カテゴリ:海外で作る和菓子( 8 )

f0157724_02311521.jpg
黒蜜や豆乳の作り方も載ってるよん





先日のブログで書いたように、zzの和菓子の本の記事が新聞に掲載されましたよ♪

1日遅れで販売されるので、今日買ってきました。

じゃん

f0157724_22415091.jpg

いやん、嬉しい❤️

ガンベロロッソでお料理番組やった時より嬉しいかも。

実家の両親に送って喜んでもらおうと思います。

という訳で、今日は本の内容を宣伝⭐️

f0157724_22442592.jpg
そう言えばお饅頭の皮が黄色くならないように、色々苦労したなぁ…




最初にイタリア語で作った本を日本語に訳した感じなので、日本語版とイタリア語版の内容は挨拶とあとがきを除けば全く同じです。

早く英語版も何とかしたい。。。

まずは基本のあんこや求肥の作り方から始まります。

続いて餅菓子、寒天菓子、焼き菓子&蒸菓子、和風の洋菓子とレシピが続いてゆきます。

f0157724_18275393.jpg
出来立ての栗饅頭は皮がサクサクで美味しい♪

目次は以下の通り

和菓子の基本

つぶしあん

こしあん

しろあん

求肥

白玉団子

粉寒天

棒寒天

豆乳

黒蜜

餅菓子

大福

焼き大福

桜餅

八つ橋

わらび餅

みたらし団子

ぜんざい

ねりきり

寒天

練ようかん

水ようかん

イチゴの寒天

あんみつ

琥珀糖

焼き菓子と蒸菓子

ウサギ饅頭

栗饅頭

きみしぐれ

どら焼き

カステラ

蕎麦ぼうろ

フォーチュンクッキー


洋風の和菓子

抹茶ティラミス

豆乳プリン

ほうじ茶プリン

チョコ大福

抹茶ケーキ

黒糖、きな粉、米粉のケーキ

おからのケーキ

抹茶味のテゴレ

生姜の砂糖漬け

お茶

抹茶

ほうじ茶



f0157724_18291180.jpg
八つ橋は切れ端をつまみ食いするのが楽しい

おまんじゅうの包み方などちょっと慣れが必要な部分もありますが、書いている通りに作れば美味しい和菓子が出来上がります。

和菓子の本って参考に幾つか買ってみたのですが、思い切り端折ってあるかすごく本格的で一回作ったら二回目作るのは勇気がいるくらい面倒臭いかに分かれるようです。

zzのはその中間。

なんせ寿司屋で仕込みの間を縫って作っていたのですから、お金を払って頂く価値のあるお菓子を出来るだけ手早く作れるように工夫したものなのです。

子供会のバザーや、学校のお持たせ、大事なお客様を招いたディナーや和食レストランのデザート、そしてお茶のお稽古時に食べるお菓子として色んな方々に役立てて頂きたいレシピが満載です。

f0157724_02264415.jpg
薄氷だって、なんのその




それぞれのお菓子にはちょっとした説明をつけているので、その部分も是非活用して欲しいという願いを込めています。

元々はキチンとした和食を知らないまま寿司職人になった外国人の寿司シェフや和食レストラン経営者、欧米料理のシェフ、パティシエの人への新しいアイディアの種となることを祈って作った本ですが、和菓子をあまり作ったことのない日本人の方にもきっと便利なはず。

zzの愛情と今までの経験から得たヒントがいっぱいです。


本はiBooks storeで世界中から買う事ができます。

Mac か iPadから(iPhoneからも読めるようになりました!)読む事ができるようになっています。

残念ながら今の所まだKindle版は製作途中ですが、興味がある人は是非iTunesでチェック🌟&🌟購入してみて下さいね。

恐らくイタリア以外の国からは上のリンクから直接本を販売しているページまで飛ぶ事はできないと思うので、iBooksのアプリを開いてからストアへ行き、そこでwagashi 或いは Machida Ayako を入力して検索して下さい。

限られたシンプルな材料を使って、できるだけ本格的な、そしてバリエーションに富んだ和菓子のレシピ満載です!!!

ZZのフェイスブックHPも良かったら遊びに行ってみてね⭐️

レシピブックの詳細:
イタリア在住の方はこちらから
それ以外の国にお住いの方はiBooks→ストア→wagashi 或いはAyako Machida で検索








[PR]
by outlawroma | 2015-06-26 21:28 | 海外で作る和菓子 | Comments(2)

海外で作る和菓子!

