ペペローニが一杯

f0157724_2482885.jpg


さっき、zzの大好きなお姑さんことテレーザさんが
ぺペロー二をくれました。

お花とか可愛い下着とか他にも一杯くれて
「聞いて聞いて。これはね、こういうところで買ったの♪」
といろんな説明をした挙句、最後に

「・・・これはマリーアのところのスーゴとペペローニだから」

と、妙にそっけなく渡された袋の中には、どう考えても自分の分を
取らずに、zzに丸投げ状態のペペローニが入っていました。

農家をやっている実家に帰るたびに、大量の野菜をもらってはどう処理
していいか分からなくなるという悩みは、世界中の都会に住む主婦に共通
しているのではないでしょうか。


ところでお姑さんと言うのは、なんとも不思議な存在ですね。

家族と言えば家族だし、一応お互いに肉親ではない感覚はあるものの
どこかで友達や姉妹のような、内面的なつながりが芽生えてきます。

その分感情的にもなりがちなのですが、他人には見せることのない
変なクセや習慣を認め合う関係が、お互いに育まれています。

ちなみに今回はペペローニが一杯だったのですが、前回は色んな
ブランドのオレンジママレードが一杯でした(笑)

毎回おかしな飽和状態がお姑さんの家から、そっくりzzの家にやってきます。

お義母さんなのに、たまにこういう子供っぽいことをする彼女が最初は
理解できなくてプリプリ怒っていたのですが、あるとき「あっ」と何かに
気付いてからは、怒りではなく笑いと愛おしさがこみ上げてくるようになりました。

さて

まるまると太った緑のピーマンたち、どうやって消費しましょうかね♪
[PR]
by outlawroma | 2009-10-31 03:22 | 生活 | Comments(0)

排水口が詰まったら

f0157724_2132574.jpg


こないだ、台所の流しが詰まりました。

上の階に住んでいる場合はあまり詰まらないみたいですが
一階や地下、あと、つくりがちょっと変わっている家は
簡単にこういうことが起こります。

普段はちょっと流れが悪いと思ったら、スーパーやフェラメンタで
手に入るヤバい液体を夜に流せば、翌朝にはすっきり爽やかに
つまりが取れるのですが

数年に一回、何をどうやっても流れなくなります。

イドラウリコ呼べば?

って感じなのですが、呼んだところで治るとは限りません。

今回はなんと、自分達で何とかしてみました。

フェラメンタでトップの写真にある器具を購入。
これは、バネで出来たチューブです。お値段5ユーロ也♪

流しのしたのチューブを取っ払って、直接壁の穴から配水管に
突っ込みます。

そして手元のハンドルをグルグル

5mの長さがあるチューブを使ったのですが、1回目は手ごたえなし。

翌日同じものを買ってきて、針金でつなぎ合わせて10mの長さに
した上で再挑戦したところ、9m半くらいの時点でチューブがつかえました。

だましだまし残りの50cmを突っ込んだところで、どうやら
貫通♪

見事、排水溝の水が流れるようになりました。

ちなみにこういうケースをイドラウリコがやる場合、20mくらいの
チューブを突っ込んで、更にモーターにつないでグルグルやります。

しかも、イドラウリコだからといって誰もがこの器具を持って
いるわけではないので探すのが面倒。

数年前にやってもらったときは、200ユーロもとられました。

そんなわけで、スーパーやフェラメンタで売っているこの器具を
使って自分でやる人が多いようです。

つまりやすい家は、2,3ヶ月に一回、習慣にしてやるといいみたいです。
[PR]
by outlawroma | 2009-10-30 02:33 | 生活 | Comments(4)

足がくさい話

zzのダンナは足がくさくないのが自慢です。

そんな彼ですが、先週末仕事でショーペロ真っ只中の
ヴェネツィアへ行き、雨の降る中びしょぬれで過ごした後

あろうことか、翌日靴下を買えずにトリノで別の仕事をやって
そのまま帰ってきました。

電話で開口一番

警察に足がくさいと怒られた

と、わけの分からんことを言うので帰って来てから聞いてみると

電車で移動中靴を脱いで足を組んでいたら、通路を通り過ぎた
警察官が引き返してきて、

「靴はいてくれる?」

と言われたんだそうな。

言いたいことが一杯あったのか、荷物をほうって靴下でぺたぺた
歩き回りながらしゃべり続けるダンナが、zzの目の前を横切った瞬間

むぅあぁ~ぁああ~~

と、得体の知れないおぞましい匂いが。。。

速攻で「靴下を脱げ!」と命じ、捨ててくれようとしたのですが
いやだ、洗えば使えるもん。と、洗濯カゴに入れようとするダンナ。

そんなもん、他の物と一緒に洗えるか!!!

