和風ブルスケッタ

f0157724_21590351.jpg
色がキレイなので食卓が華やかになります


さてさて、レモンのセミフレッドに続き今日はもう一品紹介してみたいと思います。

すごく簡単で、外国の食べ物に慣れていない人にも受け入れやすい前菜です

海外で和風の食べ物を出すとなると、日本食を現地の材料でアレンジするか、現地の料理に日本の材料を使って異国風にするかの二者択一しかないのですが

色んなレストランで斬新な料理に慣れている一部の人を除き

食べ物に保守的なイタリア人相手の場合、後者は結構気を使います

パスタのソースなどで本来裏ごししたトマトを使うところを、刻んだトマトで作っただけでも間違った食べ物と嫌な顔をする人だって少なくないイタリア

が、今回はあえて後者を選びました

作り方はとっても簡単

材料

パン 

枝豆 (豆だけ、茹でたやつ)
豆乳 (別に牛乳でもリコッタでも何でもいいけどね)

アンチョビー
トマト
黒オリーブ


枝豆をミキサーなりフードプロセッサーなりでクリーム状にします。
途中で塩と豆乳少々を加えて、好みの硬さ&味に調節。

薄切りにしたパンをオーブンかグリルで焼いて、枝豆のペーストをぬるだけ。

トッピングにアンチョビーやトマト、オリーブを。


これはガッツリ食べたい系の人が集まるときではなく、ちょっと気取ったアペリティーヴォなどに小さめのポーションで出すと成功する確率が高いです。

従って、ニンニクは使いません。

気取った場ではどんなに美味しくても、ニンニクと玉ねぎを使っているとわかると誰も手をつけない可能性があります。

このブルスケッタは枝豆ペーストが比較的ニュートラルな味なので、ある意味受け入れやすく

ある意味退屈・・・

と言うことで、美味しいと言わせるにはやはりイタリア食材勢にも頑張ってもらわねばなりません。

そこで

パン ローマならpane di Lariano が好まれます

オリーブ これまたローマならGaeta の黒オリーブ、種を抜いてね

アンチョビー zzのオススメはRizzoli、どこでも売ってるし美味しい

トマト 大っきいのを刻むより、小さくて味の濃いトマトを市場で味見して買う(ローマなら1kg6ユーロくらいすることも多いけど、大した量使わないのでここは絶対にケチらず!)

美味しいトマトが見つからない時は、ドライトマトを使うのも手です。


f0157724_21582759.jpg
和風と言うと、結構な人がワサビの緑だと思って恐る恐る食べるのが面白い☆
でもちゃんとトライする辺り、魅力のある一品なのでしょうね


と言うことで、簡単に作れて見栄えが良い、そしてある程度ボリュームのあるおつまみの紹介でした。






[PR]
by outlawroma | 2017-04-19 00:08 | 生活 | Comments(0)

f0157724_22024959.jpg
レモンのセミフレッド、苺が入るとまるで絵画のような仕上がりになってキレイ



昨日はパスクエッタでしたね。

zz達はお庭にお友達を呼んで、総勢30数名で楽しく時間を過ごしました。

30人というと用意が大変そうですが、家にはフランカさんという心強いキッチンの女王がいます。

zzはちょっとしたデザートのみを担当。

今回はセミフレッドを作りました

デザートにジェラートを用意すると、とっても喜ばれるものですが

美味しいジェラート屋さんで10人を超える人数分を買うとなると、お会計時に『えっ?』とびっくりしてしまうような金額になることもしばしばです。

そんな時には自家製セミフレッドが大活躍☆

とても美味しい上、用意もジェラートに比べるととても楽なので、是非お試しあれ。


24cm丸型 高さ4、2cmで満タンになります
シリコン型が便利ですが、普通の底が抜けないケーキ型でもok
出すときはお皿に伏せて、上を熱いお湯に浸して絞った布巾で軽く温めてからゆすって取り出します
(この量で約16人分、たっぷり食べるなら10から12人分)

材料
卵(bioあるいは地鶏の新鮮なもの) 3個
砂糖170g
レモン(無農薬) 3個
生クリーム 500ml


1  砂糖を小鍋に入れ、水50ml程度を加えて弱火で煮立てる
2  卵を白身と黄身に分けて、まずは白身を泡立て始める
3  1のシロップが少し煮詰まってきたところで、泡立てている2に少しずつ加えてゆく(シロップの半分は残しておきます)
4  3が完全に泡立って冷めてきたら別のボールに移して冷蔵
5  シロップを再び弱火で温め、別に卵黄をあわだてはじめる
6  卵黄を泡立てながら、熱くなったシロップを少しずつ全部加えてゆく
7  卵黄が完全に泡立ってクリーム状になったらレモン3個分の表皮を削って加え、冷蔵庫にいれる
8  別のボールで生クリームを完全に泡立てる
9  レモン3個分のジュースを絞る
10 先の卵白、卵黄、生クリーム、レモンジュースを混合
11 型に流して表面にラップをピタリと貼り付け、冷凍

