ソファー

f0157724_19245003.jpg



クリスマスも終わり、師走もクライマックスを迎えましたね。

今年の年越しは皆さんどのように過ごされますか?

私はローマでのんびり豚さんの足をかじるつもりです。

さて、師走のやっつけ仕事を二日がかりで終えました。

トップの写真のソファーです

f0157724_19290011.jpg
本来はイケアのシンプルなソファー

ちょっと前の記事で上げた古い雑誌を使って、カバーしただけなのですが

エプロンとは違い、これが思ってた以上の大仕事。

もう何年も前に買ったソファーはスモーキーさんの憂さ晴らしの対象だった為、あちこちがボロボロになっていました。

f0157724_19304993.jpg
まぁ、最初から巨大な爪研ぎを買うつもりで導入したのですがね


今の家に引っ越してからは他の犬や猫がソファーで昼寝をするようになり、万が一ダニやなんかを持ち込んだら嫌だなと思っていました。

f0157724_19341437.jpg
分解して一つずつカバーしてゆきます

でも、ビニールでコーティングしてしまえば爪研ぎにはできないし、虫が付くこともありません。

どうせ自分の部屋に置いているだけなので、多少不恰好になってもいいかなと思ってチャレンジしてみました。

ごく一部をミシンで縫う他は、巨大なホチキスで留めて行くだけというシンプルな作業なのですが、相手が大物なだけになかなかの力仕事となりました。

出来上がりはこちら🌟

f0157724_19372948.jpg
3冊しかなかった雑誌の余りページでやったので、統一感がイマイチなのが心残り


体重80kg以上の人が頻繁に座るには適していないかもしれないのですが、(中の紙が破れる恐れあり)zzや犬猫がゴロゴロする程度なら、全く問題ない仕上がりになりました。

座って目に付いた古い記事を読むのも楽しいです。

というわけで、リニューアルしたスモーキーさんの旧・爪研ぎ。これからは本来の用途、ソファーとして活躍してもらいたいと思います。










[PR]
by outlawroma | 2016-12-27 19:44 | 物づくり | Comments(0)

後戻り出来ない事

f0157724_22574406.jpg
かれこれユースキンのお世話になる事、7年。


この間、日本人の友人とお喋りをしてた時にスプレーの話になりました。

髪の毛を巻く時に先にスプレーするか、巻いてからスプレーするかを説明しようとした彼女だったのですが

「だからね、最初にきちんと巻いてからスプライを・・すぷ、ス、スプ・・・・レー?あれ? えっとごめん、スプライをね・・・」(どうやら彼女の中で、正しいのはスプライと判定された模様)

と、しどろもどろになっていたので

「うんうん、スプレーね。そんで?」

と、話を続けたのですが

普段日本語を使わない生活をするようになって、一番困るのが「外来語」です。

日本語そのものを間違う事はネイティヴなので有り得ないのですが(本当か?と胸に手を当てればそうとも言い切れないのが辛いのですが)

でも、アルファベットを使う国に住むと単語が外来語の場合はなおさら、きちんと発音しないと通じません。

(一番困るのは人の名前をカタカナで覚えてる時・・・これは発音だけでなく、アクセントも違ってくるのでさらにややこしい)

にも関わらず日本語での外来語というのは、聞こえる音に重きを置いたカタカナ文字になっている事が多いので、久しぶりに頭の引き出しから引っ張り出してきた時に、どう発音して良いものやら迷う事が多いのです。

友人とはその後、PCとMacの事をどっちもパソコンという日本風の癖をようやく直したと思ったら、今度は日本で「コンピューター」という言葉を使って恥ずかしい思いをした事など、お互いを慰めあったのですが。

私も数年前に日本に帰った時、お母さんに薬局でユースキンを買ってきてね、とお願いした折に

「なんてクリーム?」

「ユースキン」

「え?』

「ユー すきん」

ゆー・・・きん??

「・・・・・」

もはや、親子なのに日本語が通じなくなってしまった原因が全く分からなくて、お互いに目を見開いたまま見つめ合い、途方に暮れていたところ、母に

「ごめんね、zzちゃんの発音が良すぎて、お母さん分からん・・・・・」

と、言われてしまったのです。

発音て、ユースキンなんてバリバリの和製語じゃん。

これではいかんと思い、ユースキンを取り出してケースの文字を見せたところ

「ああ、なーんだ。YU-SUKIN ね、オッケー」

と、即座に解決。

日本語では全ての子音の後に、何が何でも母音をつける傾向があるのだと、この時初めて実感したのでした。

SKINではなく、SUKIN と言わなくてはいけなかったのです。

イタリア語がネイティヴ並みに話せるのならまだしも、このままでは唯一完璧なはずの母国語が危うい。と、微妙に心配になったものです

そして今日はイザベル・アジャーニー の名前を出して「イザベル・アジャニー」と指摘を受け、さらに宙ぶらりんな気分で辛いです。

はあ、なんだかな。






[PR]
by outlawroma | 2016-12-08 23:36 | 生活 | Comments(0)

f0157724_03113085.jpg
大家族だと移動はバスが便利

さてさて、最近映画の記事をちょくちょくアップしてますが

今回もすごく素敵な映画を見ました。

Captain Fantastic 、主演の俳優さんはこちら

f0157724_03121016.jpg
もっさいヒッピー崩れみたいなオッサンだと思っていたら、途中ヒゲの下からすごいいい男が出てきてビックリした


家族を主題にした映画です。

f0157724_03114963.jpg
大自然の中、世俗から遠く離れた生活をする父と子供達


6人の子供を一人で育てているお父さんなのですが、その教育方法が何とも考えさせられるのです。

f0157724_03122237.jpg
肉体的、学術的に並外れたレベルの教育を受ける子供達


子供には嘘をつくことがなく、意見が違う人たちにもオープンな姿勢を見せる父親

f0157724_03124151.jpg
物語は、母親の死から始まります


感情を隠さず、自分たちの疑問や考えを堂々とぶつけてくる子供達がとても可愛くて、ちょっと胸を打たれる部分もあります。

f0157724_03123555.jpg
それぞれのファッションがこれまた可愛い


母親のお葬式に出るため、金と欲、そして嘘にまみれた現実世界へ足を踏み入れる家族。

f0157724_03142316.jpg
一般家庭での食事にてショックを受ける、一般人たち



f0157724_03281458.jpeg
次第に自分の極端な教育方法に疑問を抱くことになる、父


あまり詳しく内容を書いてしまうとあれなので、トレイラーでもちょろっと貼ってお茶を濁すとしましょう。



トレイラーじゃあんまり雰囲気が伝わらないのが残念

とにかく明るくて、可愛くて、ちょっと考えさせられる、ハッピーエンディングな映画なので年頃のお子さんを持つ年代の人にオススメです。


f0157724_03132736.jpeg
家族の絆の大切さと子供達の強さがビシバシきます









[PR]
by outlawroma | 2016-12-06 03:38 | 生活 | Comments(0)