カテゴリ:生活( 450 )

和風ブルスケッタ

f0157724_21590351.jpg
色がキレイなので食卓が華やかになります


さてさて、レモンのセミフレッドに続き今日はもう一品紹介してみたいと思います。

すごく簡単で、外国の食べ物に慣れていない人にも受け入れやすい前菜です

海外で和風の食べ物を出すとなると、日本食を現地の材料でアレンジするか、現地の料理に日本の材料を使って異国風にするかの二者択一しかないのですが

色んなレストランで斬新な料理に慣れている一部の人を除き

食べ物に保守的なイタリア人相手の場合、後者は結構気を使います

パスタのソースなどで本来裏ごししたトマトを使うところを、刻んだトマトで作っただけでも間違った食べ物と嫌な顔をする人だって少なくないイタリア

が、今回はあえて後者を選びました

作り方はとっても簡単

材料

パン 

枝豆 (豆だけ、茹でたやつ)
豆乳 (別に牛乳でもリコッタでも何でもいいけどね)

アンチョビー
トマト
黒オリーブ


枝豆をミキサーなりフードプロセッサーなりでクリーム状にします。
途中で塩と豆乳少々を加えて、好みの硬さ&味に調節。

薄切りにしたパンをオーブンかグリルで焼いて、枝豆のペーストをぬるだけ。

トッピングにアンチョビーやトマト、オリーブを。


これはガッツリ食べたい系の人が集まるときではなく、ちょっと気取ったアペリティーヴォなどに小さめのポーションで出すと成功する確率が高いです。

従って、ニンニクは使いません。

気取った場ではどんなに美味しくても、ニンニクと玉ねぎを使っているとわかると誰も手をつけない可能性があります。

このブルスケッタは枝豆ペーストが比較的ニュートラルな味なので、ある意味受け入れやすく

ある意味退屈・・・

と言うことで、美味しいと言わせるにはやはりイタリア食材勢にも頑張ってもらわねばなりません。

そこで

パン ローマならpane di Lariano が好まれます

オリーブ これまたローマならGaeta の黒オリーブ、種を抜いてね

アンチョビー zzのオススメはRizzoli、どこでも売ってるし美味しい

トマト 大っきいのを刻むより、小さくて味の濃いトマトを市場で味見して買う(ローマなら1kg6ユーロくらいすることも多いけど、大した量使わないのでここは絶対にケチらず!)

美味しいトマトが見つからない時は、ドライトマトを使うのも手です。


f0157724_21582759.jpg
和風と言うと、結構な人がワサビの緑だと思って恐る恐る食べるのが面白い☆
でもちゃんとトライする辺り、魅力のある一品なのでしょうね


と言うことで、簡単に作れて見栄えが良い、そしてある程度ボリュームのあるおつまみの紹介でした。






[PR]
by outlawroma | 2017-04-19 00:08 | 生活 | Comments(0)

イタリアの女子会

お久しぶりで御座います、あっと言う間にもうパスクアですね。

暖かくなり、zzもちょろちょろとケータリングの仕事をこなしておりました。

f0157724_03301091.jpg
女友達だけのパーティー
真ん中に一人男性の幽霊が写り込んでいますが、さらっと無視しましょう♪


今回のクライアントは1年くらい前からお付き合いのある女性です。

とてもゴージャス☆素敵なお宅なので

キッチンも大きくて大変使い易い・・・・と、ウキウキして到着したその先には


畳1.5畳分くらいの広さのキッチンテーブルが全て塞がり、床には子供の靴が散乱、果ては女の子が床に転がり泣きわめき

肝心の女主人はパジャマ姿で家政婦3名に指示を出しつつ、めちゃくちゃテンパっている光景が繰り広げられていました。

小さなお子さんのいる家庭では、子供達が大泣きして駄々をこねたり家中を走り回っているのはごく普通なのですが

まさか、キッチンが使用不可能な状態とは!