と、言う訳で仕方なく熱湯と友達にもらったラッシュの石鹸で
手洗いすることにしました。

ところでラッシュの石鹸、すごいです♪

洗っている間もあの強烈な匂いをマスキング、5,6回続けて
手洗いしたらキレイさっぱり匂いが取れました。

ちなみに今、そのときはいていた靴を洗濯中。

もちろん手洗いなどするわけはなくて、靴だけ洗濯機に放り込んでやりました。
[PR]
by outlawroma | 2009-10-28 03:46 | 生活 | Comments(4)

おぼれる小豆

日本にいるときは絶対に小豆など煮ない人でも、欧米に
暮してしばらくするとなぜか小豆を煮てしまう。

・・と言うケースは少なくないのではないかと思う今日この頃。

この2週間の間に、続けて小豆を煮てしまったzzです。

前回は道端で売ってた栗を2kgも買ったので、栗をごろごろ
入れた栗ぜんざいにしました。

今回は特に何も思いつかなかったので、ちょっと硬めに
仕上げて、買ってきたジェラートにかけることに♪

すぐ近くのジェラート屋さんで買ったジェラートをグラスに入れて
まだ熱い小豆をかけて、アッフォガート状態で食べてみたところ
やめられない、とまらない。

冷たいあんこを添えたジェラートは、よくおすし屋さんとかで
食べるのですが、熱々のとろとろした小豆だと全然ちがう食べ物
みたいです。

延々とトッピングの小豆をかけ続けているうちに、大量の
あんこを消費してしまいました。。

ついでに、空になったジェラートのコーンに熱い小豆を満タン
そそいで食べると言う、おかしな発明をしてみたのですが
なぜかすごく和菓子っぽい食べ物になっていました。

なんていうの?ちょっとゴージャスなモナカ?

それ以前に、完全に糖分の取りすぎですね。

自分以外食べる人がいないのに、つい小豆を煮てしまうzzは
また今度こっそり試してみるつもりです。

・・・まあ、別に堂々と試してもいいんだけどね。
[PR]
by outlawroma | 2009-10-27 08:43 | 生活 | Comments(2)

キレイにしてる日はお褒めの言葉を、そうじゃない時は「ニイハオ」
といわれる日本人女性はイタリア中にいるはず。。。

いらっしゃいませと言われたあとに、ふと、そう思いました。

どうでもいいですが、「ふと思う」ってなんかいいですね。
ふ だって。すっごい抽象的♪

さて、zzはローマに来て最初の頃「チネーゼ」と言われるのに戸惑いを
覚えたものです。

言うまでもなくチネーゼというのは「中国人」の意味です。

「韓国人」と呼びかけられたことはありません。
あ、でも「アンニョンハセヨ♪」は数回あるかな?

