バカンス2015⭐️シチリアその4 Favignana

前回までの記事はこちらから
その1
その2
その3


さあ、今日は島に渡ります。
f0157724_01302657.jpg
マルサーラからちょっと離れたところにある島、ファヴィンニャーナ


昨日買った切符でフェリーに乗り込みました。

f0157724_19132611.jpg
朝の9時半と言うのに、結構ぎゅうぎゅう


特に酔うこともなく、港へ到着。

f0157724_19171598.jpg
朝っぱらから皆さん海で遊ぶ気満々です


船着場のすぐ近くにあるレンタルスクーター屋さんで、一台25ユーロ程のスクーターを借ります。

これで一日ファヴィンニャーナを端から端まで走り回ります。

帰る時にガソリンを入れて返せばオッケー。

f0157724_19414028.jpg
中央の広場


先ずはバールでグラニータとブリオッシュの朝ごはんです。

シチリアではあらゆる所でグラニータを食べるのですが、私はアーモンド以外の味はほとんど試すことがありません。


f0157724_19195152.jpg
カラ・アズッラ(青の入江)のちょっと外れ


島には複数のcalaと呼ばれる入江があり、それぞれに青い入江、赤い入江、丸い入江、大きな入江といった名前が付いていて分かりやすいです。

もちろんzz達はほぼ全ての入江を見て回ります。

その中から、人が少ない、そして美しい場所を選んでは海に飛び込むのです。

青い入江は浜になっている部分が人で覆い尽くされていたので、次の赤い入江へと移動しました。

f0157724_19234979.jpg
崖になっている所から下を見ると・・・


恐ろしく綺麗な場所です。

下まで降りるのが面倒だとその場にいる全員が心の中でつぶやいて、もたついていると、カップルがやってきました。

男の子は崖に沿って敷かれている、コンクリートの細い通路のような部分を伝って下に下って行きます。

取り残された女の子が言うには、この下の崖から海に飛び込むことができるんだとか。

f0157724_19272285.jpg
下に降りるのをかなり拒否していました


ぐるっと回って海まで行くには炎天下の中をちょっと歩かなくてはいけません。

と言うわけで

f0157724_19291191.jpg
とびこめる所まで降りてみた


えっと、ちょっとどころじゃない高さです。

zzがぐずっている間に、男どもはリュックと靴を置いて下へ身投げ・・・

f0157724_19301069.jpg
これより高い所から飛び降りてる人もいました


腹を決めて飛び込んだら、インパクトが強くて鼻に思いっきり水が入ってきました。

言うまでもなく足の届く深さでは無い為、20分もしたら立ち泳ぎに疲れて次の場所に移動することにしました。

結構危険な崖を、さっき荷物を置いた所まで下からよじ登ってスクーターの所まで戻りました。

今度は島の反対側まで移動します。


f0157724_19335928.jpg
確かここは丸い入江だったはず

なんかここは微妙、今度は綺麗だけどちょっと海藻が多い・・・と、飛び込むべき海がなかなか定まらないまま、あらゆる入江を網羅して行きました。

f0157724_20090902.jpg
よく見たら下の女性はトップレス♪



意を決して、外からは見えない入江まで歩く事にしました。
f0157724_19341358.jpg
スクーターを止めて、10分ほど歩きます

f0157724_19492061.jpg
一番気に入った、小さくて静かな入江

f0157724_19500962.jpg
みなさんお元気ですか? 私は元気です。


パラソルなんて持参していないので、一日遊んだら黒焦げ決定です。

最初はこまめに日焼け止めを塗ったりするのですが、何度も海に入るにつれ、こんなに綺麗な海を自分の体に塗ったクリームで汚してゆくのが堪らなくなっていきます。

すぐに日焼けする肌なので、徐々に日焼け止めは使わなくなって行きました。

水着が乾いたら、また移動です。

f0157724_19542540.jpg
最後は港に近いスタビリメントのある所で、大人の海水浴


帰りのフェリーが来るまでの間、港近くの浜辺で時間を潰します。

流石に丸一日お日様に当たって泳いだので疲れました、ここではデッキチェアとパラソルを借りてちょっと平凡な海水浴です。

人がすごく多くて、わざわざ島に来ている感が薄れてきます。

バールでアランチーニを食べたら時間が来たのでマルサーラに帰りました。

明日はまた違うところで泳ぎます。


























[PR]
by outlawroma | 2015-10-03 20:00 | バカンス | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30