これは初めてです。お寿司を置く場所もありません。

あと1時間でパーティーが始まります、そしてzzは複数の前菜を盛り付けてチキンの照り焼きも作らなくてはいけません。

しかも、60人分。

使えるはずの盛り皿は、ほとんどありません。

f0157724_03303002.jpg
この後、彼は靴のまま冷蔵庫によじ登りお目当てのものを捜索♪

なんてこったい、と思いつつも

しかし、ここで私が焦ってはただでさえギリギリなホステスの奥様が可哀想です

ぐっと堪えて平静を装い、奥様が自分で手作りしようとしていたおつまみをセッティングするお手伝い

そしてようやく自分の仕事に手をつけることができました。

f0157724_03302545.jpg
zzのアシスタント女性も、盛り付けにてんやわんや
現場では最初の2時間が勝負です


ギリギリセーフで女主人が着替えて化粧をし、しばらくするとお客さんたちが集まります。

キッチンの外では女性たちのかしましい声が響き、DJが音楽をかけ始めました。

一人しかいないバーテンダーは、全員分のドリンク作りに翻弄されています。


f0157724_03301686.jpg
リクエストされた焼きそば
毎回大きな業務用フライパンが使えるとは限りません


女性だけのパーティーということでしたが、つまりは女子会。

(声をかけて集まる女友達が60人以上もいるって、それも凄いですが)

この後は歌手が歌いだし、それに合わせてカラオケが大合唱され、最後には皆さん汗だくで踊り狂っておりました。

男性だけのパーティーでは、こうはいきませんよね。

あんまりお酒が入らなくてもこんなに盛り上がれるなんて、感服です。

平日ということもあり、夕食ではなくアペリティーヴォだったのでこの日は早めに切り上げました。

お家に帰ってみると、そこにはたらふくご飯を食べて動けなくなった友人ジェシカとマウリツィオがzz達を迎えてくれました。

f0157724_03304498.jpg
マウリツィオがzzの為に持ってきてくれた、タマゴ!

zzが食べて感想を言うのを待ってた、って、つまり今食えってこと?


背毛ごうごうな写真のおじちゃんが、鶏を育てている人だそうです。

なんでもヤギのミルクを飲んで、原っぱを走り回った鶏達が産んだタマゴとかで

食べた後には口の中にヘイゼルナッツの風味が広がる、それはそれは素敵なお味なのだとか

f0157724_03312662.jpg
ちょっとおじちゃん、お洒落じゃん!



腹ペコだったので、とりあえずその辺のアスパラガスと一緒に調理

f0157724_03315952.jpg
なんか朝ごはんみたいな夕ご飯なんですけど・・・


タマゴはとても新鮮で、黄身は大変濃厚な味でした。

残念ながらヘイゼルナッツの味はしなかったよ、おじちゃん。

空きっ腹にいきなりタマゴを突っ込んだ後は、ようやくお寿司タイム

最後の力を振り絞って、飛び切りゴージャスな太巻きを作ってこの夜は幕を閉じました。

そんな訳で、ブログの更新は滞っていますが私は元気です。


















[PR]
by outlawroma | 2017-04-17 06:17 | 生活

お金の向かう先

f0157724_23295950.jpeg
日本初の暗号通貨☆モナーコイン

もう随分と前から、お金というエネルギーに興味津々なのですが

ココ最近はそれが姿を変え始めたのではないかと思うようになりました。

もちろん実際に貨幣が消えるなんてことは、そうそう簡単には起こらないと思いますが・・・

現物の貨幣から、目に見えない状態でのカードやネットバンキングによるお金の利用が増え、お金が動き回るスピードは本当に早くなりました。

私にはそんなスピード大好きなお金のエネルギーが、滞った経済の中で突破口を開こうとしているように見えるのです。

FXをしていると、ビットコインやリップルと言った仮想通貨(暗号通貨と意味は同じです)が結構な早足で存在感を増してきている事に気がつきます。

公的に価値を認められていないから、とタカをくくって見ていた人達でさえも無視する事は出来ない状態です。

3月にはビットコインが上場投資信託(ETF)に加わるかどうか、の発表がされる事になっています。

もし加わったら一気に価値が上がるでしょう。

が、今はまだ物々交換や寄付のレベルで扱われているので、早い話がビットコインでやりたい放題な状態です。

つい最近、数年来ネット上で知り合いだった人が「めっちゃいいお金儲けの方法❤️」みんなにも教えちゃおっかな。的な記事をあげていたのですが、ふと気になって軽く調べてみたら複数のビットコインを使ったお金儲けサイトがヒットしました。

