水素水を使おう!

f0157724_19555359.jpg
お米さえ入れておけば常に水素たっぷりな状態

さて。

一人の女性がアップしていた証拠写真を頼りに、zzの水素生活はスタートしました。

ナントカという液体を入れて色が変わればどうのこうの、というのは正直言って全く当てになりません。

酸化還元電位だって、他の成分が関わってくるのでイコール水素含有量とはなりません。

唯一信用できるのは、水素を測定する装置で確実に水素量を測ることなのに、それをやっている人は一人しか見つけることができませんでした。

そもそも水素が体にいいと言う発想自体、お医者さんや化学を専門にしている人にとっては妄想に近いものなのかもしれません。

一瞬、ボトルの上に溜まっている気体にマッチの火を近づけてどうなるか見てやろう、と思ったのですがちょっと怖くなったのでやめておきました。

こうなったら実際に生活に取り入れて、その違いを人体実験するのが一番♪

取り敢えず水になんらかの変化が起こるタイミングは、実際に飲めばわかります。

はっきりと味が変わるからです。(正確には水道水の嫌な臭いが消える)

水素量を測定していた女性のページには、お米で作った水素水の水素含有量は高価な機械で作った水素水をはるかに凌ぐ数値が載っていました。

買ったり機械で作った水素水は、生成した時点或いは開封した時点から一気に水素が抜けて行きます。

でも自分で作った水素水は、お米さえ下に沈めておけば時間が経っても常に水素がたっぷり含まれた状態を保つことができます。

スモーキーさんのお水入れにも水素水を入れて、底には少量のお米を沈めておきました。

私は飲む以外に、大きめのスプレーボトルに入れてシャワールームへ持ち込んでみました。

水素風呂は体にとても良いと言いますが、イタリアでお風呂に毎日入ることはほとんどありません。

その代わり、昔の公衆電話ボックスのような密閉された空間でシャワーを浴びることが多いのですが

そのシャワーボックス内で水素水を思いっきり霧吹いて充満させてシャワーを浴び、出る前に全身に吹き付けたら肺と皮膚から吸収できるかも?

と思ったのですが、どうなのでしょう。

色々見たサイトでは水素風呂に入ると、約7分後から体内に浸透し始めるみたいなことが書いてありました。

普段20分ほどシャワーボックスで過ごすのでまぁちょっとは摂取できるのではないでしょうか。

あと、化粧水代わりに使うなどと書いている人もいました。

シャワーボックスの中なら真冬でも全身に水を吹き付けた所で寒くはありません。勿論髪の毛にもしっかり吹き付けます。

自分で作った化粧水を入れていたボトルだったのでどうやら精油が少し残っていたらしく、水素ミストで満たしたシャワーボックスはほんのりと精油の香りがして予想外の素敵なバスタイムになりました。

他にも余った水素水は植物の水やりに使ったりしています。

掃除に使うと汚れ落ちがいいと言う意見もありますが、これはまだ明らかな成果は出ていません。

と言う訳で、効くか効かないか正直全く見当のつかない水素水。

飽きるまであらゆる事に使って行きたいと思います。






[PR]
by outlawroma | 2016-01-17 19:54 | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30