バカンス2015⭐️シチリアその9 船の博物館とStagnone

前回の記事はこちら

その8


さてさて今日はマルサーラで一日遊びます。

先ずは古代カルタゴ人の船の博物館と、次にスタンニョーネと呼ばれるマルサーラの海岸線と長い島に挟まれた潟を訪れました。


マルサーラには大変美しい塩田があるのですが、そこのラグーンで発見された船の一片がこの博物館の始まりです。


地元の郷土博物館といった風情のここは、右と左に分かれてふた部屋あります。

中で働くスタッフものんびりとした雰囲気です。


f0157724_23161461.jpg
復元されたガレイ船



f0157724_23164375.jpg
イメージ図のようです


実際に発見されたのは船尾部と左舷の一部のみで、それを元に計算された船は容量120トン、長さ35m、最大幅4、5mもあるのだとか。


f0157724_23170400.jpg
複数のイカリ

f0157724_23165091.jpg
海の上では貴重な飲み水、相当かさばったでしょうね。

f0157724_23204632.jpg
こちらの部屋には船以外のものが展示されています

f0157724_23163035.jpg
素晴らしいモザイク

f0157724_23162279.jpg
貝のコンパクト!!頬紅入れなんだって

f0157724_23163697.jpg
アターック




とまあ、この博物館を大絶賛していた彼氏はかなりエキサイトしていましたが、私は次に行く元塩工場の方が気になってたまりませんでした。


Museo Archeologico Baglio Anselmi
マルサーラの中心地からちょっと行った所です。




と言う訳で、次。



f0157724_23275358.jpg
到着です


f0157724_23280097.jpg
向こうに見える黒ーいのは isola grande



向こうの右にうっすらと見える長方形の建物がある所まで、行きます。


なんと、歩いて!


驚くなかれ、海の深さは最高腰骨あたりまでで延々と歩いて行くことができる深さなのです。


そして行ったはいいのですが、海にiPhone落とすといけないので写真はありません。残念です。


向こう側には放置された塩工場が何とも言えない風情で佇んでいました。


写真を撮る人には絶好のロケーションだと思います。



さて、満足した所で一服するとしましょう。




f0157724_23282036.jpg
ここでは海の中でアペリティーヴォが出来ます


f0157724_23281410.jpg
ワインを一本空けてパニーノを食べたら、もうご機嫌🎶

後ろには外国人の女の子に焦らされまくって、段々と腑抜けになってゆく男の子が・・・・

勿論その様子はzz達の絶好の酒の肴となりました。




f0157724_23280669.jpg
今日もお日様と戯れます

見かねたマウリツィオがzzに「減るもんじゃなし、一回くらいヤらしてやれ」って女の子に言ってやんなよ。と、しつこくつついてきます。

確かにあの手この手で彼女との距離を縮めようとする彼が、次第に腑抜けになってゆく様子は見てて可哀想なくらいでした。(笑


f0157724_23282721.jpg
日焼けの度合いもかなり迫力が出てきました



短いシエスタが終わったら、次の場所へと向かいます。






















[PR]
by outlawroma | 2015-10-09 03:54 | バカンス

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30