とりあえず2個紹介

Right Rise 
*イギリス国家との契約により、交通違反の罰金の40%がライトライズに支払われる。ここの株を買えば1日に1%の配当が入るという仕組みだそうです。

Bit Region
*こっちも似たようなもんで、日利1%、月利30%で寄付したお金も満期が過ぎれば引き出せるというもの。

何をどう考えても怪しいので、一般常識のある人は開けてすぐに閉じるであろうサイトです。

私も取り敢えず概要をフンフンとよんで、何これ詐欺じゃん。と思った口なのですが、このネズミ講とボンジースキーム(古典的な詐欺の手法)を足して2で割ったようなシステムが、こんなに普通に、そして堂々と世の中に出回っている事実に少し驚いています。

ライトライズなんて、イギリス国家と契約を交わしているなんて書いてありますが、(あ、勿論本当なのかもしれませんよ?笑)こんな事を公に公表してお金を吸い上げようとしている人を放っておくの?

と不思議に思ったのち、まあ、でもビットコインだしな。とあっさり納得。

仮想通貨で株を買ったり寄付を募っているだけなのですから、これでなんか起こってもキチンとした機関が動いてくれるとは思えません。

そして投資している人たちも、恐らくその事は100も承知なのでしょう。

どちらも数カ月以上存在しているようなので、ネズミ講の効果もあってzzの知り合いの所にまで広がって来ているわけです。

あらゆる投資と同じく、素人が話題にする頃にはピークを過ぎた状態な訳ですから、もうすぐ消えて無くなる可能性は大です。

知ってる人が10万円を数カ月であっという間に数百万とかに増やしてたら、そりゃ5万か10万くらいは自分も預けてみようかなという気を起こす人が出てきてもおかしくはありません

立ち上げた人と、最初に飛びついてさっさと投資したお金を回収してしまった人以外は、ある時突然サイトが増やしたコインごと消失してガッカリということになるわけですが

お金のエネルギーは、こういうスピードが大好きなのかもしれないと思ったのでした。

勿論サイトは数年続く可能性もありますし、そうなれば利益を出す人も増えてあながち詐欺とも言えなくなります。

今後こういった一見ネットゲームに見える詐欺まがいの投機サイトが、すごいスピードで出てきては消えしてゆくのではないかと思います。

ところでさっき出てきたponzi scheme ポンジースキーム、これは入ってきたお金をそのまま利子に当てるもの。

100ユーロ投資して1%の利子を毎日受け取れますよ、というのならその利子はつまり自分が投資したお金をちょっとずつ受け取ることになります。

そして100ユーロが尽きるまでに別の誰かが投資して、と、入ってくるお金が続く限りすごい額の(利子を引き出さずに複利で増やせばそれはもう、びっくりする額の)お金を受け取り続けることが出来ます。

勿論途中で投資した元本を利子と共に引き出す人も出てくるわけですが、その数が増えると今度は入ってくるお金とのバランスが取れなくなって破綻するのが普通です。

これ、どこかで聞いたことないですか?

そう、日本の年金がこのシステムなのです。

年金を払う人が少なくなってきたから、受け取ることが難しくなってきてますよね。

年金は全てが入ってきた分から出て行くだけではなく、一部は増やすために運用されていることも事実です。

運用ですよ、因みにzzのやってるFXも資産の運用です☆


その年金の運用をやってるの、誰か知ってる?

天下りをした人達なんだよ。

世界の投資家達がシノギを削ってる中で、いったいどんな運用してるのかな。

こうなったらもう、何が詐欺で何がちゃんとしたことなのか、分かんなくなってきちゃった。

ホント怖いよね、世の中って。














[PR]
by outlawroma | 2017-02-26 03:26 | 生活 | Comments(2)

鉄板☆チョコケーキ

f0157724_02085131.jpg
今日はチョコレートケーキを作りました☆



チョコの話題に入る前に

前日にアップした大根、朝起きてみたらあまりにも無残な状態だったので、ちょっとトリミングしてみました。

f0157724_02083444.jpg
ちょっとは綺麗になった?


