるんだけど

まあ日本みたいに文化的なレベルが一様じゃないのも手伝って、

「あ、そうなの?知らなかったよ」

とはならずに

「うわー、話には聞いてたけどやっぱり中国と日本て仲悪いんだね。(似たり寄ったりのくせに、そんな細かい情報興味ないし)」

という方向に行くことがほとんどなので、最近は反論もせず

「あーそうそう、ブルース・リーも凄いけど、私たちの時代はジャッキーの方が人気あったかな。戦争中は日本でも犬食べてたらしいからね。 うんうん、キムチは美味しいけど普通の西洋人は美味しさがわからないんだよね。あなた食べたことあるの? すごい食通なのね。」

と、いい加減などうでもいい返事ばっかりする癖がついてしまったのね。

まあ、それはそれで一つの便利な方法だし、彼らが望んでるのはこういう軽い返答なんだろうけど。

でも、本当に真剣に答えなきゃな、って感じる瞬間もあってね。

どんな時かっつったら、それはアジア人の同席者が居る時。

彼らだって毎回同じようなこと言われて辟易してるのはzzといっしょ、顔を見合わせて適当なこと言いながら苦笑いしてるもんね。

それにね

日本の外に居ると日常生活の中で、同じ仕事をしてる人とか同じ学校の友達とか言う横のつながりだけじゃない

同じアジア系とか単に外国人っていうだけで、共通の何かが無い状態でのつながりが出来るのね。

わかるかな。

その上、

彼らがある程度の教養を持ったきちんとした人の場合だけじゃなくて、例えろくに学校に通うことも出来ないままで稼ぎにやって来て、安い賃金でこき使われている人達とかと一緒にされた時でも

本当の意味で自分の国を背負ったつもりでその場にいる人を同胞としてリスペクトしないと、その人が国に帰った時は勿論、親兄弟や自分の子供、友人、仕事の同僚とかに彼らの実体験っていうのは代々語り継がれたりする訳よ。

これってホントに大事なことだと思うのね。

未だに台湾に行ったら日本語知ってるお年寄りが居たりするみたいに、しかも反日感情はあんまり持ってなかったりして。

日本に好意的な発展途上国の人達は、自分の国の道路やトンネルを作ったり技術的な協力をしてくれた日本の人達と実際に知り合ったり、家族がそこで働いてたりして知ってるからだったりするしね。

うん。

なんか話が八方に飛び散って、うまくまとまりそうも無いんだけど。

とにかくだね、     

「アジアの国って一見同じみたいに見えるけど、中は結構ヨーロッパみたいに分かれてるんだよ」

その中でも日本は島国で大陸と離れてるから、ヨーロッパとイギリスに似た立ち位置だったりするんだよ。

って言うことをうまく伝える方法を私は模索し続けているのですよ、ワタクシは。

こうやっってつらつら書きながら!

んーー

考えてみたら、やっぱあれかな。

まず何よりも中国はすごい! これに尽きるんだよね。

殆どの文化は大昔に中国を介して日本に輸入されたんだもん。

でも当時は本当に限られた人が、国賓としてお互いに行き来しながら情報交換してた訳でしょ?

だから入ってきた文化って当時の最高級レベルのものな訳よね。

ほんでそっから徳川が天下統一して鎖国に入っちゃったじゃん?

つーことは、文化的政治的に選択肢は狭いものの取りあえず一流なものを元に、日本風にアレンジしたその結果が今の私らなわけなのよね。

戦後大分変わったとは言え。

つか、ひょっとしてzzたちの世代はその最後の砦の部分にあたるのかも。

ああ、また話がそれた。

んー、でもやっぱイタリア人にはもっと分かりやすく、イタリア国内の地方の派閥をアジア全体の関係と照らし合わせて、日本はちょうどシチリアとかサルデーニャみたいなもんだ。とかいった方が良いのかな。

まあ、絶対にナポリとカラブリアを一緒にしたら貴方たちだって反論するように.. とか言い出した瞬間に話がナポリに移ってそれっきりになる可能性の方が高いだろうな。

うん

絶対

は? ナポリと一緒にしないでくれる?

って後はジェシカの二の舞をイタリア人が繰り広げだして終わるんだよ。

これはこれで、アジア勢とイタリア勢の両方を満足させることが出来るかも知れんな。

うん、今度使ってみよ。

えーーーーっと

やっぱ四年のブランクは大っきいな。

仕事を辞めたのを期に、しばらくは日本語の文章構成能力のリハビリをしないと。

最後まで読んだ人、ごめんね。

お粗末様でした。
[PR]
by outlawroma | 2014-03-24 03:33 | 生活 | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30