<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

赤い椅子

f0157724_8535162.jpg


椅子を塗ってみました。

ねじが緩んでグラついていたのを締めなおして、下に新聞紙を敷いたら作業開始です。

f0157724_8551052.jpg


途中、スモーキーさんのチェックが入り・・・


20分後には赤い椅子の出来上がり♪

じゃん

f0157724_856173.jpg


ちょっとした変化ですが、随分と気分を明るくしてくれます。
[PR]
by outlawroma | 2011-02-27 08:57 | 物づくり | Comments(0)

大きなろうそく

f0157724_0271324.jpg


ろうそくを削ってみました。

大きなろうそくって、ちょっと使うと回りだけが残って中に火をつけにくくなるんですよね。

どうやって使ったらいいか知らなかったのですが、働いているレストランでこういう時はカッターで削るのだと教わったのです。

ま、普通に考えたらそうですよね。

でも自分では考え付かなかったな。

ろうそくの色がなんだかカボチャっぽくてかわいいことに気がつきました。。
[PR]
by outlawroma | 2011-02-21 00:32 | 物づくり | Comments(0)

ポムポムな夜

f0157724_10253454.jpg


今日は彼氏の前の彼女とその妹と、更にもう一つ前の彼女がzzの前に現れ、挙句の果てには彼氏とお母さんと歴代の元カノ達とそろってお昼ごはんを食べるという

たいそうテンションの張り詰めたひと時を過ごしました。



いつもみたいに夢の話ではないのですよ、ええ、現実に起こったことなのです。

風邪ひいててタダでさえ大変だってのにさ。



あ、さて

そんなお昼をすごした後、今夜はおうちに一人でゆったりしているということもあり、ちょっと前からやりたかったことに手をつけました♪

それは、巨大なハンギング☆ポンポン

アメリカのサイトでちょくちょく目にしていたのですが、イタリアではまだお目にかかったことがありません。

作り方はこちらのサイトを参考にしました。

zzは今一緒に住んでいるお友達にもらった、薄紙をつかってみました。

f0157724_1039663.jpg

50x76cmに切りそろえ

f0157724_10392921.jpg

アコーディオン状に折ります。

ま、作り方はティッシュのお花とおんなじなのでとても簡単。

f0157724_10403950.jpg

真ん中を針金で留めたら、紙が破れないように丁寧に開いてゆきます
f0157724_10413245.jpg


玄関の電灯の下につるしてみました。
f0157724_10414798.jpg


電気をつけると・・・

f0157724_10425445.jpg


いやに暗いです・・・
しかも、紐が長すぎて電球が丸見え。

しょうがないので責任を取って、自分の部屋の入り口につるす事にしました。

f0157724_10431445.jpg


ふふ

次はもうちょっと柔らかい紙で作ってみようと思います。
[PR]
by outlawroma | 2011-02-20 10:46 | 物づくり | Comments(4)

米と塩の石鹸

f0157724_937447.jpg


いやー、久々に石鹸ですよ。

ずっと作ってなかったわけではないのですが、うん、まぁ、確かにあんまり作ってませんでしたね。去年は。

今回は米ぬか油を使って、中に海の塩を入れた石鹸です。

ウルトラマリンも入れて、マーブルにしてみました。

すがすがしい雰囲気の仕上りで満足♪

香りはインチェンツォとラベンダー

スッキリした香りとお香独特のエキゾチックな香りが混ざり合ってて、なかなかいい感じ。


使えるのは後2ヵ月後

たのしみ~

詳しいレシピを知りたい人は、こちらでどうぞ☆
[PR]
by outlawroma | 2011-02-14 09:41 | せっけん作り | Comments(0)

お食い初め

f0157724_8532383.jpg


こないだうちに遊びに来た友人の御子がお食い初めをするということで、ちょいと盛り合わせてみました。

レストランに来てくれたのですが、当日いきなりの来店だったのでお食い初めに何を用意するのか全く分からなかったzzは適当に、山のものと海のものをのせてみました。

今日はzzが働いている和食レストランの自慢です(笑)

zzの師匠は日本人の板前さん。

zzは彼に一から教えてもらっているのです。

f0157724_8535756.jpg


上の写真はアンティパストを盛り付けるシェフ☆Endoの手♪

普段はローマのほかのおすし屋さんと大きく違うメニューではないのですが、あらかじめコースメニューを予約してくれた時は、こんなふうにアンティパストからしてステキなのです♪

f0157724_8542631.jpg


どうどう?

