タグ:面白いこと ( 259 ) タグの人気記事

大根にて候

皆々様、あけまして大変めでとう御座います。

今年もzzのゆるいブログに、お付き合いのほどよろしくお願い致します。





昨夜はふと思い立って輪違大根なるものを切ってみました。


f0157724_20122771.jpg
なんかちょっと苦しそう



何故かというと、正月早々風邪でダウンした折「カブを買ってきて」とお願いしたらどういう訳か大根がやってきて、そろそろカビが生えてきたので、飾り切りの練習でもしてやろうと思ったのです。

f0157724_20124110.jpg
一本の大根を鎖状に切り出すのが、輪違大根




お手本はこちら

f0157724_20133575.jpg
江戸時代の料理本とやらに載っておりました


それにしても、zzの大根とだいぶ違う感じが・・・


f0157724_20124756.jpg
どうやら大根の太さそのものに問題があると気付くものの、時すでに遅し



日本の身がしっかり詰まった、柔らかなぶっとい冬大根でやるべきものなようです。

イタリアの夏大根並みに細い、スの入りまくったカスカス大根ではあんなまん丸い輪っか、無理。

f0157724_20144832.jpg
どうやらこれが正しい輪違大根


f0157724_20130282.jpg
鎖を一つずつ外して行きます

ともあれ、乗りかかった船

作り方自体はさほど難しくもなく、それどころか、途中までは結構ちょろかったのですが

鎖を切り離してゆくところに差し掛かり、大根の細さがネックとなって四苦八苦

しかも、この肝心要の部分はどこにもやり方が見つからなかったので、自分でもどうやって切り離したのか未だに謎

やり始めて1時間くらい経った頃でしょうか、もはや何故真夜中にこんなことをやり始めたのか自分でも分からなくなった辺りで、ようやく出来上がり。

f0157724_20131699.jpg
角を削って丸くするとか、もうどうでも良くなった

早くこの大根から解放されたい、その一心でさっさと写真を撮って大急ぎで温かなベッドルームへと逃げ込んだのでした。

という訳で、今年もあんまり意味のない事で満載な一年になる予感、ムンムンです。

皆様も、お風邪などお召しにならぬようご自愛ください。

誰かが大根を二本とか買ってきて、貴方も輪違大根を作り始める羽目になるかもしれませんよ。













[PR]
by outlawroma | 2017-01-24 20:39 | 生活 | Comments(0)

ソファー

f0157724_19245003.jpg



クリスマスも終わり、師走もクライマックスを迎えましたね。

今年の年越しは皆さんどのように過ごされますか?

私はローマでのんびり豚さんの足をかじるつもりです。

さて、師走のやっつけ仕事を二日がかりで終えました。

トップの写真のソファーです

f0157724_19290011.jpg
本来はイケアのシンプルなソファー

ちょっと前の記事で上げた古い雑誌を使って、カバーしただけなのですが

エプロンとは違い、これが思ってた以上の大仕事。

もう何年も前に買ったソファーはスモーキーさんの憂さ晴らしの対象だった為、あちこちがボロボロになっていました。

f0157724_19304993.jpg
まぁ、最初から巨大な爪研ぎを買うつもりで導入したのですがね


今の家に引っ越してからは他の犬や猫がソファーで昼寝をするようになり、万が一ダニやなんかを持ち込んだら嫌だなと思っていました。

f0157724_19341437.jpg
分解して一つずつカバーしてゆきます

でも、ビニールでコーティングしてしまえば爪研ぎにはできないし、虫が付くこともありません。

どうせ自分の部屋に置いているだけなので、多少不恰好になってもいいかなと思ってチャレンジしてみました。

ごく一部をミシンで縫う他は、巨大なホチキスで留めて行くだけというシンプルな作業なのですが、相手が大物なだけになかなかの力仕事となりました。

出来上がりはこちら🌟

f0157724_19372948.jpg
3冊しかなかった雑誌の余りページでやったので、統一感がイマイチなのが心残り


体重80kg以上の人が頻繁に座るには適していないかもしれないのですが、(中の紙が破れる恐れあり)zzや犬猫がゴロゴロする程度なら、全く問題ない仕上がりになりました。

