ちょろまつ

f0157724_2218623.jpg


zzがイタリアに来てから描き始めたキャラクター
ちょろまつ

2009年バージョンのちょろまつカップを製作中です

f0157724_22204145.jpg


これはシリアルボウル
フリーハンドで自由に書いてゆくのは楽しいものです

f0157724_22211736.jpg


色を塗ってオーブンで焼くと、しっかりと定着して何年つかっても
色落ちしません

カップとお揃いのちょろまつコレクションです♪
[PR]
by outlawroma | 2009-06-30 22:26 | 物づくり | Comments(6)

豆乳を作ろう♪

にがりを入れた石鹸を作ってみたいと思いました。

ついでだから、水ではなく豆乳でつくったらもっと特徴がでて
面白そうです。

そんな訳で、豆乳を作ることにしました。

材料はこちら

f0157724_8443650.jpg


にがりと大豆です。

この大豆はzzのお友達のお母さんが、日本で自分の畑で作った
大豆なんだそうです。

とても貴重なもの。

f0157724_8455294.jpg


量ってみると、丁度カップ1杯に足りないくらい。
重さにして、137gありました。

レシピの参考にしたサイトの分量の、半分弱で作りました。

水につけて、一晩おきます

f0157724_8484481.jpg


これをミキサーで砕きます

f0157724_8491567.jpg


3カップ弱の水を沸騰させた中に加え、煮てゆきます。

f0157724_850552.jpg


沸騰したら弱火で10分間、焦げないように煮ます。

f0157724_8504634.jpg


膨らむ~♪

煮終ったら、固く絞ったふきんにあけます。

f0157724_8513939.jpg


むぎゅーっ と絞って出来上がり

f0157724_8521348.jpg


石鹸用の豆乳をわけて冷凍したら、残りでざる豆腐を作ってみました

f0157724_852537.jpg


あったかいです
お醤油をくるりとまわしかけて、スプーンですくって食べました

味は、まあ、普通の豆腐の味です
絹ごしが好きなzzには、大して感動は沸きませんでした

そして絞ったあとに残ったおからはこちら

f0157724_856652.jpg


まあ、普通の卯の花です

何年も日本を離れていると、こういうものが恋しくなるだろう。と、
自分で思っていたのですが大して恋しくなかったことが判明しました。

丸ごとお友達にプレゼントしました。

私の真の目的は、ざる豆腐でもおからでもない、石鹸です。

ふふふふ 

 -つづく-
[PR]
by outlawroma | 2009-06-28 09:00 | 物づくり | Comments(2)

お仕事の後

今日はずっとまえにやった吹き替えの支払いを受けてきました

やったのは去年の12月

ふつう吹き替えのバイトの支払いは、録音をしてから2ヵ月半~3ヶ月後です

そろそろ電話を・・・と思い始めたのが4月

電話をして、火曜か金曜の午前中にかけないと担当者がいないと判明し

ようやく6月に入って、来週来て下さいという返事を取り付けました。

そして更に約束の日に寝過ごし、再びアポをとって今日の朝
めでたく目覚ましが鳴ったわけです♪

うきうきして窓口に向かうと、「支払いはここじゃないわよ?」と言われ
あら、そんなの聞いてないわ と言っているうちに、通りかかった人が
最寄り駅を教えてくれました。

再び地下鉄で30分ほど行き、とりあえずその近くにあると聞いた広場を
探し、通行人に聞き、キオスクで5つ目の角を左に曲がって右に行け 
といわれ、その通りに行ったら、ちゃんと到着♪ やほう

事務所が閉まる寸前に、ようやく支払いを受けて換金をする銀行を
聞いたら地図を描いてくれたので、再びてくてく歩いて銀行へ。

銀行で順番が来て、受付に行くと

「テゾーロ、銀行まちがえてるよ。これ、向かいの銀行にいかなきゃ」

もう閉まっちゃうよ、走れ 走れ~!

と言う声を背中に、走って滑り込みセーフで換金してもらいました。

いやー、お金を稼ぐこと自体は結構簡単ですが、お金を受け取るのって
なかなか大変です。

家を出てから帰るまで3時間半。

実は換金してもらった銀行は、家から歩いて15分もかからないところに
あったのが笑えました。
[PR]
by outlawroma | 2009-06-27 06:41 | 生活 | Comments(2)

気をつけて

昨日、via nazionaleでこっそり行われていたイベントに行きました

地下鉄で行ったのですが、レプッブリカで降りて地上に出る通路で
日本人と思しき男性とすれ違いました

横にいた旦那に

あ、あれ 危ないなぁ
君 注意してあげたら?