イタリア在住の日本人の皆さん

特に10年以上こっちに住んでて、あんまり日本に帰ってないみんな!

どうせおすし屋さんに行くなら、こんなの食べてみたいとは思いませんか?

うふふ

ま、いまんとこ作るのは新米のZZではなくてマエストロの遠藤さんなんだけどね。

でも自慢しちゃうもんね。ふふ

ドルチェはZZが作ります。

f0157724_9141774.jpg

お刺身の写真も撮ってみたのですが、アイポッドで撮ったのであんまりステキじゃないなぁ。

本当はもっともっと美味しそうなのですよ。


日本人が作った和食を食べてほっとしたい時は、是非どうぞ。

人が少ない時を狙って来たい人は、雨の日かサッカーの試合がある日を選ぶとほぼ確実にゆったり食事できますよ。
[PR]
by outlawroma | 2011-02-11 09:21 | 生活 | Comments(2)

cacio e pepe

f0157724_4445243.jpg


今日はcacio e pepeというパスタを作ってみました。

実はつい最近まで食べたことがなかったという、ローマ在住邦人としてはちょっと恥ずかしいzzだったのですが

このパスタ、ペコリーノチーズと黒こしょう、塩だけで味付けされたシンプルなものです。

アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノと同じくらい、というかそれよりもっと手軽につくれます。


☆作り方☆

まずはお湯を沸かして塩をいれ、スパゲッティーを茹でます。

ペコリーノロマーノをすりおろします。

量はパスタ一人当たり100gとしたらペコリーノ40-50gくらいが妥当なようです。

パスタがアルデンテに茹で上がったらザルにあげ、温めた容器にまだしっかりと水が切れてない熱々のパスタをいれます。

茹で汁を少々加えて先ほどのペコリーノを加え、フォーク二本で一気にかき混ぜます。
途中、挽き立ての黒こしょうをたっぷり加えて更に混ぜます。

後は温めておいたお皿にもって、出来上がり♪

美味しさを左右するのはゆでた後の混ぜ加減なのですが

茹で汁を加えてよくかき混ぜる事で、パスタの表面のでんぷんが剥がれ落ち、水分とチーズと共に混ざり合い、ばらばらだったスパゲッティーたちがいわゆる 「legati 」な状態になるわけです。

日本語でいうと、パスタのでんぷんが「つなぎ」の役割を果たして、全体がクリーミィになるのです。

んが、

zzは安物の表面がツルツルなbuitoniのスパゲッティーを使ったため、超激しくかき混ぜたにもかかわらず、ちょっとしかlegatiじゃないパスタになってしまいました。

ただ、不幸中の幸いで余っていたちょっとお高めの、表面がざらざらしたパスタを1/3ほど混ぜていた為、あっさりしてるけど、まぁ一応カーチョ エ ペーペらしきものが出来ました。

ちなみに、この間食べにいったmatricianellaという、チェントロにあるにもかかわらずとーっても美味しいローマ料理を出してくれるところで食べたcacio e pepe の写真はこちら

(食べかけなので、ちと見苦しいです。ごめんなさいね)

f0157724_454449.jpg



どうですか?

このクリーミィーさ加減?

正直言ってzzには重たすぎました。

日本のカルボナーラを髣髴とさせる、大量なソース加減。

でも、同伴のグルメなイタリア人は大感激してましたよ。

このくらいにするなら多分、ペコリーノ一人当たり100g近くいるんじゃないでしょうか?

あと、茹で汁も大量に。

ま、パスタ自体に秘密があるのかもしれませんね。


というわけで、シンプルだけど奥が深いcacio e pepe ,皆さんも一度お試しあれ~。
[PR]
by outlawroma | 2011-02-10 05:04 | 生活 | Comments(0)