座って目に付いた古い記事を読むのも楽しいです。

というわけで、リニューアルしたスモーキーさんの旧・爪研ぎ。これからは本来の用途、ソファーとして活躍してもらいたいと思います。










[PR]
by outlawroma | 2016-12-27 19:44 | 物づくり | Comments(0)

f0157724_03113085.jpg
大家族だと移動はバスが便利

さてさて、最近映画の記事をちょくちょくアップしてますが

今回もすごく素敵な映画を見ました。

Captain Fantastic 、主演の俳優さんはこちら

f0157724_03121016.jpg
もっさいヒッピー崩れみたいなオッサンだと思っていたら、途中ヒゲの下からすごいいい男が出てきてビックリした


家族を主題にした映画です。

f0157724_03114963.jpg
大自然の中、世俗から遠く離れた生活をする父と子供達


6人の子供を一人で育てているお父さんなのですが、その教育方法が何とも考えさせられるのです。

f0157724_03122237.jpg
肉体的、学術的に並外れたレベルの教育を受ける子供達


子供には嘘をつくことがなく、意見が違う人たちにもオープンな姿勢を見せる父親

f0157724_03124151.jpg
物語は、母親の死から始まります


感情を隠さず、自分たちの疑問や考えを堂々とぶつけてくる子供達がとても可愛くて、ちょっと胸を打たれる部分もあります。

f0157724_03123555.jpg
それぞれのファッションがこれまた可愛い


母親のお葬式に出るため、金と欲、そして嘘にまみれた現実世界へ足を踏み入れる家族。

f0157724_03142316.jpg
一般家庭での食事にてショックを受ける、一般人たち



f0157724_03281458.jpeg
次第に自分の極端な教育方法に疑問を抱くことになる、父


あまり詳しく内容を書いてしまうとあれなので、トレイラーでもちょろっと貼ってお茶を濁すとしましょう。



トレイラーじゃあんまり雰囲気が伝わらないのが残念

とにかく明るくて、可愛くて、ちょっと考えさせられる、ハッピーエンディングな映画なので年頃のお子さんを持つ年代の人にオススメです。


f0157724_03132736.jpeg
家族の絆の大切さと子供達の強さがビシバシきます









[PR]
by outlawroma | 2016-12-06 03:38 | 生活 | Comments(0)

強い女性

昨夜、友人カップルとともに夕食を食べていた時のことです。

同席していたフランカさん(zzの彼氏のお母さん、83歳)が、ちょっとむせました。

ゴホゴホ言っている彼女を、zzと彼氏は無視。

こういう時、気にしてほしい人と逆に無視してほしい人がいるものですが、彼女は後者なのです。

が、友人カップルはまだフランカさんのことを良く知らなかったようで、段々と心配をしだしました。

友人     (zzの彼氏に向かって)
       「おい、水を持ってきてあげたらどうだ」

フランカ   「いえいえ、大丈夫ですよ」

zz&彼氏    無言
       (水?フランカが水なんか飲むわけないじゃん)

フランカさんの言った「大丈夫ですよ」は直訳すると

水なんか要らないわよ、そんなもん食事中に飲ませないでくれる?

という意味なのです。

その後席を立って、自分の家のキッチンへ行くフランカ。

なかなか戻ってきません。

友人達   「ちょっと、ちょっと、大丈夫かな」
      「あなた息子なんだから様子を見に行きなさいよ」


彼氏    「大丈夫だって、心配しなくても」

友人達   (だんだん怒り始める)

「彼女戻ってこないじゃないの、あなた達二人ともなんなの?」

彼氏    
「あっちに行ったのはどうせ見たいテレビがあるからに決まってるんだよ」

zz
「いや、私は隠れてグラッパひっかけに行ったと思う」


遠くから聞こえる声 「ゴホゴホ、ゲホゲホ・・・」


友人達 
「おいちょっとお前ら、なんだその人でなしみたいな態度は!!!」

「お前のお母さん、むせてるじゃないか。心配じゃないのか??!!!」


顔を見合わせて信じられないという表情をしている二人に、とうとう彼もちょっと心配になったのか席を立って様子を見に行きました

「ねぇ、あなた達ちょっと酷いんじゃないかしら、その態度?」

と、気を使いつつも友人がzzに話しかけてきた時、二人が戻ってきました


白けた顔をした彼氏が言いました。

 「何してたと思う?君が飲んで減ったビールの補充してたよ。さっきフランカの冷蔵庫から二本持ってきたろ?」

やっぱ心配して損した。

と、そこは治まったのですがしばらくして友人の飲んでいたビールが無くなってしまいました。

全員がワインを飲んでいたので、自分一人のためにもう一本空けるのを遠慮している彼に気づいたフランカさん。

「まぁまぁ、何も遠慮なさらないでくださいね。ちょうど今、開けたばっかりのが冷蔵庫にありますから、それなら気兼ねなく飲めるでしょう?私もビール派なんですよ、実は」

と言い残して自分の台所へビールを取りに行ってしまいました。

そうです、彼女はテレビを見ていたわけでも、グラッパを飲んでいたわけでも、ましてや具合が悪くなって一人台所で咳き込んでいたわけでもなく

ちょっとむせちゃったから、口直しにビールでも一口飲んでやろうかしら?