といわれて彼を見ると、足早に歩きながら手に持った紙を集中して
読んでいます。

そして、大きな(しかも高そうな)カメラを ぶらーん と片方の腕に
ぶら下げていました。

レプッブリカは観光客だらけで人通りも多いので、確かに堂々と
盗まれることは少ないと思うのですが、そういう場所でも一瞬の
スキというのは常にあります。

例えば、この瞬間とか。

zzと旦那さんがもしお金に困っていたら、言葉も発することなく
素晴らしい連係プレーであのカメラを奪って逃げたことでしょう(笑)

一瞬zzは彼の後を追って声をかけようとしましたが、人を寄せ付けない
ある種の自信が漂っていたのと、こっちも急いでいたので止めました。

旅慣れて、自信を持ち始めた頃が一番危ないのかもしれません。

自信のある人には、軽いかっぱらいではなく、自信のある泥棒さんや
本当に切羽詰っている人が寄って来るのです。

zzの友達にも一人いるのですが、自分なりの「大丈夫」という自信を
持ち始めると、現地の人が絶対にやらないことを平気でやったりします。

彼女はバッグを車の助手席にポン遠く癖があるのですが、zzはずっと
ん? と思ってました

多分、イタリアでzzの周囲にはそういう人がいなかったから、彼女の
行為が際立って見えたのだと思います。

ある日、信号待ちの途中に通りかかったバイクからいきなり手が伸びて
車の窓ガラスが割れ、バッグが盗まれかけました。

運良く泥棒はバッグを掴み損ねたまま逃げてしまったそうです

この間会ったら、大きなバッグのファスナーをずっと開けっ放して
いました

しかも肩にかけるのではなく、腕に引っ掛けてプラプラ持ってます

これもいつもやっているので、3回に一回は「危なくない?」というの
ですが彼女の「私は一度も盗まれたことがないから」(盗まれるほど
マヌケじゃないわ)という自信から、危ないとは思わないようです。

ローマ在住10年を越す彼女ですが、zzのお姑さんのローマ在住50年
ちかいテレーザさんでさえも、バッグはしっかり肩にかけてファスナーの
口が自分の前に来るように持ちます

どんなに気をつけても盗られる時はあるので、これは運でもあるのですが
自分も含めて、慣れと自信には気をつけたいものです。
[PR]
by outlawroma | 2009-06-24 21:48 | ローマ観光 | Comments(6)

精油を使い切る方法

せっけん作りには、結構な量の精油を使います。

なので、一本なんてすぐ無くなっちゃうのですが精油はビンに
入っています。

使い切った事のある人なら分かると思いますが、この空になったビン
ガラスの部分にたっぷりと精油がついています。

だからといって、出てくるわけではありません。

このまま戸棚やクローゼットに置いておくのも有効活用の一手ですが
zzはこれを本当の意味で使い切ります。

用意するのはマッサージなどに使える、コスメグレードのオイル

スウィートアーモンドオイルや、椿油、化粧用オリーブ油など何でも良い
のですが、それを内蓋を取ったビンに とくとく・・・半分くらいまで入れます

キャップを閉めてしっかり振ったら、そのまま数日放置

数日後には、しっかり香りのついたオイルができます

場合によっては、別の空になった精油のビンに移し変えて
香りのブレンドも試すことができます。

後は更にオイルで希釈して、マッサージなどに使えます

余ったオイルで自分用に作った石鹸の香り付けにも、オプションとして
加えることができます。

この場合はオーバーファットもできるので、一石二鳥♪

精油を使う人は、使い終わった精油のビンを捨てる前に一度試してみてね


関連記事
もう一つのステキな活用法 ♪
[PR]
by outlawroma | 2009-06-23 07:51 | せっけん作り | Comments(8)

卵のろうそく

f0157724_5165332.jpg


この間ゲストの方に手作りのろうそくを頂きました♪

zzのおんぼろカメラで普通に撮ったのですが、どうです

キレイでしょ?

