オレンジな夜

f0157724_18152073.jpg
お風呂に入るオレンジ達

庭の前にある雑木林。

手が届く範囲に苦いオレンジの木があります。

今年はミカンくらいの大きさのオレンジしかなりませんでしたが、そろそろいい感じに色づいてきました。

ふと思い立って、オランジェットを作ってみることにしました

f0157724_18150855.jpg
汚れをしっかり落とします

正直あまり好んで食べた事がないので他の何かと勘違いしていたのかもしれませんが

皮だけのじゃなくて、丸ごと輪切りにしたやつが作ってみたかったのです

そんなわけで、まずは丸ごと茹でてからブラシでゴシゴシ。

そして再びゆでこぼします。

f0157724_18153781.jpg
二回めはお湯が綺麗

輪切りにしたら、同量の砂糖とともに煮込みます。

f0157724_18155468.jpg
苦味を残してちょっと甘酸っぱい味を目指します

野生のオレンジなので、果汁はレモン並みに酸っぱいです。

甘いだけのオレンジの皮があまり好きではないので、皮の苦味と果汁の酸味で少し変化をつける事ができるのではないかと期待します。


f0157724_18160122.jpg
軽く風味付け

f0157724_18160826.jpg
110度で40分ほど乾燥

オーブンで乾燥させたはいいのですが、一体どのくらい乾かせばいいのやら。

適当なところで味見をしてみました。

結果は・・・

うーん、味はちょっと苦味が強すぎるようでもあり、このくらいの方がアクセントがあって良いようでもあり。

好みですね。

酸味は程良く残っています。

結局丸ごとでは食べにくいので、細長く切ってチョコがけにしてみました。

f0157724_18161349.jpg
お客さんの目の前でとろけたチョコをコーティングすると、食いつきがよい

チョコをかけると美味しさアップ。

お茶にもコーヒーにも、そして何よりグラッパにも合うので、食後につまむのにちょうど良いです。

次は香りの高いミカンで作ってみたいと思います。










[PR]
# by outlawroma | 2016-01-13 19:17 | 生活 | Comments(0)

リゾットとみしみし

f0157724_02445102.jpg
トータニと黒キャベツのリゾット



今日も夕ご飯ネタでいきたいと思います。

年末にトータニの恩恵にあやかったzz達、年明けに再び彼氏がフレッシュなトータニを買ってきました。

季節なのでしょうか?やけに大型の綺麗なトータニが安売りされていた模様。

胴体はグリルして食べてしまい、残ったゲソで今度はリゾット。

f0157724_02450124.jpg
そもそもこの機械が使いたくてしょうがなかったらしい・・・


スーパーで見つけたという「鍋の中身をかき混ぜる機械」

彼はこれが使いたいが為に、リゾットを所望。

充電して2時間くらい持つという攪拌器は、以外と優れものでした。

ポレンタやあんこを煮るのに便利そう♪

そんな中、フランカさん登場。

「今日はzzにミシミシを食べさせてあげるわ♪」

みしみしと言うとってもキュートな名前のお野菜は、見た目菜の花っぽい野草です。

f0157724_02452835.jpg
misimisiカラブリア弁でmese per meseという意味だそう

一年中、あっという間に育つので毎月収穫できるのが名前の由来だそうです。

見た目はブロッコレッティやチーメ ディ ラーパなどの菜の花系の野菜っぽいのですが、それよりも更にほっそりと繊細な感じ。

味は苦味が強めで菜の花のような鼻に抜ける辛味はありません。

これは胡麻和えや辛子味噌和えにすると、大変美味しいものができると想像されます。

f0157724_02451968.jpg
鮮やかな緑、アルデンテに茹でても繊維が邪魔をすることはなさそう

そんなわけで、この日は緑色の食卓と成りました。

f0157724_03060745.jpg
足元にはスモーキーが尻尾をブンブンさせながらご飯の催促














[PR]
# by outlawroma | 2016-01-13 03:00 | 生活 | Comments(0)

マグロとポレンタ

f0157724_21170963.jpg
黒いツブツブは胡椒

さて

前日のお尻ドクターの妻がzz達にこっそり分けてくれたものがあります。

それは、彼女曰く「とってもスペシャルな」マグロの油漬。

普通日本ではシーチキンと言う名前で、缶入りで売られているものです。

イタリアでは缶詰と瓶詰めの両方をよく目にしますが、美味しいのは瓶詰めのやつ。

そんなマグロの油漬、なんとお尻ドクターのお手製なのだとか。

とにかく、年末にもらっていたこのマグロの油漬

年末年始のパーティー続きでうんざりしていたzzとフランカさんの二人で

今日は何も料理したくない、そうだ、ポレンタ作って済ませちゃえ。
あ、じゃあもらってたマグロでセコンドも済ませちゃえ!