と、一人で隠れてビールを飲んでいたのです。

そこでビールが減っているのに気がつき、明日飲む分を補充していた所を様子を見に行った彼氏に見つかったのです。

これを見てzzと彼氏が 「ほーらね、そんなこったろうと思った」

とニヤニヤしているのを見て、再び友人カップル達は信じられないという顔をしていました。

人は歳をとると弱くなるものだと誰もが思っているようですが、私はフランカさんと暮らすようになってから、逆に強くなってゆくのではないかと思うようになりました。








[PR]
by outlawroma | 2016-11-23 21:09 | 生活 | Comments(0)

f0157724_22214673.jpg
日本語のタイトルは「リザとキツネと恋する死者たち」

はてさて、昨日に引き続き今日もzzが気に入った映画の紹介です。

こちらは結構前に見た映画なのですが、題名を長いこと思い出せずにいました。

ハンガリーの作品です。

舞台は70年代、架空のハンガリーの首都

30歳のリザと言う女の子が主役

f0157724_22271280.jpeg
メックバーガーという場所で食事をするのが楽しみなリザ

12年間、個人看護婦として世話をした日本大使夫人の死からストーリーは始まります。

よく考えたらこの映画も死がテーマですね。

孤独な彼女の唯一の友人は、ジャパニーズポップシンガー トミー🌟谷
幽霊なので他の人には見えません

f0157724_22211701.jpg
トミーの歌声がたまらない


そしてある日リザは恋に落ちるのですが・・・

f0157724_22272439.jpeg
お相手は皆、死んでしまうという悲劇


実はリザはキツネの呪いに憑かれているのです。

ポップで素敵なトミー谷の軽快な歌声とともに、なんとも言えない雰囲気を味わえる映画です。




えぶりバディー♫




[PR]
by outlawroma | 2016-11-17 22:40 | 生活 | Comments(0)

笑える映画 Swiss Army Man

f0157724_01572181.png
最初何にも知らなかったので、戦争映画かと思ってました


昨夜面白いビデオを見ました。

スイス・アーミー・マンというのですが、軍隊のアレじゃなくて、色んな機能が付いてるアーミーナイフのように便利な男の話です。

男というか、半分死体なんだけどね。


遭難して無人島に流れ着いた青年が主人公。

f0157724_01573870.jpg
やっと誰か来たと思ったら、死んでるし・・



ところが、絶望している主人公の前に現れたこの死体がやたらと便利。

まずは島を逃げ出すことに成功。


f0157724_01580210.gif
もうね、展開がメチャクチャ


見ての通り、死体はハリーポッターの役者さん。

主人公はLittle Miss Sunshine (この映画も死体が出てくるけど)の根暗なお兄ちゃん役をやった人。

f0157724_01585633.jpg
いくら困ってるからって、随分無茶な利用の仕方をする主人公


f0157724_01582961.jpg
手作りおもちゃ風の小道具が一杯出てくるよ



やがて二人は生きる希望を取り戻し、家に帰る方法を編み出します。

f0157724_01584222.png
サラという女性も登場


あらゆる困難を経て、二人はとうとう人のいるところまでたどり着くのですが・・・

恐らく全く無名の男性二人が監督です。(ウィキに情報載ってない)

どうやって有名俳優の二人をゲットしたのかは分かりませんが、久しぶりに変わった映画を見ることができて、満足。

この夜zzは彼氏に腹を立てていて、口も聞かずに横に座って見ていたのですが

途中であんまりおかしくて、笑ってる間に仲直りしてしまいました。

余り面倒なことを考えずに、笑ってリラックスしたい時にオススメ。

興味があったら見てみてね。










[PR]
by outlawroma | 2016-11-17 02:27 | 生活 | Comments(0)