ビフォー写真はこちら

f0157724_20131699.jpg
あ、なんかこっちの方が武骨でカッコイイかも

何れにせよ、これだけ手でこねくり回した後の大根の上に「お刺身でも盛ってみようかしら?」という気にはサラサラなれないので、今後再び作る可能性はかなり低いです。


さっ、チョコの話。

大根の次はチョコレートのケーキをつくってみました。

もうすぐバレンタインですね

チョコレート好きの彼に、ぜひ作ってあげたいのがトップのケーキ。

作った人は恐ろしくて食べる事がためらわれる、爆弾のようなケーキですが

これを食べて「おいしくない」というチョコ好き西洋人は恐らく誰もいないと思います。

なので、いざという時のデザートに作っても良いと思います。

ではレシピ

ケーキの生地
全卵             2個
チョコレート(フォンデンテ)200g
バター            70g
砂糖             30g
小麦粉            50g
ベーキングパウダー     小さじ1
コアントロー(ブランデーやラムでもok) 大さじ2〜3杯

クリーム
鉄板トリュフの記事参照

生クリーム適量 (これは絶対にあった方が美味しい)


作り方
全卵を砂糖と共に白っぽくなってふっくらするまで泡立てる。
60度の湯煎で一緒に溶かしたバターとチョコレートを卵に投入。
ある程度混ざったらふるった小麦粉とベーキングパウダーを投入。
ムラなく混ぜて、直径15cmの丸型2個に分けて流し入れる。
170度に温めたオーブンで15分程度焼く。
オーブンから出してすぐ表面にコアントローを振りかけて、冷ます。

*焼き上がりの目安は、ベーキングパウダーの反応が完全に終わっている(ひび割れて膨らんでいる)ものの、中はねっとりした状態。

チョコレートのお菓子はチョコさえ美味しければ大抵外しません。

f0157724_02085884.jpg
今回使用したのはvenchiのチョコ、二種

そのまま食べて美味しいチョコを使いましょう。

では、鉄板トリュフのフランスのレシピでクリームを作ります。

フランスのレシピって、えらい雑なネーミングをしたものですがこれはとある有名フランス人シェフのレシピです。

イタリアのレシピは行きつけのレストランのシェフに教えてもらったもの。

出来上がったトリュフは少し硬くなったあたりでケーキに挟みます。

残ったトリュフを湯煎で緩めて、上から流しかけたら出来上がり。

f0157724_02090471.jpg
被写体のケーキが許せない、ナルシスト☆スモーキーがちょっかいを出しにきました

この後鼻についたチョコをなめて、おえーっってなってた(笑



最後に好みで泡立てた生クリームを添えます。


ケーキを作った事がある人なら分かると思うのですが、すごく簡単です。

でも、ローマのその辺のお菓子屋さんではまずお目にかかる事のないレベルのケーキができます。

f0157724_02084321.jpg
なんつったって、ほら、原価に対して大きさ小さいからね


写真を見たらわかると思うのですが、このケーキは切ると中がもうどこからケーキでどこからトリュフなのか分からない

とんでもないヘビーなテクスチャーです。

夕食の後に出したら、その日のゲスト全員から絶賛を受けること間違いなしです。

ちなみにケーキ小さいから、最後は取り合いになる可能性大。

ぜひ一度、お試しあれ☆




















[PR]
by outlawroma | 2017-01-26 02:58 | 生活 | Comments(0)

大根にて候

皆々様、あけまして大変めでとう御座います。

今年もzzのゆるいブログに、お付き合いのほどよろしくお願い致します。





昨夜はふと思い立って輪違大根なるものを切ってみました。


f0157724_20122771.jpg
なんかちょっと苦しそう



何故かというと、正月早々風邪でダウンした折「カブを買ってきて」とお願いしたらどういう訳か大根がやってきて、そろそろカビが生えてきたので、飾り切りの練習でもしてやろうと思ったのです。