面と向かって言われることはまれで、通りすがりや列に並んでる時など
おもむろに話題が「中国」或いは「中国人」に切り替わるのです。

そこでzzの耳に届くのは、チネーゼという言葉だけ。

言われたほうとしては、チネーゼが何?なんだと言うの? と、
その先が気になってしょうがないのですが、まああまり好意的な内容は
話してないみたいです。

面と向かって一番言われる言葉、ナンバーワンの「ニイハオ」ですが

これはなかなか可愛いものです。

アジア系の人がやってるメルカートや露店の前を通ると言われます。

「おっ、そこの中国人ぽいお姉ちゃん♪要るものない?」

って感じです。

チネーゼもニイハオも相手の声のトーンで、こちらを蔑称しているのか
単に呼びかけているのかが大体分かります。

観光客を相手にしてる人達は、大抵こちらが日本人だということを
一目で見抜きます。

なので、かけてくる言葉も必然的に「コニチワ」「中田」(←さすがに
最近減りました)となるわけですが
zz的にはニイハオと言われるほうがましかな、って思います。


これ以外は普通にイタリア人が誰にでも書ける言葉。

「ちゃお べっら♪」「あ べっら」「けっ かりーな」

どれもこれも、キレイだね、可愛いね♪という意味の言葉です。

これは、誰でも言います。

毎日顔をあわせる近所の電気屋のおっちゃんも、葬儀屋のおっちゃんも
宝石家のおっちゃんも・・・・・おっちゃんばっかでなんですが。

言ってみれば、挨拶です。

知ってる人に言われる場合は当たり前ですが、知らない人に
言われても、基本的にはほとんど挨拶です。

この中には

「私はアナタをある程度若い、感じのよい女性とみなしている上で
 きちんと挨拶してるのですよ」

といったニュアンスがこめられています。

この場合、彼らが期待しているのは笑顔と共に返ってくる
「ちゃお、こめすたい?」と言う返事だけです。

どういった雰囲気の男性が、どんな顔をして、どういった声のトーンを使うか
で更なる+αの意味合いがこめられます

ちなみにzzが汚い格好で両手にスーパーの袋をさげて、スッピンで歩いて
いる時は、近所の電気屋のおっちゃんは見てみないフリをしたりします。


ちなみに、「ちゃお べっら」は女同士でも言います。

ある程度の年齢の女性には、ちゃんと知り合いでない場合やみくもに
こういう言葉を投げる男性はいないように見えます。

ちなみにzzも、「ある程度の年齢の女性」とみなされている場合は
「ぶおんじょるの しにょーら」という言葉と共に、色んな意味合いの
+αを受け取ります。

さて、これらの呼びかけが「オス→おんな」として使われる場合は
言われたほうも、ある程度受ける印象が異なります。

近所の宝石屋のおっちゃんが「ちゃお べっら」をぬいぐるみでも放って
よこすみたいに投げるのに対して、

下心を持っている人の場合、わざと通り過ぎるまでまってから鋭い口笛を
吹いたり、犬やネコを呼ぶみたいにプスプスッと言ってきたり、キスを
吹き飛ばしてきたりした上でとりあえず、粘着質な「べっら」を釣りざお
の先につけてこっちに投げてきます。

状況によっては、目の前を通り過ぎるフリをしてキスしちゃいそうなくらい
近くまで顔を寄せてくる人さえいます。

相手に目を合わせたら、とりあえずそのベタベタした「べっら」が
こっちにへばりつく恐れがあるため、ねちょねちょした「ちゃお べっら」
が飛んできた場合は

相手のことを思い切り無視して通り過ぎます♪

とまあzzはこんな感じであちこちから飛んでくる「ちゃお べっら」や
「家まで乗せてあげるよ?」といった言葉を理解しているわけですが

他のイタリア在住女性達はどういう見方をしてるんでしょうね。
しりたいものです。
[PR]
by outlawroma | 2009-10-26 00:00 | 生活 | Comments(6)

私の印象

zzは女性なので、よく通りすがりの男性に声をかけられます。

昨日は家の近くの大きな交差点で、通りすがりの男性に

「いらっしゃいませぇ~♪」

と日本語で言われました。

しかも発音完璧なの。思わず振り向いちゃいました。
[PR]
by outlawroma | 2009-10-21 08:33 | 生活 | Comments(4)

古い台所用品

f0157724_21111444.jpg


引越しをする方から、トースターを安くで譲っていただきました。

トースターなんて普通に買っても安いものなのですが、zzが
このトースターを欲しいと思った理由は、ずばり古いから。

GIRMIというイタリアのメーカーらしいのですが、いまどきこんな
素敵な形のトースター、売ってません。

イタリア人のパートナーのお母さんが使ってた、みたいなことを
おっしゃっていましたが、フィアットの古い型のパンダを思わせる、
この角ばった形とそして色!!