古い雑誌 2

f0157724_23111699.jpg
エプロンに変身🌟

前回の記事にあげた古い雑誌

ふと思いついて、エプロンにしてみました。

私は食器を洗う時にビニール製のエプロンをつけるようにしているのですが

ちょうどその紐にあたる部分が壊れてしまったので、付け替え用のが欲しかったのです。

買うとかなりのお値段がする代物な上、おしゃれなデザインのものがなかなか売っていないので

いずれにせよ何らかの材料を見つけて、自分で作ろうと思ってました。

f0157724_23115012.jpg
あると便利なポケット付き♫

透明な薄いビニールのテーブルクロスを買って、中に雑誌のページをサンドイッチする形で縫っただけ。

紐の部分は着古したジーンズを再利用。

周りには大好評で、これなら売れる!と言われたくらいなのですが

なんせビニール、ずれないようにミシンで縫うのに難儀して作るのに2日もかかってしまいました。

工場に依頼して数百枚作るとかでない限り、売って利益になる程効率の良いものは出来そうもないので、次に作るのは友人にプレゼントする時か自分用くらいでしょう。

作り方自体はごくシンプルだし実費7−8ユーロくらいでできるので、興味のある人は作ってみては?

洗い物の時にお腹が濡れなくて、すごく便利ですよ。






[PR]
by outlawroma | 2016-11-11 23:25 | 物づくり | Comments(0)

古い雑誌

f0157724_02053219.jpg
さすがイタリア、オサレです


トランプ氏がアメリカの大統領、当選確実になりましたね。

丁度一年くらい前にニュースキャスターの女性とヒラリー・クリントンの話題になったことがあるのですが

彼女はかなり嫌われているので、もし彼女が候補になったら相手側は単純にヒラリーが嫌だからという理由で票を得る可能性が出てくる。

と言っていました。

ま、単純かつ結構的を得た一意見ではあります。

いずれにせよ、世界中をここまで心配&賑わせた大統領選は、これが初めてなのではないでしょうか?



あ、さて

行きつけのリサイクルショップにて、古い雑誌を見つけました。

今でも売られているお手軽ファッション雑誌、GRAZIA

60年代の終わりのものでした。

埃をかぶってはいるものの、保存状態はかなり良いものです。

f0157724_02052404.jpg
白黒のページが多いのが特徴

f0157724_02060233.jpg
こんなヘア普通にみんなやってたんですかね、すごい技術が要りそうです


おそらく今も昔もターゲットとする層は同じなのでしょうが、かつての主婦達が読んでいた内容が結構面白いのです。

すごく気になったのが、悩み相談コーナー。

ペット、子供、夫、進路、健康、と多岐にわたって弁護士から獣医から、色んなプロが相談に答えてくれるのです。

しかも、ここに行けば良いよ的な答えが住所付きで書いてあったりするの。

作り手と読者の距離感がかなり近いのも、興味深い。

f0157724_02044110.jpg
トマトやパスタ、チーズの宣伝がとっても多い

f0157724_02054365.jpg
日本ではここ20年で普及した食器洗い機。イタリアでは40年以上前に普通に使われていた事実にショックを受けてしまいました。

f0157724_02051373.jpg
アレッシの食器。クラシックなデザインに混ざって、今も店頭に置かれているデザインがチラホラ!


f0157724_02055305.jpg
お庭のアイディアなどもあるのですが、自分でというよりは庭師に頼めといった内容です。
左は普通の奥様向け、右はブルジョワな奥様向けのアイディア

f0157724_02045398.jpg
ブラジャーの宣伝がとにかく多い!

f0157724_02050282.jpg
当時売れっ子の(?)スタイリスト、アレックス。
しかも専門は下着


他にもメロドラマ風な連載小説が、結構なページ数を割いて載っていたので、試しに読んでみると・・・

これがなんと、かなり進んだ内容なのです。

今ではテレビシリーズで普通になっている、複数の登場人物に焦点を当てた複数のストーリーが同時進行という、内容がとても濃い、そして読者を飽きさせないテクニックがここに!