f0157724_20124110.jpg
一本の大根を鎖状に切り出すのが、輪違大根




お手本はこちら

f0157724_20133575.jpg
江戸時代の料理本とやらに載っておりました


それにしても、zzの大根とだいぶ違う感じが・・・


f0157724_20124756.jpg
どうやら大根の太さそのものに問題があると気付くものの、時すでに遅し



日本の身がしっかり詰まった、柔らかなぶっとい冬大根でやるべきものなようです。

イタリアの夏大根並みに細い、スの入りまくったカスカス大根ではあんなまん丸い輪っか、無理。

f0157724_20144832.jpg
どうやらこれが正しい輪違大根


f0157724_20130282.jpg
鎖を一つずつ外して行きます

ともあれ、乗りかかった船

作り方自体はさほど難しくもなく、それどころか、途中までは結構ちょろかったのですが

鎖を切り離してゆくところに差し掛かり、大根の細さがネックとなって四苦八苦

しかも、この肝心要の部分はどこにもやり方が見つからなかったので、自分でもどうやって切り離したのか未だに謎

やり始めて1時間くらい経った頃でしょうか、もはや何故真夜中にこんなことをやり始めたのか自分でも分からなくなった辺りで、ようやく出来上がり。

f0157724_20131699.jpg
角を削って丸くするとか、もうどうでも良くなった

早くこの大根から解放されたい、その一心でさっさと写真を撮って大急ぎで温かなベッドルームへと逃げ込んだのでした。

という訳で、今年もあんまり意味のない事で満載な一年になる予感、ムンムンです。

皆様も、お風邪などお召しにならぬようご自愛ください。

誰かが大根を二本とか買ってきて、貴方も輪違大根を作り始める羽目になるかもしれませんよ。













[PR]
by outlawroma | 2017-01-24 20:39 | 生活 | Comments(0)

後戻り出来ない事

f0157724_22574406.jpg
かれこれユースキンのお世話になる事、7年。


この間、日本人の友人とお喋りをしてた時にスプレーの話になりました。

髪の毛を巻く時に先にスプレーするか、巻いてからスプレーするかを説明しようとした彼女だったのですが

「だからね、最初にきちんと巻いてからスプライを・・すぷ、ス、スプ・・・・レー?あれ? えっとごめん、スプライをね・・・」(どうやら彼女の中で、正しいのはスプライと判定された模様)

と、しどろもどろになっていたので

「うんうん、スプレーね。そんで?」

と、話を続けたのですが

普段日本語を使わない生活をするようになって、一番困るのが「外来語」です。

日本語そのものを間違う事はネイティヴなので有り得ないのですが(本当か?と胸に手を当てればそうとも言い切れないのが辛いのですが)

でも、アルファベットを使う国に住むと単語が外来語の場合はなおさら、きちんと発音しないと通じません。

(一番困るのは人の名前をカタカナで覚えてる時・・・これは発音だけでなく、アクセントも違ってくるのでさらにややこしい)

にも関わらず日本語での外来語というのは、聞こえる音に重きを置いたカタカナ文字になっている事が多いので、久しぶりに頭の引き出しから引っ張り出してきた時に、どう発音して良いものやら迷う事が多いのです。

友人とはその後、PCとMacの事をどっちもパソコンという日本風の癖をようやく直したと思ったら、今度は日本で「コンピューター」という言葉を使って恥ずかしい思いをした事など、お互いを慰めあったのですが。

私も数年前に日本に帰った時、お母さんに薬局でユースキンを買ってきてね、とお願いした折に

「なんてクリーム?」

「ユースキン」

「え?』

「ユー すきん」

ゆー・・・きん??

「・・・・・」

もはや、親子なのに日本語が通じなくなってしまった原因が全く分からなくて、お互いに目を見開いたまま見つめ合い、途方に暮れていたところ、母に

「ごめんね、zzちゃんの発音が良すぎて、お母さん分からん・・・・・」

と、言われてしまったのです。

発音て、ユースキンなんてバリバリの和製語じゃん。

これではいかんと思い、ユースキンを取り出してケースの文字を見せたところ

「ああ、なーんだ。YU-SUKIN ね、オッケー」

と、即座に解決。

日本語では全ての子音の後に、何が何でも母音をつける傾向があるのだと、この時初めて実感したのでした。

SKINではなく、SUKIN と言わなくてはいけなかったのです。

イタリア語がネイティヴ並みに話せるのならまだしも、このままでは唯一完璧なはずの母国語が危うい。と、微妙に心配になったものです

そして今日はイザベル・アジャーニー の名前を出して「イザベル・アジャニー」と指摘を受け、さらに宙ぶらりんな気分で辛いです。

はあ、なんだかな。






[PR]
by outlawroma | 2016-12-08 23:36 | 生活 | Comments(0)

