気をつけて

昨日、via nazionaleでこっそり行われていたイベントに行きました

地下鉄で行ったのですが、レプッブリカで降りて地上に出る通路で
日本人と思しき男性とすれ違いました

横にいた旦那に

あ、あれ 危ないなぁ
君 注意してあげたら?

といわれて彼を見ると、足早に歩きながら手に持った紙を集中して
読んでいます。

そして、大きな(しかも高そうな)カメラを ぶらーん と片方の腕に
ぶら下げていました。

レプッブリカは観光客だらけで人通りも多いので、確かに堂々と
盗まれることは少ないと思うのですが、そういう場所でも一瞬の
スキというのは常にあります。

例えば、この瞬間とか。

zzと旦那さんがもしお金に困っていたら、言葉も発することなく
素晴らしい連係プレーであのカメラを奪って逃げたことでしょう(笑)

一瞬zzは彼の後を追って声をかけようとしましたが、人を寄せ付けない
ある種の自信が漂っていたのと、こっちも急いでいたので止めました。

旅慣れて、自信を持ち始めた頃が一番危ないのかもしれません。

自信のある人には、軽いかっぱらいではなく、自信のある泥棒さんや
本当に切羽詰っている人が寄って来るのです。

zzの友達にも一人いるのですが、自分なりの「大丈夫」という自信を
持ち始めると、現地の人が絶対にやらないことを平気でやったりします。

彼女はバッグを車の助手席にポン遠く癖があるのですが、zzはずっと
ん? と思ってました

多分、イタリアでzzの周囲にはそういう人がいなかったから、彼女の
行為が際立って見えたのだと思います。

ある日、信号待ちの途中に通りかかったバイクからいきなり手が伸びて
車の窓ガラスが割れ、バッグが盗まれかけました。

運良く泥棒はバッグを掴み損ねたまま逃げてしまったそうです

この間会ったら、大きなバッグのファスナーをずっと開けっ放して
いました

しかも肩にかけるのではなく、腕に引っ掛けてプラプラ持ってます

これもいつもやっているので、3回に一回は「危なくない?」というの
ですが彼女の「私は一度も盗まれたことがないから」(盗まれるほど
マヌケじゃないわ)という自信から、危ないとは思わないようです。

ローマ在住10年を越す彼女ですが、zzのお姑さんのローマ在住50年
ちかいテレーザさんでさえも、バッグはしっかり肩にかけてファスナーの
口が自分の前に来るように持ちます

どんなに気をつけても盗られる時はあるので、これは運でもあるのですが
自分も含めて、慣れと自信には気をつけたいものです。
[PR]
by outlawroma | 2009-06-24 21:48 | ローマ観光 | Comments(6)

天使と悪魔

f0157724_21595623.jpg


富む半クス主演の-----えー

トム ハンクス主演の映画、天使と悪魔を見てきました。

うちのすぐ近所のしょぼい映画館で、お昼の上映だったのですが
中には結構な数の「お年寄り」が!!

すごいですね
ヒマな年寄りを平日の昼間、映画館に向わす映画なんて。

斜めから見たら、私zzの行動はローマのヒマな年寄りと
類似しているともいえるのかもしれません。

さて、この映画。
バチカンの中を中心に、ローマの教会がいくつか出てきました。

その道程は全て、私がヒマな時にやる「お買い物しながらお散歩コース」
だったので、なんか変な感じでした。


ついこの間滞在されたゲストが、二人続けてこの小説を読み
その中に出てくるシーンを歩いて見てきた。と聞いたところだったので
なんとなく見に行った映画だったのですが。

