不思議なこと

今夜はヴェロニカという歌手の女の子が夕食に来ました。

そこで車の話になり、本当は運転ができるのにもう5年もそれを拒み続けている彼女をからかった所から、そもそもの原因に話題が移りました。

彼女は5年前、大変な事故にあったのです。

歌手である彼女と当時のプロデューサーをしていた男性、仮にCさんとしましょう。

Cさんはzzもよく知っている人なのですが、大雨の降る中Cさんの運転で高速を飛ばしていた真夜中のことです。

激しい雨のせいでほとんど前も見えない位の状態で追い越し車線を走っていた彼らの前に、物凄く遅いスピードで走っている車が突然現れたのだそうです。

Cさんの車がその車にぶつかり数回空中を回転して止まった時、奇跡的にほぼ無傷で意識もはっきりしていたヴェロニカが見たものは

血まみれになり頭が割れて一部が外へ飛び出したCさんの姿。

そらトラウマになりますよね。

彼女曰く「あたし、車がぶつかって着地するまでの一部始終を車の中じゃなくて、外から見てたの」

ショック状態だったんだよと嗜める周りに、

「あたしだってそんなの信じる方じゃないけど、はっきり覚えてるんだからそうなんだって」

と、言い張るヴェロニカ。

お医者さんにも話したらしいのですが、私たちの脳の働きについてはまだ分からない部分が多くて、だからあなたが自分を外から見たという現象は、有りえないとは言えないです。。と言われたそうです。

恐らく似た様な事を似た用なシチュエーションで体験して語った患者さんが、過去に複数いるのでしょう。

そして、事故が起こったのがフィレンツェだったので、ローマに住む家族の代わりにCさんの身元確認をする事になったヴェロニカ。

病院で座っていたらいきなり見ず知らずのおっさんが真っ直ぐ歩いてきて、彼女の名前を呼んだのだそうです。

「あんた誰?」なんで私の名前知ってるわけ?

とうろたえる彼女にその人は、「君の胸にガラスの破片が刺さっている」

と一言。

彼女はその日赤いTシャツを着ており、襟開きはかなり小さかったので外から分かるはずもなく、それどころか本人すら気づいていなかったので

「何を言ってるの?」と思ったらしいのですが、シャツをめくるとそこには大きなガラスの破片が刺さっていたそうです。

ガラスを抜いて振り返るとそのおっさんは居なくなっていて、二度とその姿を見る事はなかったそうです。

随分とおかしな夜だったと言う彼女ですが、脳みそ出ちゃったCさんに至ってはもっとすごいです。

当時zzも事故の事を聞いてCさんの容態を心配したものですが、彼はその後意識が戻りませんでした。

周囲の人間が「恐らく彼は一生植物人間のままかもしれない」と思い始めた2ヶ月後、Cさんは目を覚まし、その1ヶ月後には普通の生活に戻っていました。

そのあと何度も彼とは会ったのですが、最後に彼と会ったのは家での夕食でした。

彼は自分の経歴について話してくれたのですが、もともと建築を学校で教えていた彼は、ある時雑誌を作る仕事に鞍替えして、その後音楽のプロデューサーになろうと決めたんだそうです。

全く前後の繋がりが見えない経歴ですが、彼が作っていた雑誌はzzが唯一名前を聞いたことのあるティーンエイジャー向けの雑誌で、プロデューサーとしても、とある世界的に名の知れた歌手が彼のことを理由なく支えて、助けてくれているのを知っていたので

「このおっさん、悪魔と取引したんじゃ・・・」

と、つい縁起でもないことを考えて怖くなってしまいました。

何故そんなことを考えたかというと、その話をしている間じゅうzzの後ろにあった大きな観葉植物の葉っぱが、右に左にワサワサ ワサワサ と揺れ続けていたのです。

窓もドアも開いていないのに、です。

思わず風のせいじゃないかと確認してしまうくらい激しくワサワサ葉っぱが動いていたのに、zz以外の人は誰も気に留めていませんでした。

とりとめのない記事になってしまいましたが、不思議なことってあるものですよね。

Cさんとは出来たらもう会わなくてもいいかな?と思っています。












[PR]
by outlawroma | 2018-04-10 06:17 | 生活 | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31