肉まんな夜

イヤだ何このいやらしいタイトル?



って、自分で書いておきながらアレなんですが。

肉饅頭な夜とか包子な夜とかにすれば良かったですかね?

えー、気を取り直して写真でも入れてみましょう。

f0157724_822850.jpg


前回の記事で出て来たzzの友人、この先出来ればズラ生活を送りたい実は新婚ホヤホヤな彼女の御宅で、美味しい肉まんをご馳走になりました。

小腹が空いた時にピッタリだったので、是非とも自分で作ってみようと思い立ったわけです。

よく考えてみたら、肉まんを作るのは初めて☆

せっかくなので忘備録代りに残しておこうと思います。

まずはから。

ピザ用小麦粉 400g
生イースト 25g のやつを半分
ぬるま湯 220cc
砂糖 大さじ2
しお 小さじ1/3くらい
植物油 大さじ2


ぬるま湯にイーストを溶かし、粉類は全部一緒にします。
そして力のいる捏ね上げは、zzの新しい人生の伴侶に お、ま、か、せ♪

f0157724_8293443.jpg
つい最近もらった、中古のキッチンエイドです。


これでイースト生地をこねるのは今回が初めて。
大変パワフルでいい感じです。

粉を回しながらぬるま湯を加え、油も加えます。
滑らかにこね上がったら、丸めて保温。
電気毛布をつけたベッドの中で1.5時間、一次発酵をしました。


続いてです。

豚ひき肉 400g弱
ネギ 適量
ショウガ 適量
ニンニク ひとかけら
酒 大さじ2
砂糖 適量
醤油 大さじ1
しお テキトー
キクラゲ、タケノコ


全部をいい加減にぐるぐる手で粘りが出るまでかき混ぜます。
出来上がったあんを、発酵した生地に包んでゆきます。

今回は実験的に

皮50g+あん40g
皮40g+あん35g

の2種類を作りました。


二次発酵は、湯気のたった蒸し器の中で火を消して20分したものと、そのまま勝手に時間が経って発酵しただけの状態のものを試しました。

蒸し器で発酵した方の蒸しあがりはこちら。
ちなみに蒸し時間18分

f0157724_8442397.jpg
全然ダメじゃーん!!


過発酵の蒸しすぎで、ぺしゃんこです

気を取り直して、あんまり膨らんでない状態で蒸し時間も12分に短縮して、どうだっ
f0157724_8483314.jpg

おおお、なんか肉マンらしい姿ではありませんか。

皮のツヤ、ハリ、大きさともにいい感じです。

取り敢えず、皮40g+あん35gの生地を室温で30分くらい置いて12分強火で蒸せばいいようです。

早速味見をしたのですが、中身が皮と一体化しておらず、それぞれがてんでばらばらに自己主張。

食感を求めていれたタケノコのアルカリ臭と言うか、シナチク臭がネギの生臭さと共に鼻につくのも気になります。

包む時はこの餡ではちょっと柔らかすぎるんじゃないかと思ったのに、皮のフカフカ加減とかみ合わない硬さに仕上がっています。

二個試食したら三個目は我慢大会みたいに辛い肉まんの夜☆

満足の行く出来上がりまで、試作を重ねることは出来るでしょうか?

乞う、ご期待!  → 肉まんな夜⭐️二回目

[PR]
by outlawroma | 2013-02-28 08:53 | 物づくり | Comments(0)

