親知らずとジェラート

なんだかんだあって、先ほど親知らずを抜いてきました。


イタリアに来てから数年おきになんだかんだあったので、これが最後の親知らず。

毎回親知らずは抜くのが大変だから何のかんのと言われるのですが、過去三回においては

ペンチで挟んで、左右にギュ、ギュ、すぽん と言う感じであっけなく抜けたので毎回拍子抜けだったのですが

今回はなんかえらい大掛かりでした。

途中で二回ほど麻酔を足さなければいけないほど痛いし、ペンチで挟んで揺さぶった次は金属の棒をトンカチで打ち込まれるわ

やっと抜けたら骨をなんかでやすってるし、怖いし。

しかも、麻酔でまともにイタリア語が発音できない状態なのに、すでに痛い。

麻酔切れてないのに痛いって、なにそれ。

確かにこれが普通の親知らずの抜歯なら、確かに大変だわ。

麻酔で頭がボケボケな状態の私にお医者さんがお昼ご飯の心配をしてくれました。

寝てる状態で施術してるから分かりにくいけど、抜歯は大量のアドレナリンを消耗するのだそうです。

だから終わったら、すぐに何かを食べるのがとても大事なのだそう。

「温かいものは48時間食べちゃダメよ。冷たいものかぬるいもの、そうねジェラートを食べるといいわ

帰るときも「ジェラート食べるのよ」と、念を押され

家に帰ったらフランカさんに「歯を抜いたのなら、お昼はジェラートでも食べれば?

と言われる始末。

そういえば抜歯の後は他の歯医者さんでも言われたような気がします。

日本でも歯を抜いた後はアイスクリームを勧められるんでしょうかね?

そんなわけで、今日のお昼ご飯はジェラートをいただきました。



[PR]
by outlawroma | 2018-07-12 01:32 | 生活 | Comments(0)

楽しければ、それでよし。


by outlawroma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31