私は普段ここにポピーシードを少々加えて水玉模様にします

今回は余っていたイチゴをレモンと砂糖で軽く煮て、ジャム状にしたものを加えてみました

f0157724_22030857.jpg
冷蔵庫から出してすぐでもお魚用の食卓ナイフでサックリ切ることができます


庭にレモンの木があって、それが実り始めたあたりからちょくちょく作っているのですが

このセミフレッドはものすごく評判がいいです

一見難しそうですが、何のことはない、全ての材料を泡立てて混ぜるだけ

砂糖をシロップにして熱いまま加えるのはpasteurizationと呼ばれる低温殺菌法です、これをやると卵の生臭みが消えてとても味が良くなります。
(ティラミスなどを作るときにも、こうやって殺菌するとぐんと安全性が増します)

これからの季節、これに苺をレモンとお砂糖で和えたものや、抹茶味のラング ド シャを添えて出すと、お客さんが本当に拍手しちゃうくらいの勢いで喜んでくれますよ。


f0157724_22032273.jpg
お料理好きの人は、お試しあれ!





[PR]
by outlawroma | 2017-04-18 22:38 | 鉄板☆シリーズ | Comments(0)

イタリアの女子会

お久しぶりで御座います、あっと言う間にもうパスクアですね。

暖かくなり、zzもちょろちょろとケータリングの仕事をこなしておりました。

f0157724_03301091.jpg
女友達だけのパーティー
真ん中に一人男性の幽霊が写り込んでいますが、さらっと無視しましょう♪


今回のクライアントは1年くらい前からお付き合いのある女性です。

とてもゴージャス☆素敵なお宅なので

キッチンも大きくて大変使い易い・・・・と、ウキウキして到着したその先には


畳1.5畳分くらいの広さのキッチンテーブルが全て塞がり、床には子供の靴が散乱、果ては女の子が床に転がり泣きわめき

肝心の女主人はパジャマ姿で家政婦3名に指示を出しつつ、めちゃくちゃテンパっている光景が繰り広げられていました。

小さなお子さんのいる家庭では、子供達が大泣きして駄々をこねたり家中を走り回っているのはごく普通なのですが

まさか、キッチンが使用不可能な状態とは!

これは初めてです。お寿司を置く場所もありません。

あと1時間でパーティーが始まります、そしてzzは複数の前菜を盛り付けてチキンの照り焼きも作らなくてはいけません。

しかも、60人分。

使えるはずの盛り皿は、ほとんどありません。

f0157724_03303002.jpg
この後、彼は靴のまま冷蔵庫によじ登りお目当てのものを捜索♪

なんてこったい、と思いつつも

しかし、ここで私が焦ってはただでさえギリギリなホステスの奥様が可哀想です

ぐっと堪えて平静を装い、奥様が自分で手作りしようとしていたおつまみをセッティングするお手伝い

そしてようやく自分の仕事に手をつけることができました。

f0157724_03302545.jpg
zzのアシスタント女性も、盛り付けにてんやわんや
現場では最初の2時間が勝負です


ギリギリセーフで女主人が着替えて化粧をし、しばらくするとお客さんたちが集まります。

キッチンの外では女性たちのかしましい声が響き、DJが音楽をかけ始めました。

一人しかいないバーテンダーは、全員分のドリンク作りに翻弄されています。


f0157724_03301686.jpg
リクエストされた焼きそば
毎回大きな業務用フライパンが使えるとは限りません


女性だけのパーティーということでしたが、つまりは女子会。

(声をかけて集まる女友達が60人以上もいるって、それも凄いですが)

この後は歌手が歌いだし、それに合わせてカラオケが大合唱され、最後には皆さん汗だくで踊り狂っておりました。

男性だけのパーティーでは、こうはいきませんよね。

あんまりお酒が入らなくてもこんなに盛り上がれるなんて、感服です。

平日ということもあり、夕食ではなくアペリティーヴォだったのでこの日は早めに切り上げました。

お家に帰ってみると、そこにはたらふくご飯を食べて動けなくなった友人ジェシカとマウリツィオがzz達を迎えてくれました。

f0157724_03304498.jpg
マウリツィオがzzの為に持ってきてくれた、タマゴ!

zzが食べて感想を言うのを待ってた、って、つまり今食えってこと?


背毛ごうごうな写真のおじちゃんが、鶏を育てている人だそうです。

なんでもヤギのミルクを飲んで、原っぱを走り回った鶏達が産んだタマゴとかで

食べた後には口の中にヘイゼルナッツの風味が広がる、それはそれは素敵なお味なのだとか

f0157724_03312662.jpg
ちょっとおじちゃん、お洒落じゃん!



腹ペコだったので、とりあえずその辺のアスパラガスと一緒に調理

f0157724_03315952.jpg
なんか朝ごはんみたいな夕ご飯なんですけど・・・


タマゴはとても新鮮で、黄身は大変濃厚な味でした。

残念ながらヘイゼルナッツの味はしなかったよ、おじちゃん。

空きっ腹にいきなりタマゴを突っ込んだ後は、ようやくお寿司タイム

最後の力を振り絞って、飛び切りゴージャスな太巻きを作ってこの夜は幕を閉じました。

そんな訳で、ブログの更新は滞っていますが私は元気です。


















[PR]
by outlawroma | 2017-04-17 06:17 | 生活