f0157724_03113085.jpg
大家族だと移動はバスが便利

さてさて、最近映画の記事をちょくちょくアップしてますが

今回もすごく素敵な映画を見ました。

Captain Fantastic 、主演の俳優さんはこちら

f0157724_03121016.jpg
もっさいヒッピー崩れみたいなオッサンだと思っていたら、途中ヒゲの下からすごいいい男が出てきてビックリした


家族を主題にした映画です。

f0157724_03114963.jpg
大自然の中、世俗から遠く離れた生活をする父と子供達


6人の子供を一人で育てているお父さんなのですが、その教育方法が何とも考えさせられるのです。

f0157724_03122237.jpg
肉体的、学術的に並外れたレベルの教育を受ける子供達


子供には嘘をつくことがなく、意見が違う人たちにもオープンな姿勢を見せる父親

f0157724_03124151.jpg
物語は、母親の死から始まります


感情を隠さず、自分たちの疑問や考えを堂々とぶつけてくる子供達がとても可愛くて、ちょっと胸を打たれる部分もあります。

f0157724_03123555.jpg
それぞれのファッションがこれまた可愛い


母親のお葬式に出るため、金と欲、そして嘘にまみれた現実世界へ足を踏み入れる家族。

f0157724_03142316.jpg
一般家庭での食事にてショックを受ける、一般人たち



f0157724_03281458.jpeg
次第に自分の極端な教育方法に疑問を抱くことになる、父


あまり詳しく内容を書いてしまうとあれなので、トレイラーでもちょろっと貼ってお茶を濁すとしましょう。



トレイラーじゃあんまり雰囲気が伝わらないのが残念

とにかく明るくて、可愛くて、ちょっと考えさせられる、ハッピーエンディングな映画なので年頃のお子さんを持つ年代の人にオススメです。


f0157724_03132736.jpeg
家族の絆の大切さと子供達の強さがビシバシきます









[PR]
by outlawroma | 2016-12-06 03:38 | 生活 | Comments(0)

強い女性

昨夜、友人カップルとともに夕食を食べていた時のことです。

同席していたフランカさん(zzの彼氏のお母さん、83歳)が、ちょっとむせました。

ゴホゴホ言っている彼女を、zzと彼氏は無視。

こういう時、気にしてほしい人と逆に無視してほしい人がいるものですが、彼女は後者なのです。

が、友人カップルはまだフランカさんのことを良く知らなかったようで、段々と心配をしだしました。

友人     (zzの彼氏に向かって)
       「おい、水を持ってきてあげたらどうだ」

フランカ   「いえいえ、大丈夫ですよ」

zz&彼氏    無言
       (水?フランカが水なんか飲むわけないじゃん)

フランカさんの言った「大丈夫ですよ」は直訳すると

水なんか要らないわよ、そんなもん食事中に飲ませないでくれる?

という意味なのです。

その後席を立って、自分の家のキッチンへ行くフランカ。

なかなか戻ってきません。

友人達   「ちょっと、ちょっと、大丈夫かな」
      「あなた息子なんだから様子を見に行きなさいよ」


彼氏    「大丈夫だって、心配しなくても」

友人達   (だんだん怒り始める)