f0157724_18124837.jpg
この桜餅の皮、レシピ通りに作ったらびっくりする美味しさなんだから♪




先日、和菓子の本の取材を受けました♪

実は3月頃にイタリア語と日本語で和菓子のe-bookを出版したのですが、そういえばブログで宣伝していませんでしたね。

明日、6月23日の読売新聞海外版に載る予定です。

ヨーロッパで販売される欧州版だけでなくバンコク、上海で売られるアジア版にも掲載されるという事なので現地にお住いの方の目に触れる事を期待しています。

f0157724_18291983.jpg
白玉粉を茹でただけのものとは違う、歯切れの良い本格的なみたらし団子だって作れちゃうよ



本はiBooks storeで世界中から買う事ができます。

Mac か iPadから(iPhoneからも読めるようになりました!)読む事ができるようになっています。

残念ながら今の所まだ Kindle版は製作途中ですが、興味がある人は是非iTunesでチェック🌟&🌟購入してみて下さいね。

恐らくイタリア以外の国からは上のリンクから直接本を販売しているページまで飛ぶ事はできないと思うので、iBooksのアプリを開いてからストアへ行き、そこでwagashi 或いは Machida Ayako を入力して検索して下さい。

限られたシンプルな材料を使って、できるだけ本格的な、そしてバリエーションに富んだ和菓子のレシピ満載です!!!

ZZのフェイスブックHPも良かったら遊びに行ってみてね⭐️

レシピブックの詳細:
イタリア在住の方はこちらから
それ以外の国にお住いの方はiBooks→ストア→wagashi 或いはAyako Machida で検索









[PR]
by outlawroma | 2015-06-22 18:36 | 海外で作る和菓子 | Comments(2)

和菓子の本

f0157724_215581.png


さて

今年の春以来、ずっと和菓子の本を作っています。

写真を撮るところまでは結構すんなりいったのですが、その次のレシピの翻訳に恐ろしいまでの時間と忍耐を奪われ

レイアウトの難儀さに全てを放り出したくなった数ヶ月を経て

今もまだ、奮闘中です。


ゆるい人間なもので、壁にぶち当たったらガッツで乗り越えるということが出来ない

でも、そこはしつこさでカバー♪

ほとぼりが(何のほとぼりかは知りませんが)冷めた頃に、再び無邪気にトライし続けております。

ebookとはいえ、なかなか大変ですね本作りって。

いろんな人にアドバイスをお願いしても、大抵は「本を作った経験がない」 か 「アイディア以上の仕事はプロにやってもらいなさい」 のどっちかしか返事が返ってこないのは、やっぱりそれなりに難しいからなんでしょう。

でも、プロに任せたところで思う通りのものができるわけではないので、やはり自分で何とかするしかありません

残るはレイアウトと写真の加工のみ。

机の上はこんな感じ 

f0157724_1581287.jpg


プロがどのように仕事をするのかなんて想像もつきませんが、zzはちまちまとほとんど手作業とも言える地道なやり方を編み出して前進しています

とりあえずはイタリア語で、その次は英語に翻訳してibooks store にアップする予定。

kindleは別のフォーマットなので、そういえばそっちも何とかしなくては。。

今年中に何とかなるかな?

頑張ります。
[PR]
by outlawroma | 2014-11-15 02:20 | 海外で作る和菓子 | Comments(0)

イタリアで和菓子

f0157724_18574675.jpeg


何と最近四年近く働いていた(!)レストランを辞め、久しぶりにお気楽な生活を堪能しています。

とはいえやりたい事は一杯♪

その一つが和菓子の本作り。

f0157724_3572485.jpg


四年間ローマで見つかる材料だけで和菓子を作る日々を送った、その経験を生かして本にしたいと思うのです。

お陰で微妙に違う配合のカステラだらけの日々を送ったり

こんどは桜餅に囲まれたり

ある意味、幸せで甘い日々なのですが。

ちなみに今日はショウガの砂糖漬けを試作しました。

普通に砂糖漬けじゃつまらないので黒糖を使って、クルミも加えたりして

なんかあんまり和菓子っぽくないような気もしますが、熱いお茶と一緒に食べたらこれが止まらない美味しさ。

f0157724_18510971.jpg
白いお砂糖を使って生姜を大きく切り、クルミを入れずに作れば、ごく普通の出店とかで売ってる生姜の砂糖漬けが出来上がります。

これからまだ暫くの間、色んな和菓子に囲まれた日々を送る予定です。
[PR]
by outlawroma | 2014-03-22 04:09 | 海外で作る和菓子 | Comments(0)

お菓子教室

f0157724_185441.jpg


昨日はZZが働いているレストランで、和菓子の教室を開きました。

作ったのはアンミツ、練りきり、ウサギのおまんじゅう♬

二時間の教室でしたが、こしあんの作り方から練りきりの飾り付けまで、なかなか盛りだくさんな内容で充実した時間を過ごすことが出来ました。

イタリア人に和菓子が受け入れられるかなぁ。と心配でしたが、意外と皆興味津々な様子でしたよ。
f0157724_18494198.jpg

[PR]
by outlawroma | 2011-05-09 18:49 | 海外で作る和菓子 | Comments(0)