お洒落心とヘアスタイル

f0157724_511439.jpg


最近、古着屋さん巡りにはまっています。

値段が安いのはもとより、色んなテイストの服が一つのお店の中でいっぺんに見られるというのは、大きな魅力の一つです。

ZZが一番好きなのは、70年代の洋服やサングラス。

トップのスカートは多分70-80年代のものだと思います。長さが違うスカートが一つになっています。

そしてもーっと古い時代のハンドバッグやコートなどを見るのが好き。

やはり40年を越したものは、元々の質がいくら良くても保存が難しいようで、実際に使えそうなものはサイズの有無を含め、なかなか見つかりません。

40代目前となった今一番嬉しいのは、全てにおいて流行り物から解放されつつあるということです。

洋服、小物、靴、化粧、そして髪型。

これからは自分が自分の流行を決めて、自分だけのスタイルを貫く年齢が始まります。

今年は一年を通して、今まで着た事のない色やタイプの服装を着こなす挑戦をしてみたいなと思っているところです。

ありますよね、「あ、このスカートカワイイ♪」 って思っても、まさか自分が着ようとは思わなかったようなタイプの服って。

でも、自分がいいなと思ったということは、きっと何かしら自分に相応しいポイントを備えているはず。

ちょっと時間を取って考えて、着こなす努力をしたいと思っているのです。

最も、世の中のオシャレさんたちはこんな事、10代の時に経験済みなのでしょうけど。

でも、これから大人の女性のオシャレを学ぶ前に、一度今までやりそびれてきた部分を大急ぎで取り戻しておきたいなと思うのです。

f0157724_521845.jpg

このトップは昨日手にいれたもの。前身頃がシルクで、両肩にウサギの毛皮がついています。
ピタピタのパンツとヒールを合わせて、夜のお出かけに使えそう☆


昨日は同年代の友人と二人で古着屋さんを満喫したのですが

彼女も私も黒髪のロングヘア、どっちも自前のサラサラストレートです。

彼女曰く「 そろそろ長いのは見苦しい年齢になって来たから困る。下ろすのと一つに括るだけで使いまわして来たのに、それが出来なくなる。」

いっそのこと、全部剃って毎日違うカツラをかぶりたいくらいだ。

って確かにね、全剃りは勘弁ですがストレートのロングヘアの人なら皆多少は納得な意見ではないかと思うのです。

若い頃にドライヤーやらスプレー、ワックスを使うことに慣れ親しんでない人にとって、長い髪を切ってしまうというのは物凄い面倒でしかあり得ません。

結ぶことができない長さって、つまり、跳ねたり寝癖がついたり、ちょっと伸びたら切ったり。。。。。

朝起きて化粧するだけでも時間がかかるのに、その上髪の毛も?

友人のいうように、今日は3番のをかぶろっかな?それともこないだ買った5番目のオカッパにしよっかな?

って、かぶってお終い♪ にできたらメチャクチャ楽そうです。

ともあれ、そんなことも言ってられないので、これから徐々に素敵で楽チンなヘアスタイルも研究して行かねば。
[PR]
by outlawroma | 2013-02-26 05:14 | 生活 | Comments(2)

見栄とダイエット



f0157724_03080471.jpg



ダイエットを始めて一体どのくらい経つでしょう。

スモーキーさんはだいぶスリムになりました。

食事の量を制限するに当たって、飼い主のzzにとって一番辛かったのがスモーキーさんからの催促です。

もともと出された餌を完食することさえ滅多になかったスモーキーが、zzの顔さえ見れば

「ゴハン〜、ニャニャー」

と、餌くれリクエストをするようになったのです。

何だか不憫でしょうがなかったここ数ヶ月。

それが先週から、ちょっと様子が違ってきたのです。

どうやらきっかけは先週末から久々にzzと一緒にお泊まりをしたことのようです。

zzの彼氏の家には、スモーキーさんと仲良しのメス猫、ミーチャさんが住んでいるのですが

スモーキーさんはいつも以上のしつこさと頻度で、夜中だろうが朝方だろうが御構い無しに「餌くれ、ニャニャー」と騒ぎます。

猫はとても賢い上にワガママなので、夜中に人の家で家具にガリガリ爪を立てて騒げば嫌でもzzが起きて言うことを聞くのがちゃんと分かっているのです。

こればかりは私もお手上げで、お泊まり時は好きなだけ餌を上げてしまいます。

そんなお泊まりナイト中、暗闇で寝ぼけたzzがベッドに入ったまま餌を出してあげると

ちょっと食べただけで、何処かに行ってしまいました。

引き出しに餌をしまわないと、、、とうつらうつらしている内に、何やらスモーキーさんが戻ってきました。

そして、ミーチャがそれに続き、まるで促されるように残った餌を食べ始めたのです。

ちょっと離れてそれを眺めるスモーキーさん。

この光景は、それから家に帰るまで、餌の度に繰り返されることになったのです。

なんということでしょう、zzをアゴで使って自分の彼女を食事に招待するとは!

これじゃぁまるで、甘やかされて大人になったイタリア男と同じではないですか。

zzの育て方がいけなかったとでもいうのでしょうか?

面白いのが、最初は余ったご飯をご馳走していたみたいなのですが、回を重ねるに連れて、食い意地の張ったミーチャさんの催促が激しくなり、次第にスモーキーさんの食事時間と量が激減。

家に帰る頃にはどうやら胃が縮んでしまったのか、それから一週間家では昔のようにちょっと食べたらあとは残すようになりました。

残した餌は気が向いたら食べるくらいで、ご飯コールも減り、餌をあげようとしたら前の餌がまだ残っていて「まだあるじゃん」 ほら、と言うzzに

あ、ほんとだ。

みたいな感じで食べ始めるくらい、餌に対する変な執着がなくなったようです。

そして今週末もまた、同じ光景が繰り返されているのですが

今回はミーチャさんを連れてくる前にzzが餌を隠してしまったせいで、数回スモーキーさんに恥をかかせることになってしまい、

後に残されたスモーキーがzzをじっと見つめるのに辟易し、結局餌を隠すのは止めることにしました。

というわけで、

うん、やっぱり私の育て方に問題があるのは否定できない事実だな。

何はともあれスモーキーさんが一つストレスから解放されて、嬉しい限りです。(どこまでも親バカ…)
[PR]
by outlawroma | 2013-02-11 06:14 | 生活 | Comments(0)