「彼女戻ってこないじゃないの、あなた達二人ともなんなの?」

彼氏    
「あっちに行ったのはどうせ見たいテレビがあるからに決まってるんだよ」

zz
「いや、私は隠れてグラッパひっかけに行ったと思う」


遠くから聞こえる声 「ゴホゴホ、ゲホゲホ・・・」


友人達 
「おいちょっとお前ら、なんだその人でなしみたいな態度は!!!」

「お前のお母さん、むせてるじゃないか。心配じゃないのか??!!!」


顔を見合わせて信じられないという表情をしている二人に、とうとう彼もちょっと心配になったのか席を立って様子を見に行きました

「ねぇ、あなた達ちょっと酷いんじゃないかしら、その態度?」

と、気を使いつつも友人がzzに話しかけてきた時、二人が戻ってきました


白けた顔をした彼氏が言いました。

 「何してたと思う?君が飲んで減ったビールの補充してたよ。さっきフランカの冷蔵庫から二本持ってきたろ?」

やっぱ心配して損した。

と、そこは治まったのですがしばらくして友人の飲んでいたビールが無くなってしまいました。

全員がワインを飲んでいたので、自分一人のためにもう一本空けるのを遠慮している彼に気づいたフランカさん。

「まぁまぁ、何も遠慮なさらないでくださいね。ちょうど今、開けたばっかりのが冷蔵庫にありますから、それなら気兼ねなく飲めるでしょう?私もビール派なんですよ、実は」

と言い残して自分の台所へビールを取りに行ってしまいました。

そうです、彼女はテレビを見ていたわけでも、グラッパを飲んでいたわけでも、ましてや具合が悪くなって一人台所で咳き込んでいたわけでもなく

ちょっとむせちゃったから、口直しにビールでも一口飲んでやろうかしら?

と、一人で隠れてビールを飲んでいたのです。

そこでビールが減っているのに気がつき、明日飲む分を補充していた所を様子を見に行った彼氏に見つかったのです。

これを見てzzと彼氏が 「ほーらね、そんなこったろうと思った」

とニヤニヤしているのを見て、再び友人カップル達は信じられないという顔をしていました。

人は歳をとると弱くなるものだと誰もが思っているようですが、私はフランカさんと暮らすようになってから、逆に強くなってゆくのではないかと思うようになりました。








[PR]
by outlawroma | 2016-11-23 21:09 | 生活 | Comments(0)

f0157724_08593791.jpg
少し前までは魚を冷凍する必要はありませんでした


イタリアでは5年くらい前に、お店で生魚を提供するには一旦急速冷凍処理をしなくてはならない という法律ができました。

アニサキスという寄生虫を殺すためです。

んが

私は正直言ってアニサキスがどうこうというより、単純に食中毒を防ぐ一番手っ取り早い方法だからなのではないかと思います。

f0157724_08595743.jpg
以前は私も冷凍なんて絶対にしませんでした


中国系のレストランが格安で寿司や刺身を提供するようになり、一気にイタリア人の食生活に浸透してから

当たり前ですが、寿司による数多くの食中毒のニュースが度々目につくようになりました。

その数年後、法律ができたのです。

実際に冷凍処理をした魚と生のままの魚では、確実に冷凍処理をしたほうが長持ちします。

当然です。

魚の表面に付いた細菌が死滅するからです。

f0157724_09001755.jpg
冷凍すると活け造りできないんだよね


イタリアでは魚の扱いが日本とは違います。

魚市場でも、魚屋でも、レストランでも

皆、扱いが生ぬるいのです。

文字通り、生ぬるい のです。

日本のように釣った魚を速攻氷漬けにし、店頭に並ぶまでにその温度がそのまま保たれるなんて在り得ません。

氷の上にポン、と乗っけられだだけの状態で売られ

買い取られた魚は氷に乗った状態で移動、

レストランではそのまま放置されることが多いです。
(もちろんそうでないレストランもあるはずです、でもこういうケースを私は複数目にしました)

届いてからさばかれるまでの間、冷蔵庫で保存されることは稀です。

洗い場で、朝届いた魚が運が良ければ昼までに、下手をしたら午後3.4時頃まで放置され

そこでようやく調理補助の人によって、さばかれます。

f0157724_09002940.jpg
白身と生きてるエビは今でも辛うじて生で食べようかな、と思えます


調理補助及び、魚屋で魚をおろしている皆さんの多くは、生魚を食べる習慣がない人たちです。

大変失礼な話ですが、彼らがトイレに行った後ちゃんと石鹸で手を洗っているかどうかさえ、zzは疑わしいと思っています。(だって外国人を多く雇っている店の従業員トイレで、常にハンドソープが切れずに置いてあったことって稀だもん。従業員が100%イタリア人の店は大抵きちんとしてるけど。)

衛生環境がまったく違うところから来た、それまで調理に携わったことのない人たちが魚をおろしているケースがほとんどなのです。

いい、悪いはべつとして

そんな状態が当たり前のイタリアで、食中毒が起こらないほうがおかしいくらいです。

f0157724_09004900.jpg
この黒鯛は頭立てすぎ


魚屋さんの包丁やまな板の上は、あらゆる魚が通過する場所です。

下手したら切り身の魚を紙も敷いてない秤の上に乗せる人もいます。

その秤、さっき鱗のついた丸ごとの魚をのせてませんでしたか?

