シャンプージプシー その5

f0157724_01521042.jpg
頼むぞインド!!

過去記事はこちら
その1その2その3その4


ヘナで一息ついたのは良いのですが、シャンプーがまだ見つかっていません。

持っていたモンモリロナイトを使い切った後は、種類が分からないパック用の泥で再び体中がスヴェスヴェになりましたが、今度は肝心の髪の毛がシロップでもスプレーしたようなパサパサ☆ベタべたの綿菓子ヘアになってしまいました。

絶望的な気分でネットをさまよっていると、インドハーブと言うキーワードを発見。

なんと、ヘナみたいに植物でシャンプーもできるとか。

ほほう

候補に上がったのが、シカカイ、アムラ、ニーム、リタという植物。

ちなみにリタは洗濯に使っている石鹸の実のようです。

大喜びで試そうとしたのですが、たまたま見たインドでアーユールベーダの勉強をしている人のブログで(すごいですね)、インド人のお師匠さんみたいな人が

リタは髪の毛には余り使わないほうがいい。でないと毛が抜けるよ。

的な事を言っていたという記事を見て、断念。

ま、イタリア人のワッキーを抹殺する威力があるくらいですから、髪の毛にはちと強すぎるのかもしれません。

残るは三つの植物。

どこで買ったもんか??

と思い出したのが、知り合いのインド人シェフ

メッセージを送るとすぐさまお返事の電話が。

早速教えてもらったインディアンフードショップにて、トップの写真の粉を手に入れました。

ちなみに裏に書いてあった使用法は全て同じ、ペースト状に練って髪につけ、その後洗い流すだけです。

それぞれ放置時間が変わります。

f0157724_02044552.jpg



 シカカイ

これが一番ポピュラーなシャンプーみたい
 
 待ち時間 2−5分








f0157724_02044072.jpg



 アムラ

どうやらこれはシャンプーと言うより、コンディショナー的な存在のようです。


 待ち時間30−45分






f0157724_02045047.jpg


 ニーム

これは殺菌作用があるようです、フケ予防に良いと書いてありました。
あと、過剰な皮脂を減らしてくれるそうです。

 待ち時間10−15分





ふふふ、これで暫くは色々と楽しめる。



 

[PR]
by outlawroma | 2016-03-11 02:14 | 生活 | Comments(0)