と意気投合したところでお披露目と相成ったのでした。

f0157724_21021590.jpg
zzが止めるのも聞かず、中華鍋にてポレンタが煮られる・・・

トリュフ入りのポレンタを彼氏にぐるぐるやってもらっている間に、私は一人でワインを飲みながらマグロを味見♪

f0157724_21014107.jpg
マグロはもちろんお尻ドクターが釣り上げたもの

ちょっと黒っぽいマグロを一切れ口にすると、それは未だかつて食べたことがない領域の美味しさ。

こんなマグロの油漬が存在するとは・・・

食べ物の味に関してはかなり意地の悪いものの見方をする私ですが、これは手放しで大絶賛に相応しいものでした。

生臭さがとても少なく、かつ、魚の旨みがめちゃくちゃ濃いのです。

マグロは余り好きな方ではないのですが、これは大好きな部類にいれてしまいます。

その後、ポレンタも出来上がり超手抜き且つゴージャスな夕ご飯になりました。

f0157724_21022288.jpg
手抜きの助っ人はやはり、それだけで美味しい食材

エシレバターにはポレンタのお供を引き受けてもらいます


三人で散々マグロを褒め称え、大満足な夜になったのでした。

f0157724_21012805.jpg
マグロを風味付けるのに月桂樹とジュニパーがいい仕事をしていました




[PR]
# by outlawroma | 2016-01-12 21:33 | 生活 | Comments(0)

海の幸とお尻ドクター

f0157724_20361012.jpg
いつも通り寝正月だったスモーキー社長から、ご挨拶☆



年末、ご近所さんにイカをもらいました。

トータニと呼ばれるイカで、普通結構安いお値段で売られています。

匂いがきついので私は余り好きではないのですが、エキサイトしたフランカさんに台所から呼ばれて行ってみるとそこには

1m近いトータニが・・・

釣りが趣味のご近所さん、以前大きなマグロをzzの彼氏と釣ってきて庭で解体したことがあるのですが、今回は巨大なイカを4匹ほど釣り上げた模様。

取り敢えずzz達に獲物を自慢して、その内の一杯をくれました。

小さめでしたが、それでも2kgはあります。

早速友人のマウリツィオとジェシカのカップルを呼び、お料理です。

f0157724_20362225.jpg
トータニを生で食べる日が来るとは!!


先ずは大急ぎですし飯を仕込み、お刺身と握りにしました。

肉厚すぎてどう切って良いものやら悩ましい・・・


エンペラとゲソはマウリツィオが買ったばかりのフライパンでパスタを作ってくれました。

イカはまだ生きていたらしく、触ると表面の色がムラムラと変わっていました 

f0157724_20373156.jpg
人のフライパンなのに、何故かzz達の家にあるという不思議

ちなみに釣り好きなご近所さんは、美容整形外科医。

お尻専門だそうです。

友人ジェシカによりculista(日本語で言ったらオシリスト?お尻主義者とかそんな感じでしょうか)とあだ名をつけられた彼ですが、彼からの贈り物による夕げは更に続きます。







[PR]
# by outlawroma | 2016-01-11 20:54 | 生活 | Comments(0)

2016年

皆様、明けましておめでとうございます!!!

特に面白いネタはないのですが、いい加減自分のブログを開く度にお姉ちゃんのお尻が出てくるのにもそろそろ飽きてきたので、とりあえず新年のご挨拶でもアップしたいと思います。

今年の年末年始もいつも通り、お客さんや彼氏の親戚やらが犬やら猫やらと一緒にやってきて大賑わいでした。

そんな中で記憶に残ったのは、こちらのビデオ。

オバマ大統領をホロリとさせてしまう、アレサ フランクリンの貫禄ある歌声です。


youtubeで見つけたビデオはなぜかナイジェリアのTV放送☆


キャロル キングの曲を歌うアレサ。

エキサイトするキャロルと、その後ろの東洋系の人のリアクションがいい感じです。

彼女が未だ生きていたことにも驚いた(失礼)のですが、当然のようにピアノを弾き、なんの苦もなく迫力の歌声を披露。
重そうなコートを脱いでる時も、全く平然と歌い続けています。

本当の歌手というのは、こういうものなのですね。

あとは年末のカウントダウン。

普段テレビを見ない私たちなのですが、毎年この日だけは特別にテレビをつけてゲストたちと一緒にカウントダウン&シャンパンの栓を抜きます。

年が明けてから、その時見ていたRAI1(日本のNHKみたいなもの)のカウントダウンが時間を間違っていたとか、放送すべきでないメッセージがそのまま流れたとか、国営放送でこんなことが起こるのはイタリアだけだろうと言える事態が発覚するにつけ、今年もまあ、いい感じに流れてゆくのかなというメロウな思いでいっぱいです。

