タマゴの数字

f0157724_147476.jpg


週末、湖のほとりまでバイクでドライブに行きました。

とてもいい天気でお花の香りが充満する田舎道を走った後は、トム・クルーズが結婚式を挙げたというお城の隣にあるステキなレストランでたらふく美味しいものを食べ

ふたたび湖のほとりをブンブンとバイクで走ってローマに戻ってきました。

やはり週末はこうでなくては。

と、ベッドでゴロゴロしながらふと、携帯に目をやると

おや、電話がかかっていたようです。

メッセージも1件入っています。

うふふ、夜もまた何か楽しい事が待ってるのかしらん。

と、メッセージを見てみたら そこには

「zzさん、どうしたの?具合でも悪いの?今日仕事に来なかったけど・・・・」





え?

ええっ?







ガバっとベッドから飛び起きたところで目が覚めました。

ええ、目は覚めたのですがね。

それは決して夢ではなかったのですよ。

なんたることか、私とした事が、レストランの喫茶タイムのお仕事を忘れて、一日中遊びほうけていたのです。

あのね、ちょっとこれはびっくりしたね。

さすがに朝からメッセージを見るまで1gたりとも考えが及ばなかったなんてね。

しかも、お昼を食べたレストランでは店の人と「最近レストランで喫茶の時間をはじめたの~♪」なんて、話題にまで上らせておきながら

そこで働いているはずの自分が、よそのレストランでお菓子までムシャムシャ食べていたとは。

どこまで責任感の無い女なのでしょう?わたくし。

と同時に、自分の意識の深い部分が実は色んなことから自由なのだということが分かり

ああ、ビバ☆自分!! ますますzzの事が好きになった次第です。


ちなみにトップのタマゴの写真ですが

イタリアのタマゴって、数字がスタンプされてるんですよね。

一番最初に書いてある数字、たとえばこのタマゴには0IT032BO255とありますが

この場合0はbiologicoの意味があります。

数字0から3まであって

3 per le galline allevate in gabbia (o batteria);
2 per le galline allevate “a terra”;
1 per le galline allevate all’aperto in maniera intensiva;
0 per le galline allevate all’aperto in maniera estensiva e con mangime biologico.

とまぁ、3あたりは食べないほうがいいような気がします。

これはつい最近彼氏のお母さんから教えてもらったのですが、なかなか分かりやすい表示ですよね。

安いやつは大抵3の表示があります。

高いのでも中をあけてよく見たら2だったりする事がしばしば。

さすがにBIO表示をしてるものはちゃんと0みたいですが。

やはりタマゴもストレスの真っ只中で産まされたやつより、土の上を駆け回って暮らしている鶏の産んだタマゴのほうがきっと体には良いハズ。

皆も参考にしてみてね。
[PR]
by outlawroma | 2012-05-23 02:18 | 生活 | Comments(5)

勝負服とふんどし

人前に出るときに着る、取って置きの勝負服があります。

といっても、20ユーロで買った安物のコックコートとザラホームで見つけたエプロンなのですがね。

それでも本人は満足しているのですが、そろそろ少しグレードアップした勝負服が欲しいなと思い始め、ネットで色々と探してみました。

せっかくなので和風なものを・・

と考えたのですが、さすがに着物は汚れちゃうし、ちょっと変な人みたいなのでやめました。

うーんと考えて、作務衣なんかどうかしら?

と、探したところ

f0157724_232392.jpg


・・ああ、ありました。

そして思い出しました。

この格好は日本国においては 「 居酒屋の店員 」 がするのだ言う事を。

イタリアでやったらきっと、忍者って言われちゃう。

じゃぁ、もうちょっと洒落た柄の入ったものなら。。

f0157724_2353140.jpg


甚平さんが見つかりました。

でも、これじゃぁなんかヤンキー入ってるみたいだ。。

もうちょっと控えめな柄なら・・

f0157724_237029.jpg


やはり、ヤンキーの香りはぬぐえない。

それにこの袖じゃ火が燃え移る可能性大です。

じゃいっそ、和食調理服で!

f0157724_23113321.jpg


・・・・・こう来たかっ!!!

居酒屋店員から板前にグレードが上がったら、ヤンキー趣味からヤーさんテイストにグレードアップするのか。

確かに分からなくも無いんだけど、しかもどれも男物だし。

と、ふと横の広告に目をやるとそこにはなぜか、褌 「フンドシ」の文字が・・

ついつい興味のわくままに検索を続けてしまったところ、「日本フンドシ協会」なるものを見つけてしまい、そこでなんと女性用フンドシの存在を発見。

なにやら色んな風にメリットがあるという説明がついていました。

個人的にはタンガかブラジリアーナを支持するzzがフンドシを締める日はまぁ、来ないとしても。

子供の頃からずっと、どうやって身に着けるのか不思議でなりませんでした。

そしてとうとう、ふんどしの締め方を発見。みんなも見て見て!!

f0157724_2324769.png


いやー、こうやって締めるのですね♪

よく考えたもんだ。

それから一度彼氏に身に着けてもらいたいもんだ。

というわけで、新しい勝負服は見つからないままフンドシの締め方をマスターした昼下がりでした。

そのうち誰かにプレゼントしてみようっと。ひひ
[PR]
by outlawroma | 2012-05-17 23:29 | 生活 | Comments(2)

f0157724_19264058.jpg


昨日、お友達にマーマレードをもらいました。

彼はお料理が大好きな人で、去年まではzzと一緒に週に一度お友達を招いてアペリティーヴォを開いていた仲。

時々連絡を取っては、お料理情報を交換するのです。

彼には取って置きの野菜屋さんがいるとかで、その人のところでは異常に細長い野菜や、どういうわけかミニチュアサイズに育っている野菜、真っ白い野菜、など

よくわからない育て方をした、不思議な野菜が見つかるんだそう。

ちなみに今回は、同じくそこへ通っている別の友達から

「ここだけの話なんだけど、彼って苦いオレンジの木を持ってるのよ。」

と言う情報を得たそうな。

本当に苦い、食べる事の出来ない種類のオレンジなので決して売りに出される事はないのだそう。

でもこのオレンジ、マーマレードを作るのには欠かせないのです。

そこで友人は野菜屋さんにお願いして2kgだけ何とか特別に売ってもらったのだとか。

今まで一度もマーマレードを作った事の無い彼は、この珍しい苦いオレンジを無駄にしないためにも念入りに下調べをしたようです。

今回はzzにマーマレードを固めるのに必要なペクチンをどうやって取り入れるか教えてくれました。

秘密はオレンジの種。

オレンジを絞ったときに出る沢山の種を取っておいて、小さな布の袋に入れます。

そしてそれをマーマレードを煮る時に一緒に煮て、取り出すのだそうです。

zzが知っていた方法はオレンジの実が入っている薄皮の部分を一緒に煮るというものだったのですが、種を使うというやり方もあるのですね。

早速今朝、朝ごはんに食べてみました。

とろりと固まったマーマレードは素晴らしいオレンジの香り満載で、ちょっとだけほろ苦くてなかなか美味しく出来ていましたよ。
[PR]
by outlawroma | 2012-05-01 19:42 | 生活 | Comments(2)