タイマーもon/offもついていません

まあ、こうなると打ちのお釈迦になったトースターと何も違わない
のですが(それどころか、途中で復活してタイマーが使えるように
なった家のトースターのほうが、機能的にはいいくらい)

可愛さに負けて、GIRMIのトースターがzz宅の台所に収まる
ことになりました。

せっかくなので、zzのもうひとつのお気に入りも紹介。

f0157724_2121452.jpg


クッキー★一気に型抜き器!

だいたい型抜きクッキーを作ること自体、まれなのですが・・

しかも、クッキーの型すでにいっぱい持ってるし。。

古い金物屋さんで見つけたのですが、恐らく本当に15~20年以上
売れないでそのまま残ってたものだと思われます。

新しいスタイリッシュなキッチン用品もいいのですが、私はなぜか
こういう中途半端に古臭い、日本風に言えば昭和の雰囲気を漂わせる
モノに弱いようです。

皆さんも、自分だけのついついdeboleになっちゃうものってありますか?
[PR]
by outlawroma | 2009-10-18 21:34 | 生活 | Comments(9)

粘土の芸術

昨日の夜、正確には今日の明け方ダンナと二人で思わず見入って
しまったビデオ




青い粘土と赤い粘土が織り成すアニメーション

古い子供向けの番組なのですが、今見ても新鮮だし
何しろ素晴らしくよく出来てます

子供のころに見てたら、夢に見てただろうなぁ。。。

赤い粘土が移動するときに丸まって、ころころ転がるのが可愛い

キャラクターがこの世に存在しない言葉を話すと言うアイディアは
この頃から始まったのかな

せっかくなので、もういっこ張っちゃお♪




警官が免許書を見せろと言う辺りが笑える
[PR]
by outlawroma | 2009-10-12 04:37 | 生活 | Comments(2)

砂の芸術

ちょっと前にテレビのニュースで、ウクライナの24歳の女の子が
紹介されていました。

舞台の上で絵を描いている映像でした。

なんと彼女が絵を描くのに使っているのは、砂

明るく照らされたテーブルの上に砂をまき、両手を使って絵を描いてゆきます。

その絵は彼女の後ろにあるスクリーンに影絵のように映し出されるのですが
そのスピードと美しさは観た人の心を揺さぶります。

youtubeで動画を見つけたので、見てみて♪





youtubeに飛ぶと、他にもいっぱい見れます。
[PR]
by outlawroma | 2009-10-10 08:42 | 生活 | Comments(5)

ネコはどうですか?

月曜日に針の治療を受けてきました♪

zzが気功を習っている中国人の先生がローマに来たからです。

どうやらトレイシーのエクササイズと気功のトレーニングが効いて
いるみたいで、他の部分がきれいになった分だけ悪い部分が鮮明に見える
ようになっていると言われました。

まあ、ありがたいことに悪い部分が鮮明な分痛みも鮮明で、いつになく
効いてる感ありありの治療だったわけですが。


夜のセミナーのあと一緒にご飯を食べているとき、お肉の話題になりました。

豚肉は男の人にはあんまり好ましくないだとか、牛肉はエネルギーが
出るとかそんなことを教えてくれてくれました。

一般的にこういう世界では豚肉は避けたほうがいいとか、羊は悪い影響が
少ないとか、鶏肉はまあ無難、などと言われています。

zzは以前から馬肉が気になっていたので

「じゃあ、馬の肉は?」

と聞くと

「・・・しらない。中国では馬を食べる習慣がないから」


えー、そうなの。じゃあ じゃあ 

「鯨の肉は?」

「・・・それもわかんない。鯨も食べないもん」

場が一気に静かになったのですが、zzの脳内では

「じゃあ、じゃあ、ネコとか犬の肉は?

という質問がぐるぐると高速で回っていました。

単純に知りたかっただけなのですが、さすがにちょっと聞ける雰囲気では
なかったので、すごく頑張って黙っていました。

その後、先生が

「あ。でも蛇のお肉はいいよ~♪全部筋肉だからねぇ。エネルギー一杯」

と教えてくれました。

ちなみに中国では大きなかえるは丸のまま、お開きになって出てくるので
ちょっと食べるのにドキドキするそうです。
[PR]
by outlawroma | 2009-10-08 05:18 | 生活 | Comments(5)