あ、お友達のバンドが何をどうやって潜り込んだのか知りませんが、そのカウントダウンで数曲歌っていたのが嬉しかったです。

んー、そんな訳で今年もゆるくお付き合い下さい。



[PR]
# by outlawroma | 2016-01-06 00:45 | 生活 | Comments(0)

スクワットとビデの関係

f0157724_23512525.png
スポンサー広告ではありません⭐️



ある時目にしたスクワットチャレンジなるものを、始めてみました。

言うまでもなく、目的はヒップアップです。

と言うか、持ち上げるケツが無い貧ケツ国民のzzですから、先ずは大臀筋を鍛えて少しでも大きくすることです。

スクワットチャレンジに興味を持ったzzを、実際にやってみるところまで後押しするのに大きく貢献したのがトップの写真。

何度見ても目の保養になります❤️

と言うわけで、1日毎に回数を増やしていくだけの簡単なプログラム。

私はそれに加えて、暇をみてはスクワットをしていました。

例えば、コーヒーが沸くまでの間、スクワット。

最後の脱水がなかなか終わらない洗濯機の前で、スクワット。

シャワーの蛇口をひねってから、熱いお湯がではじめるまでの間、スクワット。

トレードをしながら、スクワット。

パスタが茹で上がるまで、スクワット。

とにかく、手持ち無沙汰な時は、スクワット。

最初の一週間は自己流でやっていたのですが、ある時彼氏に見つかって

「なにそれ、そんなんじゃダメだよ」

と、パーソナルトレーナー付きの彼からちゃんとしたスクワットのやり方を習ってからは、更に強力なスクワットチャレンジが続きます。

そんな中、2週間目に突入したあたりからある変化に気がつきました。

それは、ビデを使っている時。

イタリアでは用を足した後、ウォシュレットではなくて本物の水道からザアザア出てくるお湯と専用の石鹸でお尻を洗うのが普通です。

いつものように洗おうとしたら、お尻がありません。

あれ?

まあ、実際に洗わなくてはいけないのはお尻のほっぺた部分では無いのですが、普通はソープをつけた手がまず、二つのほっぺた部分に当たります。

それが、いつもの場所から居なくなっていて、遥か彼方の上の方に移動しています。

しかも、手で触れる面積が減っている。

そして、3週間目に当たる今では更に手で触れることができる面積が減少し、なんとなく寂しい位です。

どうやらこれは、下がっていたお尻が本当に上の方に移動してしまった模様。

恐るべし、スクワット。

これって、本当にある程度お尻にボリュームのある人だったら、きっと今頃トップの写真のようなお尻をゲットしているんでしょうね。

いかんせん元が貧ケツなので、下がっているおかげであるように見えていたお尻が上に移動して、今や全く無くなってしまったzzとしては、今度はほっぺた部分を増やさなくてはいけません。

斯くなる上は、エクササイズの量を増やしてさらなる大臀筋の肥大を目論むしか無いようです。

プリケツへの道は険しい・・・・
[PR]
# by outlawroma | 2015-12-06 00:12 | 生活 | Comments(0)

最初の夫

もう何年か前の話。

zzが働いていたレストランのオーナー⭐️ステッラさんとお喋りをしていた時のことです。

zzの前の旦那さんの話題になりました。

私たちは別居手続きをしてはいるものの、法律上はまだ夫婦です。

別れて2年くらいの間は人前で別れた旦那さんの話をする時に何と呼んでいいものか、今一つピンとくる呼び方が浮かびませんでした

次第にex-marito(元・夫)と呼ぶようになったのですが、何となく冷たいような感じがして本人の前でそう呼ぶことはちょっと気がひけるな。などと考えていた頃です

ex-marito と言ったzzにステッラが

「ねえ、別れた旦那のかっこいい呼び方教えてあげようか?」

と言いました。

何て言うの?というzzに

il mio primo marito 私の一人目の夫

って言うのよ♪

という答えが!!

きゃーん、一人目だって❤️

どこぞのハリウッド女優みたい♪

「この方がシックでしょ?」

やはり、イタリア人にとってもex-で呼ぶのはちょっと気がひける部分があるのですね。

これだったら本人の前で言っても、気まずいどころか笑い話のネタになりそうです。

でもまだ冗談を言える間柄の人ぐらいにしか使うことはありません

40代半ばか50代くらいのホントの大人の女性になったら、サラリと使えるようになるはず。

うぷぷ、楽しみ♪



[PR]
# by outlawroma | 2015-11-28 00:45 | 生活 | Comments(0)

