バターと床掃除

f0157724_01393475.jpg
右がバター、左はバターミルク




ハロウィンの時に買った生クリームが1リットルほど余りました。

散々飲み食いした後だったので、特にお菓子や重たい料理を作る気にもならず・・・でもそろそろ何とかしないと悪くなってしまいます。

というわけで、手っ取り早くバターにしてしまいました。

折角なので、イタリアでは余り買う事のない塩入りのバターにする事に。

お塩少々を入れてキッチンエイドにセットしたら、後は高速で泡立てます。

そのまま分離してバターになってしまうまで泡立てるだけなのですが、塩入りなせいなのか単に量が多いからなのか

中々泡立ちません。


10分ほどして漸くボソボソしてきたので、もうちょっと回してやれ。と、その場を離れて洗濯物を干していると、どこからともなく


「ザッパン、ザッパン・・・」


と言う音が・・・・


ハッと我に返ってキッチンに飛び込むと、そこは塩味の牛乳の海!!!

あっという間に分離&固形と化して一塊になったバターが泡立て器と共にグルグル回りながら、分離したサラサラのバターミルクをそこいら中に撒き散らしていました。

丁度家中を掃除した後だったというのに、再び台所の大掃除をする羽目になりました・・・


気を取り直すためにコーヒーを入れて、再びバターです。

出来立ての柔らかいバターは、そのまま軽く練って中に残った牛乳を出来るだけ取り除きます。

1リットル強の生クリームから、350gのバターが取れました。

ごく普通の生クリームだったのですが、やはりフレッシュなバターは美味しさが格別。

その日はオーブンで温めたパンにこのバターを塗って、私と彼氏とフランカさんの三人で止まらなくなってしまいました。

水分がまだ残っているので、クッキーなどを作るのにはちょっとどうかなと思うのですが、お料理やケーキには問題なく使えそうです。

最も、あまりにも美味しいのでその前にそのまま消費してしまいそうですが。

皆さんも生クリームが余ったら、一度お試しを。








[PR]
by outlawroma | 2015-11-11 02:04 | 物づくり | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30