南イタリアの不思議

いやいやいやいや、気がついたらまぁた随分と時間が経ってますね。

もう、秋ですよ。

今年の夏は再びカラブリアの海で泳ぎまくってきました。

その間、カラブリアのみならずシチリア、プーリア、バジリカータと南イタリアをバイクで巡って堪能して来たわけですが

ZZの彼氏に及んでは、33年ぶりに再結成したという少年時代のバンド仲間と田舎町でライブをやったりと、なかなかに興味深い夏でした。

そんな彼(現在はプロのミュージシャンです)が再び、「バンドの仲間が今度またライブするからって。。。」

呼んでくれたんだもん♪

と、子供のようにいそいそとキーボード等の機材を車に積み込み、再び600KM近い道のりを走って南に下ったのですが

その時電話で話をしながら、ふと思ったのです。

ひょっとして、南イタリアはやはりちょっと他の地方とは違うのではないかと。

だってね

バンドのメンバーは地元に暮らす少年時代の友人達で、zzも紹介してもらってお話した事がある、とても良い人たちなのですが

皆揃いもそろって、一回は刑務所に入ってたって少し変ですよね。

彼曰く 「いやー、皆昔はあれだったかも知れないけど、今はもう落ち着いちゃって…」だって僕、年上の人とばっかつるんでたから、みんな孫とかいるしさー。

って、刑務所入った事無いの仲間内であんただけじゃん?

そんな人らと交遊を再び深めるのってどうよ?

と、心配しても

「地元に残ってる人で、店を開けたり、何らかの商売したり、ってなるとマフィアからは逃れられないんだよ。だから二、三回順番が回って来て刑務所に入る事になっちゃうのは仕様がないんだってば」

という答え。

そうなの?

「もう、今回は一人なんだから高速のアウトグリルでコーヒー飲んだり、トイレに行ったりする時は気をつけてね」

というzzに 

「もちろん。途中で食べるご飯も、水も、全部用意してるから大丈夫♪おしっこは僕の主義じゃないけど、途中で止まって草むらにするし、ガソリン入れる以外では絶対に止まらないから。」

という万全の返事が返ってきました。

そして数日後、無事にライブとそして何より機材をぎゅうぎゅうに詰め込んだ車に乗って一人でのドライブから帰って来た彼だったのですが、何も無かった訳ではなく

「バールをやってるマウリツィオ覚えてる? 実はあいつんとこ強盗が入ったんだよ」とな。

バールとタバコ屋をやっている、彼のお友達が一人いるのは知っています。一度そのバールにも行った事があるのですが

そこに真っ昼間、覆面をした男がピストルを持って金を出せと強盗に入って来たのだとか。

で、

その強盗が実は、隣に住んでる顔見知りのおっさんだったという!

小さな街に何十年も暮らしているのです。隣のおっさんが強盗に入って来たら、そりゃ覆面してようが声でばれるのは当たり前。

そしてそのあと

強盗に入って来たおっさんの妻と子供達が謝りに来たっていう!



ほんとかよ、それ



でもね、本当なんですって。

昨日は家の主人が強盗に入っちゃって、あの、すみません。

って、謝られたらしいのですが。お金は返してくれなかったそうです。


バールのマウリツィオは、もう呆れるやら情けないやらだったそうですが、その恋人は今めちゃくちゃ怯えているのだとか。


ま、そりゃそうだよね。

強盗に入って、顔見られてはいないにせよバレバレなんだから。バールの主人なり、その恋人なりをちょっと痛めつけて口止めしておこうか、ってなるかも知れないもんね。

他にもマフィア関連で言えば、zzの彼の従姉妹はその昔マフィアと付き合っていて(日本で言うヤンキーと付き合うノリなのでしょうか・・・)結婚こそしてないものの、子供が二人います。

そのうちの一人がしょっちゅう家に遊びにくるのです。

そんな訳で、今回は始めてそのお父さん(カラブリアのある街に在住)がお食事に誘ってくださったのです。

従姉妹と彼のおじさんと、総勢9人でレストランに行ってとても楽しくおいしい食事をご馳走になったのですが

レストランの中にはzz達以外、誰もいなかった

というのは、多分偶然とかではなくてやっぱりそういう事だったのでしょう。

お店の主人の緊張具合も半端なかったです。


ちなみにそのマフィア氏は、一見したところ田舎のインテリな男性。といった風情なのですが、その辺もちょっと日本のヤクザの人と交差する部分があるなあと思ったのでした。

ともあれ、南イタリアにいる限り自分がマフィアに絡んでいなくても、友人やら親族やらが絶対どこかで何かしら繋がっているみたいです。

同じイタリアでも、ローマとはまた全然違う南イタリアの素顔をかいま見た2014年の夏でした。

[PR]
by outlawroma | 2014-09-25 00:56 | 生活 | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30