卵の殻に入ってて、とても可愛いです
[PR]
by outlawroma | 2009-06-21 05:19 | 生活 | Comments(4)

アロマバスのコツ

f0157724_971220.jpg


夏でもお風呂に入るのは気持ちがいいものです。

ヨーロッパでは湯船がないこともざらですが、ある人には是非
アロマバスを試して欲しいです。

お気に入りの精油を数滴、湯船に入れるだけなのですが
ここでちょっと注意

精油はモノにもよりますが、そのまま肌につけるものではないので
少量のオイルに希釈して加えるか、入れた後よーーーーーくお湯を
かき混ぜます。

zzは少量のオイルに希釈して入れると、香りがたたないように
感じるので、そのまま入れてよーーーーーーくかき混ぜていました


んが、

ペパーミントの精油を入れたとき(これ、夏場は最高♪)二度ほど
拡散せずに湯船に浮いていた精油が体について、入っている間中
熱いんだか冷たいんだか分からないくらい、刺激的な思いをしました。

なんせ、洗ったって簡単には取れないのです

一回は両ふくらはぎ、もう一回は背中の腰辺りです

ペパーミントはそのまま食用にも使えるので、まだ良いほうですが
もっと刺激の強いオイルだったら、大変でした。

それ以降、うーんと考えて ある方法を思いつきました

それは角砂糖に精油をしみこませて、お湯をためるときに湯船に
ぽん と入れるやり方です

日本の角砂糖は溶けやすいので、お湯が出ている蛇口の下で
がーっ と溶かしたほうがいいかもしれません

最初は自分でも半信半疑だったのですが、やってみるとなかなか
いい感じです


多分誰もやっていないやり方だと思うので、シェアしてみたいと
思い、記事にあげました
[PR]
by outlawroma | 2009-06-20 09:25 | 生活 | Comments(6)

f0157724_214676.jpg


この間仕込んだ、月桂樹と牛乳の石鹸が仕上がりました。

さっそく洗ってみたのですが、なかなか良い感じ。

オリーブ油100%の割には、一応泡が立ちます。

多分、牛乳とヨーグルトが入っているからではないかと思うのですが
その辺は良くわかんないです。

とはいっても普通に手のひらだけで泡立てたら、こんなもんです

f0157724_262031.jpg

左・月桂樹と牛乳     右・グリセリンソープ


ちなみにお風呂用のスポンジで、ワシャワシャしたらこんな風です。
f0157724_283521.jpg

左・月桂樹と牛乳   右・グリセリンソープ


泡の量だけでなく、質も違います。

月桂樹のほうはきめの細かい、もったりした泡

グリセリンソープは軽くて荒い、フカフカした泡です

顔を洗うとしたら、月桂樹の石鹸のほうが断然ゴージャスな
洗い心地♪


以上 使い心地レポートでした
[PR]
by outlawroma | 2009-06-19 02:13 | せっけん作り | Comments(0)

聖なるケツの穴

アメリカでは肛門ブリーチなるものが、一部で流行っている
とかいないとか。


まあ それはともかく


バカンスが始まりつつあるローマは、どういうわけか空気が
重くてけだるいです。

zzは毎年この時期になると、低気圧な気分に押しつぶされそうに
なるのですが、皆はどうなんだろう。平気なの?

そんな折、こんなビデオが心を拾い上げてくれました。

イタリア語が分かる人には、ぜひとも見ていただきたいビデオです。



Carmelo Bene
俳優なのですが、この人覚醒しています。
自分の中に見つけた真実の中から、こちらの世界を垣間見ているようです。

あのコスタンツォが しょうがないな、もう。といった風情で
たしなめているのが笑える。

Youtube では三つに分かれていたのですが、思わず全部
みちゃいました。 

さっそく私も capolavoro でいようと思います。

・・・・んー、言葉ではどうしても言葉足らずですね(笑)
[PR]
by outlawroma | 2009-06-18 21:07 | 生活 | Comments(2)

パイナップルな気分

f0157724_1571019.jpg


外に出たら、熱くて焦げそうになりました。

こんな日は、なーんにも食べる気がしないので
ふと目に付いたパイナップルとイチゴで、ビタミン補給♪
[PR]
by outlawroma | 2009-06-18 01:59 | 生活 | Comments(0)