ですから自分で買って来た生魚を食べる場合でも、活きの良い丸ごとの白身魚以外は冷凍処理することをお勧めします。










[PR]
by outlawroma | 2016-11-22 21:38 | 生活 | Comments(0)

f0157724_23101505.jpg
パーティーなどお寿司屋さんの外で出される寿司には要注意!
この写真のお寿司達は大丈夫だけどね🌟


イタリア人がお寿司屋さんで買ってきた寿司を、開店祝いなどのパーティーで出している場合、それを数時間に及んで室温で放置していることが多々有ります。

お寿司は作ったら即食べるか、せめて冷蔵庫で保存しましょう。

そして周りのイタリア人にも、それを教えてあげましょう。



冷凍処理の仕方です。

冷凍庫の温度を−20℃にセットしておきます。

お魚屋さんで急速冷凍してもらった魚を、そのままフリーザーに入れて一晩放置。

その後更に24時間放置。(念のため48時間待つことをお勧め)



自分でやる場合ですが、こちらも処理は同じ。

フリーザーの温度を−20℃にセットしておきます

下に書いた方法で用意した魚をまずは冷蔵庫でキンキンに冷やします。保冷剤をそばにおいて置くと、なお良いです。

その後、フリーザーに入れます。

そして一晩待ちます。

その後更に24時間放置。(念のため48時間待つことをお勧め)

その後の保存はフリーザーの温度を−18℃に戻しても大丈夫です。


あれ、せっかくお魚屋さんでやってもらったのに結局どっちも同じ手順を踏むの?

と思ったことでしょう。

そうです、やることは同じです。

−20℃に達した魚を24時間以上その状態でキープすれば良いのです。

唯一の違いは解凍後の魚の状態です。

魚屋の急速冷凍庫はパワフルなので、魚の中心まで凍る時間は短くて済みます。

家庭用の冷凍庫は魚を入れた時点で温度が上がり、再びゆるゆると−20℃まで下がろうとします。

その間にゆっくり凍り始めた魚の中の水分の結晶が、大きくなってゆくのです。

食品を美味しく保存するために大事なのは、0℃から−5℃までの間をいかに早く通過させてあげるかなのです。


f0157724_19373452.jpg
サーモンとマグロ、エビだけに絞れば準備も簡単です
億劫なら魚一種類だって、お寿司を楽しむことはできます



魚の下準備

両手をきれいに洗ったらまずは食用のアルコール、日本酒、ウオッカなど和食に影響を与え無い味を持つ酒を用意。

キッチンペーパーにお酒を浸したら、魚の切り口をそれできれいに拭き取ります。

一旦手を洗い、魚に皮が付いている場合はそれを取り除きます。


マグロの場合、後は柵にしてキッチンペーパーで水分を取りラップでしっかりと覆います。

(塊のままよりも、柵にするかある程度薄くなっている方が使いやすいし早く凍ります)


サケの場合、巨大な輪切りになっていることが多いので、まずは背中から包丁を入れて中骨を取ります。

そして身と皮の間に包丁を入れて皮を取り除きます。

お腹の内側の白い膜の部分も、もしあったらきれいにはぎ取ります。

とにかく身だけの状態にして、手で触って骨があるようならそれもピンセットで抜き取ります。

完全にラップで覆います。


白身の三枚下ろしは、小骨を取って皮ごとラップで覆います。

エビは金属製のバットにラップを敷いて、きれいに並べた上からさらにラップで覆います。


🌟魚を覆うラップはケチらず多めに使いましょう。



解凍の仕方は色々ありますが、冷蔵庫で一晩かけて解凍するのが一番簡単です。

因みに生で食べるつもりの魚を冷蔵庫で保存する場合、温度は2℃です。

5℃では高すぎます。

既に解凍した魚を翌日使いたい場合、ドリップが出るので厚手のキッチンペーパー(carta tuttoがお勧め)か揚げ物の油を切る時に敷く紙で包み、蓋つきのプラスチック容器に入れると良いでしょう。上下からガッツリ冷えた保冷剤でサンドイッチして冷蔵庫に入れておけば安心です。



以上、魚の処理方法でした。











[PR]
by outlawroma | 2016-11-21 21:29 | 生活 | Comments(0)