トップにのっけた画像
これはサンピエトロの広場にあるものです。
映画の中でも、謎解きの鍵を握るものなのですが

つい最近、ぷらりと夜に一人でサンピエトロまでお散歩した時に
なぜか目に付いて、あ、こんなんある。と思ったばかりだったで
ちょっとドキドキしました。

そうそう、聖アンジェロ城ではつい二日前に映画の中で秘密結社の
教会があった場所を震源にした、小さな地震があったとか無かったとか

なんともミステリアスですね。

映画が言わんとしていること自体は、なんだかな、って感じでしたが
映画そのものは、良く出来ていました。

そのうち天使と悪魔ツアーとかやる旅行会社が出てくるかもですね。
[PR]
by outlawroma | 2009-05-15 22:20 | ローマ観光 | Comments(8)

ローマでボクシング観戦

f0157724_17259.jpg


なんとなんと、ボクシングの試合を見てきました。

お目当てはローマ出身、イタリア唯一のUFCファイター
アレッサンドロ サカーラ。

zzんちからさほど遠くない、piazza mancini にある会場は、
なかなかに人が集まっていました。

やはり男の人が多いのですが、いがいと子供や女性もいます。
試合は大抵、アマチュアとプロのを複数やるので、選手の友達や
家族、親戚が皆でやってくるのでしょう。

雰囲気も、もっと殺伐としていて薄暗いのかと思いきや
思いがけず、ちょっと家族的な和やかささえ伺えました。

今回はアマチュア3試合、プロ3試合。

サカーラは最後のトリです。

アマチュアが2分4ラウンド、プロは3分5ラウンドだっけかな・・
この辺ちょっとうろ覚えです。

思っていたほどレベルも低くなく、しかも、イタリアとは思えないほど
時間通りにキレイに進んでゆくため、飽きることなく見ることが出来ました。

サカーラはドイツ人の選手と5ラウンドまで戦い、途中では
ちょっとふざけたりして、余裕のプレイ。

サカーラのときだけ、ラウンドとラウンドの合間にビキニトップの
お姉ちゃんがカードを持って、リングを周ります♪

客席の男性人、一気に色めきたってカメラのフラッシュがたかれて
見てて面白かったです。

そりゃま、レベルが違いすぎるからしょうがないのかもしれませんが
ドイツ人の選手も喰らいつきます。

会場が盛り上がりきったところで、駄目押しのパンチを浴びせて
わき腹に一発、ハイ、おしまい♪ といわんばかりの軽いタッチで
お見舞いし、KO勝ちとなりました。

全部でおよそ一時間半のショウ。

八時半ごろから中に入って、終わったのは丁度十時半くらい。
チケットは一枚15ユーロでした。
[PR]
by outlawroma | 2009-03-18 01:26 | ローマ観光 | Comments(0)

ローマパス

f0157724_1152790.jpg


ゲストの方に、素敵な情報をいただきました。

ローマの公共交通機関が三日間フリーパスで乗れて、
美術館を2箇所無料で見ることが出来るんだそうです。

それ以上の見学は、提携を結んでいる場所でディスカウントの金額で
入れるそう。

日本語での説明はこちらから、

金額は頻繁に変わってるみたいなので、現時点での確認はこちらから。


zz的には・・・

ま、便利っちゃぁ便利かな。
私の好きなしょぼい植物園、オルトボターニコが含まれてないのは
不満だけど。

ボルゲーゼ美術館とコロッセオ見て、乗り物ただならそれだけで元取れたようなもんだし。

ちなみに地下鉄・バス・私鉄の共通券は、普通に買うと一回券1ユーロ、
一日券4ユーロ、三日券は11ユーロです。

夜とか日曜とか、お昼のタバコ屋が閉まってる時間にチケットを買えなくて
困る心配もないし、行き当たりばったりでバスを乗り継ぐにはとても便利。

とまあ、微妙に便利で微妙にお得なローマパスです。

短期間でローマを見る予定の人には使えるかな。


ローマで安心して安く宿泊できる場所をお探しの方は、こちらもどうぞ♪

zzの家の部屋  一泊40ユーロ  一泊35ユーロ
[PR]
by outlawroma | 2009-03-10 01:16 | ローマ観光 | Comments(4)

