お金で買えないもの

f0157724_21385448.jpg
エビは赤エビよりマッツァンコッレの方が好き☆



久しぶりにあるクライアント宅で夕食を作ってきました。

彼女はとある政治家さんの奥様なのですが、ふと思い立って彼女のプロフィールを調べてみました。

どうやら彼女は弁護士さんのようです。

子供が4人もいるお宅です、どうりでいつ電話をしてもすごく忙しそうな訳です。

一緒にお手伝いをしてくれた友人が「金持ちの子供って不幸だよね」と呟いたのを聞いて、確かに殆どの時間を家政婦さんと過ごす小さな子供達は、寂しい思いをすることが多いのかもしれないと思いました。

でも、政治家の奥さんは「一日中子供の面倒を見ている専業主婦」では務まらないのも事実。

現にzzが作った夕食の席もテーブルを二つに分け、それぞれを旦那様と奥様の二人で受け持っていました。

そのテーブルに座るのはレストランなどで表立って同席していることを知られたく無い、政治家や枢機卿の皆さんなのです。

彼ら全てに目を配り、気を利かせ、会話を弾ませてまとめて、全員がパブリックリレーションを円滑に行えるように誘導しなくてはいけない訳ですから、自分も第一線で旦那と引けを取ら無いキャリアを持ち、時事に精通している必要があるのです。

子供が大きくなるまでの間、自身のキャリアを引き換えにして子供との時間を持てる人や、上手に両立させることが出来る人は幸いです。


話は変わって今朝、zzの彼がポツリと

「マルサーラの音楽学校、覚えてる?あの校長の奥さん、今出稼ぎ状態らしいよ」

可哀想に・・・と言いました。

ここ数年zzたちが夏にシチリアのマルサーラへ通っていた理由の一つがこの、音楽学校。

いわゆるタレント養成学校的なものなのですが、そこの校長先生とかのCさんがタッグを組んでコンテストやらオーディションやらを行っていて、そこにzzの彼も審査員としてよく招かれていました。

途中で意見に食い違いが出始め、Cさんと校長の中は決裂したのですが・・・

二年前のことです。

Cさんが払うべきお金を校長に払っていないと言うことで、話し合いとなりました。

Cさんの泊まるアパートに来た校長先生、話し合いが言い合いになり、両者激高したところでなんと心臓発作を起こしたのです。

そしてその場で亡くなってしまいました。

こういうこともzzがCさんを誰かさんと取引したんじゃ・・・と思ってしまう理由の一つなのですが(金返せって二人きりで喧嘩の最中に、相手の心臓止まって死んじゃうって・・ねえ、普通じゃないよね?)

とにかく後には妻とまだ10代半ばの娘が取り残されました。

借金のカタに家まで奪われ、文字通り一文無しで突然放り出された母娘

今お母さんはようやく先生の職を得て、娘が住む街とは遠く離れた、知ってる人など誰もいない所へ出稼ぎすることになってしまったというのです。

50代半ばで長いブランクがある訳ですから、仕事が見つかったのはラッキーな方。

いざという時にキャリアがあるのと無いのとでは、本当に違ってくるんだろうなと思います。

周りを見ても「働いてもベビーシッターに払うお金で、給料が飛んで行ってしまう」という人が殆どな中、だったらその分自分で子供の面倒を見て、親としてかけがえの無い時間を過ごした方が子供のためだ、と言う意見もよく耳にするのですが

実際離婚したり大黒柱がいなくなったりしたら、精神的にも金銭的にも後者の負担の方が大きいでしょう。

私には子供や養う家族がいないので、自分とスモーキーが生きていけるくらいの収入を得る技術と要領があればいい。と思って生きてきましたが、家族がいる女性がしなくてはいけない選択はとても難しいと思います。

着々と築き上げなくてはならないキャリアと、10数年間のかけがえの無い子供との時間。

どちらもお金では買えません。

いやいや、現代のお母さんて本当に凄いですね。

子供ができたからといって同じ選択を迫られることが殆ど無い男性には、zz同様想像もつか無いことなのでしょうが。








[PR]
by outlawroma | 2018-04-15 22:29 | 生活 | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31