正直言ってハーレクインのような、単純&お手軽内容の小説を期待していたのですが

夜中にベッドの上でついつい読みふけって、夜更かししちゃうくらい良く出来てる。

当時の清楚な女性達が読んでいるとはいえ、内容は今でも有り得るようなもので

子供ができず養子を迎えた夫婦、しかし日に日に夫に似てゆく我が子に疑問を覚えた妻は、果てにはこの養女が自分の親友だった女性と夫の子で、夫がこっそり計らって養子として手元におけるようにしたのではと思うようになり・・・

と、そこで他の登場人物が主役の別のストーリーに視点が移ってしまい、読んでる身としては続きが気になって仕方がないという仕組み。

イタリア語の勉強に(時代のせいか文法、単語ともに砕けた表現がかなり少ない)もってこいなものを見つけてしまいました。

という訳で、次はこの雑誌を使って素敵なものを作ってみたいと思います。






[PR]
by outlawroma | 2016-11-09 19:35 | 生活 | Comments(0)

鮭とバラのヒビ



f0157724_01293906.jpg
人ん家でご飯作ると片付けなくていいのが素敵



のらくら生きていたら、再びあっという間に時間が過ぎてしまいました。

ブログを更新していない間、何をしていたかというと


楽しい仲間達とともに日々、


食べて

f0157724_01072335.jpg
下の犬は肉に興奮しすぎてブレブレ

f0157724_01031572.jpg
キューバ料理レストラン、初めて行ったけどなかなか楽しかったです

f0157724_01073156.jpg
フランカさんの作る料理たち



歌って
f0157724_01064423.jpg
プロの演奏はやっぱいいですな





踊って
f0157724_01361388.jpg
今年はお外でハロウィン


フランカさんも一緒に🎶



しかし、時にはちゃんと 働き
f0157724_01104858.jpg
初めてシルバーではなく真鍮を使用

f0157724_01114187.jpg
30人分のマグロ

f0157724_01120570.jpg
今回は人に手伝わせるという技を習得


ブログだけ見ていたら、zzはぐうたらの怠け者に見えるかもしれませんが

・・・まあ、その通りです。


確かに楽しいことが大好きなので、そう見えても仕方がないのですが

罪悪感を感じることなく心の底から遊び興じることが出来る、それもある種の技術だと思っています。

習得には結構な年数を要しました。


師匠はこちら、スモーキーさん

f0157724_01133502.jpg
くるしゅうない、近う寄れ



という訳で、zzのことを見守ってくださっている皆様

更新のろくてごめんね。





[PR]
by outlawroma | 2016-11-09 01:25 | 生活 | Comments(0)

ヒッピー石鹸

さて、ようやく夏も終わった所で久々の記事アップです。

今日は石鹸を作りました。


今回のトッピングは、なんとなんとカンナです
(カンナが一体なんの植物かはご自分で想像してください)

4月の新月に種を蒔き、夏のバケーション時もなんとか生き延びてくれたカンナちゃん。

f0157724_02203808.jpg
手塩にかけて育てた割には途中で飽きちゃってゴメン


一応法律で禁じられていることもあり、少々後ろめたい気持ちがあった為最後はお花が咲くまで待てずにちょん切って干してしまったのですが

乾いた所でオリーブ油に漬け込んでいました。

しょせん葉っぱ、吸っても大して美味しくないので石鹸にしてみることにしました。

f0157724_02200797.jpg
700gのオイルに対してこのくらいの量をインフューズ

f0157724_02131716.jpg
広げるとお馴染みの可愛い形がでてきます


f0157724_02202556.jpg
あんまり緑色は出ませんでした


一瞬ホットプロセスで作ろうかと思ったのですが、葉っぱのTHC含有量はかなり低いと思われます

無駄に石鹸の質を落とすのも嫌なのでいつものコールドプロセスで作ることにしました

という訳で当初の「シャワールームの湯気で素敵にトリップ」作戦はあえなくお蔵入りとなり


f0157724_02201987.jpg
それにしてもなんか冴えない色


こうなったらせめて石鹸としての質の向上を、とばかりにペパーミントとティーツリーの精油を大盤振る舞いして香り付けをしていたら、それを上回る焦げた匂いが・・・

はっ

としてオーブンを見ると、設定温度を下げるの忘れたまま焼成してしまったパンが!!


f0157724_02212401.jpg
真っ黒こげ


バカンスから帰ってきて以来、既に3、4回ほど立て続けにケーキを焦がしてしまったのですが

そろそろ生活リズムも戻ってきたと思っていた所でまたやってしまいました。

嘆いても仕方がないので型入れです。

f0157724_02203051.jpg
ゆるトレースでやったら、運ぶ途中に型から流れ出て大焦り


とまぁ、夏明けのリハビリ記事でした。

石鹸の出来栄えは、二ヶ月後に♫









[PR]
by outlawroma | 2016-09-18 02:48 | せっけん作り | Comments(0)