ガンベロ ロッソ

f0157724_1595566.jpg


うふふ

なんと、ガンベロ ロッソ でお菓子を作ってきましたよ♪

zzが働いているレストランにSKYのガンベロ ロッソ チャンネルからお声がかかり、シェフ☆遠藤はお寿司関係を、そしてzzは和菓子と家庭料理を作る事になったのです。

話を聞いた一週間後に撮影をするといわれ、準備もままならないままenrico fermiにあるガンベロロッソへGO ♪

まずはシェフ☆遠藤が一日かけて4品。昨日はzzが4品を作ってきました。

ドキドキしたけど、とてもスムーズに楽しくお仕事が出来てよかったです。

放送は六月ごろに一品ずつ4回に分けてされるようです。

途中でzzがいっぱいいい加減な事を言っているはずなので、まっとうな日本の料理人さんが見たら怒られそうです。

ぐふふ

でも楽しかった♪


では
[PR]
by outlawroma | 2011-05-05 02:10 | 海外で作る和菓子 | Comments(2)

練り切り☆

f0157724_341954.jpg


和の生菓子といえば、やはり練り切り。

とうとう練りきりに手を出しました。

まずは白いんげん豆でこしあんを作るところからスタート。

豆を水につけて、ふやけたら皮を全部むき、ゆでて渋きり、しっかり煮えたら漉して水に何度もさらして、生餡が出来たら砂糖を入れて練り上げ・・・


とまぁ、こし餡はとりあえずいつも作っているのでクリア。

大福も作るので、幾つか丸めておきました。

f0157724_3461878.jpg


求肥を作って、量ったこしあんに加えたら練り上げます。

f0157724_345214.jpg


一部に色をつけて、白と桃色の生地をあわせます。

f0157724_347747.jpg


茶巾に絞って形を整えたら、模様を入れて出来あがり。

と、トップの写真のような練り切り達ができました。

難しいです、とっても。

職人さんのようなきれいな模様をつけることが出来る日は、まぁ遠い未来の事でしょう。

余った求肥とさっきの白餡でキナコ大福もついでに作りました。

f0157724_349294.jpg


いやー、和菓子を作るようになって思うのですが

和菓子はご飯前につまみ食いするもんじゃありませんな。

とても甘いので、満腹中枢が刺激を受けて食事を受け付けなくなってしまいます(笑)

そんなわけで、今回は練り切りの紹介でした。

最後に朝、布団からどうしても抜け出せないスモーキーさんの写真をどうぞ。

f0157724_3513856.jpg


最近突き止めたのですが、スモーキーは昼の3時までベッドから降りてこないんですよ。

うらやましい限りです
[PR]
by outlawroma | 2010-11-17 03:54 | 海外で作る和菓子 | Comments(2)

和菓子♪

f0157724_21545326.jpg


うふふ。

最近のZZは和風のお菓子作りに精進中です。

トップの写真は今働いているレストランで出しているお菓子。
なんとお店のドルチェはZZに作らせてくれるのです。

うれしー

お寿司やお刺身はまだ見習い中ですが、お菓子作りなら30年近いキャリア(?)がありますからね。
どんと来いです♪

写真のお菓子たちは、りんご大福、ほうじ茶のプリン、抹茶のチーズケーキです。

りんご大福は白こしあんを作って、その中にりんごをシナモンと一緒にやわらかく煮てピュレ状にしたものを混ぜました。周りの粉はきな粉です。

香ばしいほうじ茶のプリンには黒蜜をかけて、NYスタイルのチーズケーキにはちょっと多めに抹茶を入れて上に小豆を飾ってみました。

数日から一週間で内容が変わってゆくので、(私が毎回違うものを作るせいなのですが)盛り付けをするのがとても楽しいです。

ちなみに今は美味しいお饅頭を研究中。

f0157724_21441078.jpg


蒸し饅頭なのですが、美味しいお饅頭の皮ってなかなか難しいですね。

ローマでZZの作ったお菓子が食べてみたい人、或いは美味しいお寿司やお刺身が食べたい人は、ぜひこちらのレストランまでどうぞ。

お店の半分は本屋さんとギャラリーになっていて、イタリア語に翻訳された、いろーんな日本の小説や、日本に関する写真集、日本人による手作りのアクセサリーなどが販売されています。

そしてギャラリーでは生け花や墨絵といった様々な習い事、日本映画や日本の作家に関するイベントが常に行われていて、とてもステキな文化交流の場でもあります。

お越しの際は「キッチンで働いている女の子のブログを見てきました。」と言ってもらえれば、zzもご挨拶に中から顔を出しますよ。

Doozo art book & sushi
Via Palermo 51-53, Roma
06 481 56 55

via palermoはvia nazionaleを下って左手に平行に通る道です。
とてもシックなお店でちょうちん等は出ていないので、番地を覚えていくと見つけやすいです。
[PR]
by outlawroma | 2010-11-06 21:56 | 海外で作る和菓子 | Comments(4)