f0157724_117482.jpg


バスタブに大量の水をリバースしているライオンを発見。

さあ、わきの入り口から中に入ると・・・

f0157724_1191258.jpg



オレンジの木が一杯ある公園です。
さっきより広くて綺麗です。

奥のほうをみると、なにやら人が一杯たむろっています。

f0157724_1214753.jpg


丁度バルコニーのようになっていて、テベレ川からバチカンにかけて
一望することができるようになっています。

f0157724_1225716.jpg


f0157724_1232640.jpg


うほー♪ 
天気がよければもっともっと綺麗に見えます。

そして、隅っこのほうにこんなモノを発見。

f0157724_1273459.jpg


テント?
犬でもすんでるんでしょうかね。

再び通りに戻って進み、clivo di rocca sabella という道に
入ります。

坂を下って道路に出たら、そのまま北上を続けます。

ちょっと歩くと、こんな風景が見えます。


f0157724_2213288.jpg


その横を見ると、こんな教会があります。

f0157724_2225128.jpg


中ではこんな情景が繰り広げられています。

f0157724_2235417.jpg


そう、かの有名な真実の口がある教会でした。

zzたちも入ろうとしたのですが、丁度目の前で門を閉じられてしまいました。
5時までなんだそうです。


とまあ、真実の口はちょっと辺鄙な場所にあるので
それだけ見に行くのはちょっとね・・・と思いがちなのですが
こんな風にお散歩しながら行くと、ローマの町を満喫することが出来ます。

本当はこれに、大きな蚤の市とゲットと呼ばれるユダヤ人街の
散歩もつけたかったのですが、いかんせん寝坊して昼過ぎの出発
だったので今回はこれだけです。

そのうち写真がたまったら、もうちょっと簡潔で分かりやすい
観光マップをアップしてみたいと思います。
[PR]
by outlawroma | 2009-02-13 02:30 | ローマ観光 | Comments(6)

f0157724_5512219.jpg



さて、今日はzzの好きな公園の紹介です。

余裕を持ってローマを観光する人には、ぜひとも訪れて
欲しい場所でもあります。


ではいってみましょう。


地下鉄B線、ピラミデ駅で降ります。

そこからピラミッド目指して歩き、とりあえずピラミッドの写真でも
撮って、更にピラミッドのわきの小道を通り過ぎます。

via marmorata という通りに出ます。

信号をわたって、右側の歩道をずーっと歩きます。
すると、一見病院に見えるホテルがあります。

そこで右に曲がります。

ちょっと歩くと三つ股に分かれるので、一番左の道路
via porta lavernale を登ってゆきます。

ここからはあたりも静かになり、見た感じもとても綺麗です。

しばらく行くと、突き当たります。

こんな建物が見えるはずです。

f0157724_614828.jpg


そして多分、こんな風景もみえます。

f0157724_643554.jpg



みんなして、人様の家の鍵穴を覗き込んでいます。

というわけで、さっそく並んでみましょう。

f0157724_655998.jpg



見えるのは、こんな風景。

f0157724_663254.jpg


綺麗に手入れされたお庭の向こうに、サンピエトロのクーポラが
見えます。

写真では分かりませんね。
これは実際に自分で確かめてみてください。

この辺りには、たくさんの教会があります。
無料で中に入ることが出来るので、適当に、或いは下調べして
中を覗くのも楽しいと思います。

zzたちはそのまま右に曲がって、オレンジの公園を目指しました。

公園発見。


f0157724_694894.jpg


f0157724_611871.jpg


・・・でもなんだか違う気がします。

こんな像、あったっけ?

f0157724_6115926.jpg


ちょっと違うみたいです。
再びsabina通りを進みます。

なにやらそれらしい入り口が見えました。

f0157724_6194053.jpg


続きます
[PR]
by outlawroma | 2009-02-12 06:27 | ローマ観光 | Comments(0)