バカンス2015⭐️シチリアその10 Isola Mozia

前回の記事 その9



さて

いい加減飽きてきた所で、そろそろバカンスの記事を終わりにしたいものです。


f0157724_03280661.jpg
モツィアという島に行きました


お昼寝が済んだので、再びマンマカウラまで戻ってそこから渡し舟に乗りました。

f0157724_03261927.jpg
丁度cafeの真ん前から渡し舟が出ています

あっという間に到着。


f0157724_03260554.jpg
一本道をまっすぐ行くと

f0157724_03263556.jpg
ウィータカー博物館はこちら


置いてあった説明書きによると、このモツィアという小さな島は20世紀初頭にお金持ちのイギリス人によってお買い上げとなったそうで。(マルサーラのサイトには1800年代終わりって書いてあったのですが・・・?)

お商売が上手なファミリーだったようですが、その中に一人ビジネスに興味を持たない変わり者がいて、文化的、歴史的なことに造詣が深かった彼が創設したようです。(←イタリア人のスピードに合わせて動くと、ロクに説明を読む暇がないのでうろ覚え)

f0157724_03270325.jpg
うんうん、そんな感じ。

置いてあるものの写真はあまり撮らなかったのですが・・・

f0157724_03264206.jpg
どやっ

まぁ、この人が博物館で一番のスターみたいでした。

置いてあった説明書きなんですが・・

f0157724_05530003.jpg
A4にコピー

パンフレットなんて無しですよ。

しかも裏紙にも印刷してあるのですが

f0157724_05531554.jpg
この地図が全然分からないことこの上ない!!

なんでこんなことが気になるかって言うと

f0157724_03265163.jpg
こないだ行ったバザーで売ってた宝石・・・

って言ったら皆信じるよね、きっと。


ここに展示してあるもの、物凄く歴史的価値の高いものなんですよ!!!

紀元前8世紀とか5世紀とか、そんなんばっか。

よその国だったらこれ、国宝になっててもおかしくないんですよ。

それが、引越しして要らなくなったからもらった棚みたいなのに、ゴロゴロ乗っけてあるの!!!!


あああ、もどかしい。


もうね、あんなクソみたいな展示物を偉そうに見世物にしてる某・サンマリー・・・(以下自粛)・・・

とにかく歴史が好きな人には超・至近距離で極古なお宝を堪能できる(人が居ないのでそれはもう、好きなだけ)レアな場所だと思います。



裏紙に描いてあった地図の場所にも行ってみました。

当時の家、焼き物工場、寺院など様々な跡地が残っていて、(これも紀元前ですよ、キリストが出てくるうんと前!)街の様子を知ることができます。

f0157724_03271024.jpg
用途は不明だという貯水池


f0157724_06070561.jpg
ナチュラルに保存しすぎて、もはやタダの更地にしか見えない。




この後延々と歩いて見て回ったのですが、zzと彼氏とマウリツィオ以外には人っ子一人見えませんでした。


南イタリアの現状を知る人たちが口をそろえて言う、
「もったいない」現実がこれなのです。

最後はなんか、小学生の放課後みたいな状態になって三人共なーんにもない中で冗談を言い合って友好を深める結果となりました。

その後、お迎えの渡し舟でマンマカウラに戻り・・・


f0157724_03273095.jpg
こうなる事はもう皆さん予想済みですね

f0157724_03273856.jpg
何度見てもサリーナの夕暮れは素敵です


なんとも切ない感じでシチリア滞在最後の日が過ぎて行ったのでした。

















[PR]
by outlawroma | 2015-10-13 06:27 | バカンス | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30