鉄板トリュフ

f0157724_22535247.jpg
今日はサン❤️ヴァレンティーノですね。

イタリアにいながらも日本の伝統に従って、チョコをプレゼントすることにしました(笑

作ったのはトリュフ二種類

イタリア語ではタルトゥーフォと呼ばれます。

テンパリングが面倒臭いのでチョコレート菓子を作るのは基本、好きではないのですが

このタルトゥーフォはとっても簡単。

今回は二種類作ってみました

一つはビスケット入りのガナッシュ、イタリアのレシピです。

もう一つは生クリームが入らない、とってもなめらかでリッチなフランスのレシピ。

コツは、良い材料を使うことです。

では材料です

ビスケット入り⭐︎イタリアのタルトゥーフォ
(50個分くらい)

ダークチョコレート(いわゆるフォンデンテ)カカオ55%くらい
150g
生クリーム 150g
粉砂糖 60g
砕いたクッキーかビスケット 適量

沸騰直前まで生クリームを熱し、火から下ろします。

そこへチョコレートを加えて溶かします。

溶けたらふるった粉砂糖を加えてよく混ぜ、砕いたクッキーかビスケットを加えます。

そのまま室温で冷まして、しばらく冷蔵庫で寝かせます。



さて、次は

フランスのレシピ 
これも40〜50個分です

ダークチョコレート(同じくカカオ55%くらい)150g
粉砂糖 大さじ3
卵黄 2個分
バター 100g

湯せんでチョコレートを溶かします。

湯せんから下ろしたら粉砂糖をふるい入れ、さらに卵黄を加えます。

室温で柔らかくしたバターも加え、よく混ぜて溶かします。

f0157724_22525929.jpg
こんな風にツヤツヤのスベスベになったらオッケー

冷めたら冷蔵庫で数時間〜一晩寝かせます。


さあ、あとはどっちも丸めれば出来上がりです。

私はビスケット入りを絞り出し袋で絞り、ココアを手粉にして丸め

もう一つはココアをふるった上に生地全部を落とし、上からもココアをかけて四角く型作り

表面に模様をつけて、あとは小さく包丁で切って仕上げました。

どちらも結構柔らかい状態なので、手早く丸めたり切ったりしましょう。

f0157724_22532894.jpg

溶かして混ぜて出来上がり⭐︎という、超簡単なレシピですが

プロの配合なので、間違いなしです。

好みでブランデーやラム酒を加えると、更にゴージャスな味になります。

唯一気をつけて欲しいのは、生クリームや卵黄、バター、チョコレートの質と鮮度。

スーパーの特売バターや卵を使えばそれなりのお味に仕上がるのは当然ですが(勿論それでも十分おいしいものが出来ます)

ちょっと値の張るバターや有精卵、クーベルチュールチョコレートを使えば、一粒300円くらいで売ってるトリュフに引けを取らない物が出来ます。

保存は冷蔵庫で、10日以内くらいに食べきるように。

それから、いくらズボラな人でも決してチョコレートを電子レンジで溶かしたりしないように!!


以上













[PR]
by outlawroma | 2015-02-14 23:23 | 鉄板☆シリーズ | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30