木苺トニック

f0157724_06280169.jpg


週末、ラズベリーを買いました。

日曜日のブランチにパンケーキを作って、それにホイップクリームと一緒に添えようと思ったからです。

んが

料理番長のフランカさんが張り切ってお料理してくれたので、どうやらパンケーキは必要なさそうだなということになり、お蔵入り。

その後、ジャムにしようかと思ったのですが

ふと思いついてウォッカに漬け込んでみました♪

f0157724_06231299.jpg
お試しなので少量。


このまま冷蔵庫で二日ほど放置したのち、ウォッカトニックを作ってみました。
f0157724_06273788.jpg
薄いピンク色に染まったウォッカ


氷を入れたグラスにラズベリーテイストのウォッカを注ぎ、レモンとミントを入れたらシュウェップスでグラスを満たします。

f0157724_06274930.jpg
レモンが緑色なのはまだ熟れてないのをレモンの木からもぎ取ってきたから・・ライムじゃないですよ


これが大成功!

最初はうすーい色合いだったのが、レモンとトニックウォーターに入っているクエン酸のおかげですごく綺麗なピンク色に発色❤️

f0157724_06272230.jpg
あれよあれよと言う間に、色が濃くなってゆきます



見た目の美しさは勿論のこと、とてもいい香りが付いていて、味も普通のキリッとした味わいのウォッカトニックとは一線を画す、何とも言え無いグラマーなテイストになっています。

これは再び試す価値あり。

次は別のフルーツでも試してみようと思います。



[PR]
# by outlawroma | 2015-11-27 06:32 | 生活 | Comments(2)

水のエネルギー

この間の記事で、水泳をしていると書きました。

そんな訳で今日も泳いできたのですが、今週は毎回シンクロナイズドスイミングをしているグループと遭遇しました。

いつも思うのですが、泳いでいるメンバーによってプールの中で感じるエネルギーの質が変わります。

シンクロをしている人たちが一緒の時は、水がなんとも滑らかな感じになります。

スピード競技をしていると思わしきアスリートが多い日は、こちらまでエネルギーで満たされるくらいダイナミックな波動を感じます。

普段のおじいちゃん、おばちゃんが多い日は、のんびりとしていてリラックス効果抜群。

大きなプールの半分を陣取って、人魚みたいにクルクルとプールの中を泳ぎまわる女の人たちを見ながら泳ぐなんて、こんな贅沢あっていいのかしら?

そんなことを考えるのは私だけではないらしく、隣で泳いでいた男性もしばしそれに見とれていました。

そんな中、上半身裸の人魚が・・・

おろっ? と思ってよくよく見てみると、男性です。

一人だけ違うコーチから指導を受けているようで、女性陣が休んでいる間に驚くほど力強く且つ正確なダンスを水の中で繰り広げていました。

知らなかったのですが、男性のシンクロナイズドスイミングもあるのですねぇ。

この後彼はパートナーの女性とデュオでパフォーマンスを練習していました。

それにしたって水の中からシンクロの動きを間近で見られるなんて、中々ありえない経験です。

これからまた泳ぎに行く楽しみが増えました。



[PR]
# by outlawroma | 2015-11-13 23:54 | 生活 | Comments(0)

おいもとパン

f0157724_03175526.jpg
電気代がもったいないので、両方いっぺんに焼いてみた


パンが無かったので、夕方こねて焼いてみました。

ちょっと時間がかかる焼き方にしようと思ったところに、今朝市場で買ったサツマイモが目に入ったので一緒に焼くことにしました。

サツマイモは2種類

写真手前の二つがイタリアでよく見るサツマイモ、皮が白っぽいやつです。

奥の一個は日本のサツマイモを彷彿とさせる、紫の皮。

焼き芋の美味しい匂いと共にパンが焼きあがったので早速中身を拝見。

f0157724_03180247.jpg
左の、めっちゃオレンジやし・・・


日本のサツマイモっぽいのは中身も日本風、一方イタリア芋はどうやら水分が多いらしく、穴も開けていないのに沢山の蜜を吐き出していました。

触った感じもフニャフニャです。

味はというと、日本風のやつはちょっと味が薄いかな?と思ったのですがまあ、普通の焼き芋。

食感が少しねっとりしています。

イタリア芋はねっとり感がさらに強く、そのままスプーンですくうとまるでジャガイモのピュレのようです。

味は私の知っているサツマイモとはだいぶ遠く、ニンジンとカボチャを足して2で割った感じ。

ひょっとしてこの色、βカロチンなのでしょうか?

味と匂いから察すると、まさにそんな感じなのですが。

こっちのカボチャは水っぽくて火を通すとドロドロになってしまうのですが、このお芋を使えばカボチャコロッケやカボチャプリンぽいものが作れそうです。

うむ、こうなったら明日早速プリンにしてしまおう。











[PR]
# by outlawroma | 2015-11-13 04:16 | 生活 | Comments(0)