バカンス 2017☆ NY  その2

f0157724_19400802.jpg
トランプタワー、周りには物々しいくらいの警備がなされています

さて、NY見物の続きです

この日は朝からティファニーなどを冷やかしてみました。

写真はちょっと恥ずかしかったので撮っていません。

中に入るとそれはそれはゴージャスな店内、朝だというのに人がいっぱいでした。
特に目に付いたのは日本人☆

日本では根強い人気があるんですね。
お買い上げになった人達はシャンパンやカップッチーノのサービスを受けていました。

ティファニーの店内でカップッチーノを手に、朝ごはんしてる写真を店員さんに撮ってもらっているカップルもいました。

同行のイタリア人はそれが「ティファニーで朝食を」という映画に基づいていることなど、誰も知らなくて寂しかったです。


ティファニーを出た後は、かつてワールドトレードセンターがあった場所を見に行きました。

f0157724_19405711.jpg
地下鉄を降りると、船を模した巨大なショッピングモールに出ます

NYを舞台にしたテレビシリーズのビリオンズなどでも見る事ができるこのモールを抜けると、目の前に色がるのはツインタワーの跡地。

f0157724_19403764.jpg
片方には水が落ちてゆくモニュメント

f0157724_19404621.jpg
もう片方には新しいビルが建っていました

正直な感想、周囲に亡くなった方の名前がずらりと刻まれたモニュメントの方は、決して美しいとは言えない、見ている人の恐怖心を掻き立てるものでした。

まあ、それが目的なのかもしれません。

ここでいきなりですが、NYの地図を引っ張り出してみましょう。

f0157724_19523238.jpg
今回の旅行ではマンハッタンを中心に観光しました

JFK空港に降り立った後はそのまま地下鉄でマンハッタンに渡りました。

4日間の滞在ではブルックリンまで見て回れず、ちょっと残念です。

f0157724_19524915.jpg
マンハッタンの下半分

下からグラウンドゼロ、トライベッカ、グリニッチ、チェルシーと歩きます。

トライベッカを抜けてグリニッチに入ると、だんだんアーティスト度が高い街並みになって行きます。

そしてチェルシー❤️

NYで一番気に入ったのがこの地区です。

とにかくオシャレで素敵な街並み♪ アパートにぶら下がっている火災時の非常階段やハシゴも、いかにもNYといった雰囲気でした。

素敵すぎて街並みの写真を撮るのも忘れていました。

f0157724_19585077.jpg
唯一撮ってた写真・・・ペットの里親センターです

f0157724_19590652.jpg
ぬいぐるみに混ざって、本物の猫がいました



さあ、チェルシーマーケットまで来たら今度は庭園のお散歩です。

古くなって今は使われていない高架を、緑化して延々と続くお散歩道にしたハイラインへと向かいます。

f0157724_19592072.jpg
高架下にはあちこちでポップアートの作品をパロディ化した絵が売られていました


f0157724_19593324.jpg
使われなくなった線路とは思えない、変わりよう

f0157724_19594395.jpg
脇を見ると本物の線路が残っています

f0157724_19595411.jpg
こうしてみたら分かりやすいですね

延々と歩いて上からNYを眺めつつ、緑を満喫しました。


さてさて、この日は1日歩き通しだったので夜はガッツリお肉を堪能。

という事でステーキハウスに予約。

有名店Peter Luger とSmith & Wollenskyのどちらか迷ったのですが、今回は後者にしました。

f0157724_20001453.jpg
お肉はNYカットを注文

店内は昔ながらの作りをそのままにした、とても重厚な雰囲気です。

zz達のテーブルはこの店に勤務して40年というラテン系のノリがいいおじさんが担当してくれました。

焼き加減をレアで注文したのですが、普段 al sangue (表面を軽く焼いただけ)で食べるのが好きな私にとってはちょっと焼きすぎでした

この場合は「ブルー」と注文するのが正しいようです。

NYでいいなと思ったのは、高級店にせよ安いお店にせよ食べ残した分を全てドギーバッグにしてもらえる点です。

臆することなくお持ち帰りできるのは良いですね。

どの部位も上の写真くらいの大きさで一人前なのですが、多すぎるという人はフィレ肉を頼むとちょうどいいと思います。(丁度半分くらいの大きさでした)

そうそう、日本から行く場合はそうでもないのかもしれませんが、ヨーロッパなどからNYに向かう人はどんなに暑い季節でも是非一枚羽織るものを持って行ったほうがいいです。

あらゆる場所で冷房が恐ろしく効いていて、風邪をひきそうなくらいでした。

NY在住の女性と話す機会があったのですが、彼女いわく

「周りを見てごらんなさい、みんな太っているでしょう?彼らはこの冷房を寒いなんて感じないの。」

ということでした。まあ、確かに一理ありますね。


f0157724_20000355.jpg
夜のマンハッタン

子供連れだったのでクラブなどには行っていませんが、大きな通りはどこも明るくて安全だったマンハッタン。

駆け足でNYを観光した後は、本来の目的地 サント・ドミンゴへ向かいます。














[PR]
by outlawroma | 2017-09-07 22:31 | バカンス | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30